京都府立医科大付属病院の40代男性医師の名前や顔!手術に盗撮!余罪がヤバイ!


手術中に女性患者の体をスマートフォンで盗撮したとして、京都府立医科大付属病院に勤務する40代の男性医師が逮捕されました。

男性医師の名前や顔について調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

手術中に女性患者の体をスマートフォンで盗撮したとして、京都府警下京署は28日、京都府迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで、京都府立医科大付属病院(京都市上京区)に勤務する40代の男性医師を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 同署は、医師が手術中に盗撮行為を繰り返していた可能性もあるとみて捜査する。

 捜査関係者によると、医師は昨年11月ごろ、府立医大病院の手術室で、20代女性患者の体を自身のスマホで盗撮した疑いが持たれている。

 捜査関係者の説明では、女性患者は麻酔の影響で意識がない状態だったとみられる。医師は手術室にスマホを持ち込み、他の医療スタッフに隠れて盗撮行為をしていたという。

 下京署は昨年12月、下京区の駅周辺で女性のスカート内にスマホを差し出した疑いがあるとして、医師の自宅を府迷惑行為防止条例違反容疑で家宅捜索した。その際に手術中に撮影されたとみられる女性の画像が見つかり、裏付け捜査を進めていたという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

手術中に女性患者の体をスマートフォンで盗撮したとして、京都府立医科大付属病院に勤務する40代の男性医師が逮捕されました。

男性医師は昨年11月ごろ、病院の手術室で、20代女性患者の体を自身のスマホで盗撮した疑いが持たれています。

女性患者は麻酔の影響で意識がない状態だったそうです。

医師は手術室にスマホを持ち込み、他の医療スタッフに隠れて盗撮行為をしていました。

これはかなり悪質な行為ですね。

さらに、この男性医師は昨年12月、下京区の駅周辺で女性のスカート内にスマホを差し出した疑いがもたれており、医師の自宅を府迷惑行為防止条例違反容疑で家宅捜索していました。

その際に手術中に撮影されたとみられる女性の画像が見つかり、裏付け捜査を進めていたということです。

 

盗撮の常習犯のようですね。

手術中だけでなく、日頃から盗撮行為を繰り返していたのではないでしょうか。

バレなければ続けていたと思うと、ゾッとします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 男性医師の名前や顔

 

名前:不明

年齢:40代

住所:不明

職業:医師

 

逮捕された男性医師の名前や顔は報道されていませんでした。

麻酔を伴う手術ということですから、外科の医師の可能性も考えられますね。

 

今後、報道されましたらこちらにも掲載致しますのでお待ちください。

 

 

【追記】

逮捕された医師の名前が報道されました。

新井啓仁容疑者です。

新井容疑者に関する記事はこちらでまとめています。

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 勤務先は京都府立医科大付属病院

京都府京都市上京区梶井町465

 

 

 

 

京都府立医科大付属病院の病床数は1065床とかなり大きな病院ですね。

たくさんの患者さんや、一緒に働く医師やスタッフの信頼を裏切る行為となりました。

しっかり反省して欲しいものです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

これは医師免許取り消さないと、次の職場になる病院でも同じことをするだろうね。

 

 

こんな医者や技師いっぱいいる。何回も嫌な目にあいました。今までは泣き寝入りしていたけどこれからは声をあげていこうと思う。

 

 

とりあえず病院はクビだろうけど医師免許剥奪もして頂かないと。それぐらい悪質。

 

 

手術室にスマホ持ち込み禁止じゃないんかい?府立医大は?

 

 

これは冤罪ではなさそうですね。
性癖は治らないので処分に困ります。

 

 

自業自得ですが、一生を棒に振ることになりましたね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)