石上浩志の顔,facebook!女性アスリートの盗撮動画販売!悪質さから初の立件に!


女性アスリートを盗撮した動画を販売し利益を得ていたとして、名誉毀損の疑いで石上浩志容疑者が逮捕されました

この件に関しては初の立件とのことです。

そんな石上容疑者の顔やSNSをリサーチしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

元女子バレーボール選手の盗撮動画をアダルト動画サイトで販売して名誉を傷つけたとして、千葉県警は21日、同県市川市福栄2丁目、会社員石上浩志容疑者(57)を名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。県警によると、女性アスリートの盗撮動画をめぐって、名誉毀損容疑で立件したのは全国初としている。

 サイバー犯罪対策課によると、石上容疑者は2018年11月20日、赤外線カメラで盗撮したとみられる、20代の元女子バレーボール選手の顔のほか、服が透けて下着の見える約8分間の動画を、アダルト動画販売サイトで1200円で販売。今年3月10日まで不特定多数が閲覧出来る状態にして、女性選手の名誉を毀損した疑いがある。動画は、試合前の準備運動と試合中の動画をつなぎ合わせていた。捜査員のサイバーパトロールで動画を把握したという。

 石上容疑者は同じサイトを使って、バレーボールなどの競技の女性アスリートの盗撮動画を約30本販売していたという。県警は、石上容疑者が15年以降、このサイト以外も合わせ計約600万円の収入を得ていたとみて調べる。

 県警では「同種事案の摘発により、アスリートが一人ひとり安心して競技出来るように警鐘を鳴らす意義がある」としている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

この件に関しては長い間問題になっていましたからね。

 

万全の体勢で臨みたいアスリートの軽装を悪用して盗撮し、ネットにアップロードする事件が非常に問題になっており、議論にもなっていました。

 

今回は見せしめのような形で石上容疑者が逮捕されたのかもしれません。

 

運が悪かったにしろ、盗撮してその映像を販売するのは、法律ギリギリのことをしていますし、人間のモラル的な問題もあるので、言い訳はできないですね。

 

この初の立件を機に、盗撮が減り、この問題が解決する方向に向かうと良いですね。

 

逮捕された石上容疑者はしっかりと反省して欲しいですね。

 

 

スポンサーリンク

 


 石上容疑者のプロフィール

引用:Yahoo ニュース

 

名前:石上浩志

 

年齢:57歳

 

職業:会社員

 

住所:千葉県市川市福栄2丁目

 

逮捕容疑:名誉毀損

 

 

初の立件ということで本人も逮捕されると思っていなかったかもしれませんが、600万円ほどの収入を不当に得ていたということも考えると、妥当な気がしますね。

 

いつかは誰かが逮捕されるのですし、警察の方もサイバー関連の犯罪に重点を置き始めているので、今後も何件か逮捕者がでるかもしれませんね。

 

うまく盗撮の抑止力になると良いですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


 長年問題になっていたことに終止符か!?


女性アスリートの性的画像問題は20年以上前から続き、近年は中高生にも拡大する中、2020年8月に陸上の女子トップ選手が卑わいな画像をみだらな文章とともに拡散されたとして日本陸連のアスリート委員会に相談して問題が表面化。3カ月後の11月に日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ協会などスポーツ7団体が「アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為」として被害撲滅に取り組む共同声明を発表した。

この流れが東京五輪も波及した形だ。アーティスティックスイミングの五輪銅メダリストで、大会組織委の「ジェンダー平等推進チーム」をまとめる小谷実可子スポーツディレクターは「私も選手時代はハラスメントに不安を持って競技していたこともあった。(禁止行為に)明記されたことは非常に大きな一歩」と強調した。

出典:SPAIA

このように日本の核スポーツ団体や協会、JOCなどがこの問題に介入し、盗撮を撲滅しようという動きが長い間起きていた。

 

ただ、その効果にも限界があり、女性アスリートが盗撮され、デジタルタトゥーとして、ネット上に残り続けることは精神的に辛いという人も多くいた。

 

オリンピックの出場経験のある人が被害を訴えたり、撲滅運動に参加するなど、盗撮をなくしていこうという機運が高まってきた中でのこの一件。

 

オリンピック前ということもあるのかもしれない。

 

この件で一歩全身して、盗撮撲滅を目指して頑張っていただきたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

>石上容疑者は6年前から女性アスリートを盗撮した動画などを販売し、およそ600万円の利益を得ていたとみられています。

結局、売れなければ儲からないわけで、買う人がいるからこの犯罪は成立するんですよね。ネットを規制しろとか片っ端から買う奴も摘発しろ、では解決できないと思います。
興行側もガードを高くして選手を守ることが必要ですし(陸上のウェアーとか素人が見てもかなり問題あると思うし)、なにより子供のうちからヘンな外国かぶれの性教育ではなく、人間として何をやってはいけないのかをキチンと教えるべきなのではないかなぁ。

 

新江ノ島水族館に行ったとき、ドルフェリアの方たちをバズーカのような望遠レンズで撮られてる男性が隣にいたが、撮り方だったり、ショーを見てる我々を無視してグイグイ撮っていてすごく気分が悪くなった。
どんな人がどういう目的で撮る線引って難しいと思いますが、法律問題として扱えないのなら、施設や会場側も対策をするしかないのかなぁ。。

 

このケースで女性選手の露出がどうだとか言う人もいるかもしれないけど選手は空気抵抗などを考えて作られたユニフォームであって一部の身勝手な変態の為に迫害を受けるのは許しがたいと思う。
男性目線でどうのこうの言っても性的目線でしか言っている様にしか取れません。
選手側は全く問題ありません。
悪いのは変態カメラ男です。

 

さすがに
気持ち悪いわ
57才
お子さんは
居ないのかなぁ?

そろそろ孫が
居そうな
600万‥

こんな親&祖父
恥ずかし過ぎて‥

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)