京都市北区|医師の男(69)の名前や顔|勤務先の病院はどこ?男子大学生をひき逃げした勤務医


4日午前8時半ごろ、左京区東大路通今出川下ルで、

男子大学生(18)の自転車と衝突し、転倒させて右手に軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑いで69歳の医師が逮捕されました。

医師でありながら、事故を起こし救助を怠り逃走とは信じられない行動です。

逮捕された69歳の医師の男について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

京都府警川端署は19日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、京都市北区、医師の男(69)を逮捕した。

 

 逮捕容疑は4日午前8時半ごろ、左京区東大路通今出川下ルで乗用車を運転中に同区の男子大学生(18)の自転車と衝突し、転倒させて右手に軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑い。

 川端署によると、男は勤務医で出勤途中だった。後方を走っていた車のドライブレコーダーに事故時の様子が映っており、車のナンバーなどから男を特定したという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、京都市北区、医師の男(69)です。

男は4日午前8時半ごろ、左京区東大路通今出川下ルで、乗用車を運転。

左京区の男子大学生(18)の自転車と衝突し転倒させて右手に軽傷を負わせました。

しかし男はそのまま逃走。

後方を走っていた車のドライブレコーダーに事故時の様子が映っており、

車のナンバーなどから男が特定されました。

 

医師として、ケガをした人を放って逃げるとはひどすぎますね。

男子大学生が軽傷でなによりでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 医師の男(69)の名前や顔

 

 

ひき逃げの疑いで逮捕された69歳の医師の男について調べてみました。

しかし現時点で、どのメディアも名前や顔は報じていません。

男のプロフィールはこちらです。

 

年齢:69歳

住所:京都市北区

職業:勤務医

 

今後、新たな情報が入りましたら、更新いたしますのでお待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 勤務先の病院はどこ?

 

事故を起こした時、男は出勤途中でした。

そして勤務医だったことが判明しています。

どこの病院なのか調べてみました。

事故が起きたのは

左京区東大路通今出川下

です。

 

 

 

 

 

詳しい事故現場は特定されていませんが、住所ではこのあたりのようです

 

左京区東大路通今出川下周辺の病院はこちら。

 

かなりたくさんの病院やクリニックがありますね。

容疑者は車で通勤していたということですから、別の地域の病院に勤務している可能性もあります。

 

引き続き勤務先について調べていきますので、もうしばらくおまちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


 世間の声

昨今の防犯カメラ映像は漆黒の闇、街灯1つしかない所くらいでもよく映る。道路に設置のカメラと、コンビニ、GSに設置されているカメラ映像を捜査機関が解析、リレー形式で繋いで犯行車両を特定していく。轢き逃げの検挙率は93%。

 

 

医師は、逆に助けないと…
気が動転したんやろうけど…
逃げたらアカン!!

 

 

車の免許は取られても、医師の免許は取られないからねぇ…

 

 

救護義務違反をするやつに医者の資格はない

 

 

名前出ないの?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)