いしだ壱成元嫁(妻) 飯村貴子と離婚!現在はハゲていた!若い頃とのイケメン画像比較で老い比較!結婚,離婚歴!


いしだ壱成さんが3度目の離婚をしたことが、報道されました。

離婚や結婚を繰り返し、父親よりもお離婚回数が上回り、話題となっていますね。

またニュースの画像が衝撃を与えているようですので、離婚についてや、現在と昔の画像と比較して、話題となっている、変化についてみていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

いしだ壱成と嫁 飯村貴子と離婚

引用:インスタより

 

 いしだ壱成(47才)が、女優・飯村貴子(23才)と離婚していたことが明らかになった。

【写真51枚】離婚について聞かれ、大粒の涙を浮かべる黒パーカー姿の妻・飯村貴子。他、椅子の上に立ちあがる3才娘と写るいしだ壱成
「離婚届はぼくの誕生日の12月7日に書きました。『これ、取ってきたから書いて』と妻に言われて。奥の部屋で子供が遊んでいる間にサッと書いちゃおう、みたいな感じでした。提出は妻が翌日に。これでぼくは3度目の離婚です」

 壱成は、そうため息まじりに離婚を明かした。2003年に最初の結婚をし、1児をもうけたが2006年に離婚。2014年に再婚するも2017年に離婚。そして2018年に“おめでた再々婚”した相手が、当時19才で24才年下の飯村貴子だった。生まれた娘は現在3才になる。

 今回、壱成は“元妻”同席のもと、取材に応じた。1990年代には数々の人気ドラマに出演していた壱成だが、さまざまなトラブルが続き、仕事は激減。2011年に東京を離れて石川県に移住し、現在は妻子と築30年の一戸建てで幸せな生活を送っていた、はずだった。

「離婚理由は経済的なものです。食費も足りず、ずっとつらい状態にさせてしまっていた。実は結婚して1年も経たない頃に『この先もこのまま、生活がまともにならなかったら別れるからね』と言われたことがあったんです。でも、移住してから落ち着いていたうつ病が再発してしまい、定職に就こうとハローワークにも通いましたが、採用してもらえませんでした。

 不安定な仕事ではありますが、パワーストーンの販売やインターネットのライブ配信で収入を得ていた時期もあったのですが……。

 改めて定職を見つけようと思い、この秋口には工場のライン作業や介護士、車の内装クリーニングとか、全部で20社ほど受けましたが、ぼくの“悪評”をメディアで知っていたのか、全部面接でダメ。

 生活のために軽自動車を手放し、母や父にお金の無心をし、友達に借金もしました。ぼくなりにもがき続けた一方で、そこまでしないと生きていけない自分に、『死んでしまえ』と思ったことも。妻と娘と幸せになりたかったけど、実際は貧困でつらい生活から抜け出せなかったんです」(壱成。以下同)

 壱成の収入だけでは生活がままならず、飯村は育児の傍ら飲食店やスーパーなどでアルバイトをして家計を助けた。食費を切り詰め、爪に火をともすような暮らしを続けてきたが、明るい未来は見えなかった。

 離婚の際の取り決めは、慰謝料はなし、月4万円の養育費、娘との面会は月2回。現在は同居中だが、クリスマス頃には家を引き払う。再び人生の岐路に立たされた壱成は、父・石田純一(67才)に連絡を入れた。

「純一さんには、離婚届を書いた日に電話で伝えました。『あぁ……』っていう、反応はため息のような、声にならない声のような。まあ、いまは本人も大変そうだから(苦笑)。また別の電話で(東尾)理子ちゃんにも伝えました。『はいはい、わかりました、OK~』みたいな感じで。

 純一さんとは2才までしか暮らしていないので、記憶はないですが、やはり親子ですよね。スピリチュアリストの江原啓之さん(56才)には、世間を騒がせてきた家族だから“業”があると言われたけど、納得してしまうくらい、ぼくと父は何か欠落している。やっぱり“同じ生き物”な気がします。ダメなところが似ている。

 自分が結婚したときは、絶対に離婚しないと思っていました。子供にとって両親がいるという形にとらわれていたところがすごくあって。でも結局、自分が追い求めていたものは、自分が子供の頃に得られなかったもので、単なるエゴだったのかもしれない。3度目の離婚で、2度離婚した純一さんを超えてしまったことは、恥ずかしいです……まあ、向こうも3回目になりそうだという話を聞いていますけど(苦笑)」
だが、離婚が飯村と壱成の経済状況を回復させるわけではない。少なくとも壱成は養育費を稼がなければならない。頼れる先は石田家になるのだろうか。

「年末年始は、向こう(石田家)でお世話になろうかと思っています。年末には来いと言ってくれていますし。今後はアルバイトでも何でもして養育費を稼がないと。まずは栃木の知人のもとに身を寄せるつもりです。

 落ち着いたら東京に戻ろうと思っています。運がよければ芸能界に戻れるかもしれないですが……こちらで孤軍奮闘しているよりは、東京の方がお金は稼げるかな」

 石田ファミリーにとって2021年は、節目の年と言えるのかもしれない。

※女性セブン2022年1月6・13日号

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

いしだ壱成さんが3回目の離婚をしたことが、NEWSポストセブンにて報じられましたね。

 

父親同様、結婚、離婚と何かとお騒がせな親子ですが、父親を上回ってしまいましたね。

 

そして、同時に、いしださんの、現在の画像が波紋を呼んでいるのです。

 

禿げた、、、老いたな、、、そんな声が多数。

 

 

確かにいしださんは、若き頃、『フェミ男』と呼ばれ、社会現象を起こした人物です。

それだけに、衝撃的だったということですね。

 

では、今までの、妻、元嫁について馴れ初めや離婚中も合わせまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 


いしだ壱成の元嫁(妻)・三宅えみ

 

いしだ壱成さんの初めての結婚相手は元タレントの三宅恵美さんです。

三宅さんとは、2003年12月に結婚されました。

この時、三宅恵美さんは既に妊娠していて、二人の間に長男が誕生。

ですが、2006年1月に離婚し、長男は三宅恵美さんが引き取っています。

離婚理由は、どうやら、いしだ壱成さんのモラハラだと報じられています。

 

また次のような、7つのルーティンがあったとか、、、

 

・ 朝コップ1杯の水を用意する

・そのあと、コップ1杯の白湯を用意する

・ 朝のシャワー中は、バスタオルと洋服を用意する

・朝ごはんでサラダを食べるので、7種類のドレッシングを用意する

・帰宅時、45℃のお風呂を準備する

・帰宅したら、脱ぎ散らかした洋服を洗濯機に、カバンは部屋にしまう

・カバンから領収書を取り出し、精算する

 

 

こんなルーティンについて、

「やってもらうのが快感でした」と話す石田さん。

 

まめな奥さんでも、嫌気がさしそうですね、、、

 

ちなみに、三宅恵美さんは俳優の谷原章介さんと2007年に結婚を発表しました。

この報告の時点で妊娠していたことから、できちゃった婚だったようですが、今が幸せということで、何よりですよね。

 

 

スポンサーリンク

 


いしだ壱成と結婚破談・川合千春

 

 

2007年には女優の川合千春さんと結婚間近と言われていました。

2人は、2007年春ごろ、映画の共演をきっかけにつきあい始め、数か月後には同棲していたそうです。

交際は順調でしたが、、まもなく川合さんが『子宮頸ガン』であることが判明しました。

いしださんは、川合さんの病気と向き合い、手助けしようとしたようですが、、、

川合さんが「自分で処理しようとするタイプ」だったため、そんな無力感にさいなまれたといいます。

川合千春さんが闘病中で相手をしてもらえなかった事もあり、別れ話が持ち上がったそうですね。

その時に幼馴染の女性と連絡を取るようになり、二股交際が発覚し破局してしまいました。

 

このトラブル後、川合千春さんは事務所を退所していますね。

実際には不明ですが、病気に二股、、、もう芸能界にいること、そんな生活に嫌気がさしてしまったのかもしれないとも言われていますね。

 

 

スポンサーリンク

 


いしだ壱成の元嫁(妻)・ちえ

 

 

いしだ壱成の2度目の結婚相手は、一般女性のちえさんという方です。

交際期間4年弱・東京での同棲生活を経て結婚したようですね。

2010年いしださんが青森に仕事で行った時に、東北地方出身のちえさんと知り合ったようです。

ちえさんは、親しいDJ友達のクラブハウスの元従業員だったようです。

 

同居してからは、私生活だけでなく仕事の面のサポートもしていたそう。

 

そして、再婚してからは、東日本大震災をきっかけに2011年冬ごろから石川県白山市に移住。

しかし、2017年離婚に至ります。

離婚理由がまたもや、いしだ壱成さんのモラハラも問題とされています。

子供はいなかったことが唯一の救いですね。

 

ルールを破ると、
「ふざけんなあオラァ!」といしだ壱成さん激怒したとか…。

完全に、モラハラ夫、、、

これは嫌ですね。。

 

スポンサーリンク

 

いしだ壱成元嫁(妻)・飯村貴子

 

いしだ壱成さんの、3度目の結婚相手は、今回の報道にもなった相手、女優の飯村貴子さんです。

 

2017年舞台作品「午前5時47分の時計台」で出会った2人。

離婚成立後から交際を始めました。

その後、妊娠をきっかけに2018年4月9日に入籍し、5ヶ月後の、9月には第1子女児が誕生。

 

元嫁の飯村貴子さんは6歳から芸能活動を始めていたようで、活動はテレビCMやら広告関係、モデルなど広い分野で大活躍していたようですね。

2人は、再々婚後、石川県に自宅を借りて暮らしていました。

YouTubeなど活動の幅を広げていたようです。

しかし、今回離婚至りました。

 

離婚の理由は、経済的なものということですね。

 

食費も足りず、ずっとつらい状態にさせてしまっていたと報じられていました。

離婚宣言されていた、いしださんでしたが、
移住後、落ち着いていたうつ病が再発

 

定職に就こうとハローワークにも通いましたが、採用してもらえなかったそうですね。

しかし、離婚後も、お子さんの療育費は稼がないといけませんから、どうにかして、稼がないといけませんよね。

 

では、現在に画像と昔の画像とみて、話題となっている、

激変について比較していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

現在と若い頃のイケメ画像比較!

 

 

1992年の俳優デビュー当時

『悲しいほどお天気に』の時のいしだ壱成さん。

 

『フェミ男』と呼ばれ、武田真治さんと共に注目を浴び、若者からの支持に、社会的現象ともなりましたね。

 

1993年

「ひとつ屋根の下」に出演していた頃のいしだ壱成さん

 

素行不良が目立ちましたが、賢明な役柄が俳優として、世間の注目を集めました。

 

2005年

映画『奇妙なサーカス』のいしだ壱成さん

 

そして、、、

現禿げてきたと言われているいしださんです。

某番組でも、このようにされけだしていましたね、、

 

そして現在のいしださんがこちら、

 

 

モト冬樹さんにどことなく、似ているように感じてしまうのは、筆者だけでしょうか、、、、

現役時代を知っているファンなどは、確かに、老いを感じざるえませんね、、、、

 

鬱や離婚と、何かと悩みが多い、いしださん、、

 

どうしても、私生活があらわになってしまったとでもいうのでしょうかね。

しかし、元は、演技も認められたはいゆうさんです。

 

どうか、今後、芸能界でのご活躍を祈っています、、

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

いくらなんでもまた離婚は早すぎると思いますが。あれほどラブラブたったのに・・・あなたの生い立ちには同情すべき部分は確かにあるし、何か欠落した父親の影響も確かにあるでしょう。でもそれを言い訳にして同じようなことを親子で繰り返すのは感心できない。そんな父親を乗り越え自分が立派な父親になってこそ見返せる

 

自分の才能を自分自身が大切にしなかったことが運の尽き。

売れっ子俳優といつ誰しもが経験できないこと、才能をもっともっと大切にすれば良かったのに。

今頃、大河ドラマだって視野に入った俳優になっていただろうに。

 

 

奥さんの収入面・生活費を考えての結論なら当然の結果だと思います。母子家庭なら国から子育ての為の支援給付などもありますから、夫婦関係を維持したまま貧困な状態を続ける必要がないと思います。配信だのパワーストーンなど言っていますが、はっきり言ってしまえば元芸能人の肩書きだけで要は無職。鬱病なんて情報もあったけど無職の旦那さんを抱えながら生活を切り盛りするのは奥様も大変な苦労だったはず。これはお子さんの為にも良い結論だったのではないでしょう

 

 

確かに無責任なところはあるが、父親に責任転嫁するのは違和感がある。奥さんと子供が気の毒すぎると思う。もう独立した大人なのだから親のせいだけにするのは無理があると思う。しかも最後は父親頼みとはあきれる思いです。責任が持てないのなら結婚はやめるべきだと思う。

 

 

彼の演技は昔から見ていますがホントに上手くて引き込まれます。先日も再放送で一つ屋根の下を見ていましたが、江口さんや福山さんよりもっと上手でした。その後道を外してしまったことや病気になったりと大変だったでしょうが、同じ辛い思いをした妹のすみれさんのことをとても思いやり、優しすぎて自分は後回し・・・幼い時に父に甘えることもできなかったのは純一さんにも責任ありますよね。私は俳優を続けて欲しいし見たいと思います。真面目に、文句を言わず頑張ってほしいと思って応援しています。

 

 

年末にはこいと言ってくれてる
ってやっぱり家族だよね。今までそりゃあ色々あっただろうけどなんだかんだで今
語り合える存在はお父さんじゃないのかなぁと思う。石田純一さんも自分も大変だろうけど今は壱成さんを支えてあげてほしいと思う

 

俳優として本当に素晴らしい才能があるのでもったいないです。
使ってくれる所ないのかな。
全盛期に演技で感動した世代なのでどうにか復帰して欲しいと思う。
見た目がかっこよかっただけじゃなくて演技力で勝負してた。

 

 

 

壱成さんの全盛期を知っている人は、あの頃の他にはない彼だけができる演技が好きだった人が多いんじゃないかな。彼に心打たれたというか。人間の弱さや危うさとか熱さや真っ直ぐさが体から溢れ出るような表現が上手かった。
だからこそ今の姿は残念だし応援もしてる。できればバラエティは控えて俳優で復活してほしい。

 

 

この人はちょい役からでも俳優を頑張って欲しい。
ひとつ屋根の下、未成年、聖者の行進、リップスティック
野島伸司作新で輝いてた。
演技力と存在感のある良い役者だったと思う。 あのまま行けば、主役は無理でも名脇役として今でも芸能界で活躍していたと思う。
なぜ薬物なんかに手を出してしまったのか。勿体ない

 

 

 

鬱病も自律神経失調症を患ってた事があります。不眠症もありました。
あまり知られてない方もいると思いますけど 副腎疲労や低血糖が隠れていると思います。生活環境や栄養状態は本当変えるべきです。
私はもっと早く知っていれば良かったです。ゆっくり休んでても治る傾向に向かわなかったからです。ストレスがなくなっても症状は酷いものでした。
ダラダラ寝る寸前までスマホとかパソコンはしないようにしたりしました。
運動も筋トレもそれなりにしてます。
大丈夫になるまで1年半かかりました。
少しでも鬱病の方が楽になってくれたらなと思ってます。
鬱病とか自律神経とか治るんだって実感したら 身体も心も楽です。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)