石原美帆の顔,Facebook特定!生後直後の赤子を窓から捨て放置!育児不安が原因か?


驚愕の事件が発生しました。

22歳の母親でもある石原美帆容疑者(22)が生後間もない赤ちゃんを自身の自宅窓から

投げ捨て2時間にわたり放置していたとの事です。

事件の詳細を調べてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

事件の概要

 

 

22歳の母親が、出産直後の赤ちゃんを自宅の窓から投げ捨てるなどしたとして、千葉県警に逮捕された。 千葉・船橋市に住む石原美帆容疑者(22)は、4月24日の夜、自宅で出産したばかりの赤ちゃんを窓から投げ捨て、およそ2時間にわたり、家の外に放置した疑いで逮捕された。 赤ちゃんは、裸のまま外に放置されていたという。 赤ちゃんは現在病院で治療中。 警察は殺人未遂事件として捜査しており、石原容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/

 

事件は24日の夜に自宅で出産し生後間もない赤ちゃんを窓から投げ捨て

およそ2時間に渡り外に放置していたとして殺人容疑で逮捕されています。

 

 

なぜこのような事態になったのか、病院で出産しなかった理由等も

経済的にシングルマザーの可能性が考えられますね。

 

 

赤ちゃんは誰が保護したのかも疑問視されますが実家で過ごしていたのであれば

家族が赤ちゃんを見に来ていないことに気づき赤ちゃんを発見したのかもしれません。

 

 

どちらにせよ常識から外れた行動をとっている為、精神的に不安定だったのかと思われますが

赤ちゃんは現在、治療中との事で一命を取りとめてよかったと思います。

 

窓から投げ捨てといて殺すつもりはなかったはねぇーだろ!!!
どんな理由かはわからんが、絶対にやっちゃだめだろ!!!
どうか赤ちゃんの命が助かりますように。

 

心から欲しい人の元に生まれたかったね。無条件に愛してくれる母親からの最初の行動が投げ捨てだったなんて悲しい以外ないよ。

 

批判的な声が多数とせられてますが当然です。

窓から投げ捨て「殺す気はなかった」は行動と発言が矛盾していますね。

 

 

産んだのならば責任をもって育てるのが一般常識ですが最近は

虐待のニュースが増えており一般常識に欠けている人が多数見受けられます。

 

 

無責任な大人が増えそのような罪のない子供が虐待を受け非常に悲しい

事件が多いので今一度、虐待等を頭によぎったのであればまずは市の区役所等に

相談し子供が親子が元気に過ごせる環境旁を行ってください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


石原美帆のプロフィール

名前:石原美帆

年齢:22歳

住所:千葉・船橋市

罪名:殺人未遂

 

年齢も若いことから彼氏との間に子が出来、彼氏と別れてシングルマザーとしての

責任で生きていくと決めていたのでしょうか?

 

 

自宅で出産という事もあり病院に行くお金もなかったのかもしれませんが

家族に相談等は出来たと思います。

 

 

自身たちがまいた種をこの様な形で終わらすのは大人としての責任が果たせていません。

実刑を受けたとしても自身の子供と一緒に生活しても虐待等も考えられますね…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


児童虐待の動機とは?

 

 

 

 

 

動機は一体なんなのでしょうか?

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

 

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

 

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

 

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

以下4つであると考えられております。今回は③番目のネグレクトが最もな要因であると考えられます。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といったいくつかの理由があてはままりそうです。

 

 

スポンサーリンク

SNS上の声

 

窓から投げ捨てといて殺すつもりはなかったはねぇーだろ!!!
どんな理由かはわからんが、絶対にやっちゃだめだろ!!!
どうか赤ちゃんの命が助かりますように。

 

心から欲しい人の元に生まれたかったね。無条件に愛してくれる母親からの最初の行動が投げ捨てだったなんて悲しい以外ないよ。

 

身体が柔らかくて命は助かったのかな?心配…。さすがに窓から投げておいて、殺すつもりはなかったはめちゃくちゃ過ぎる。最近こういうの多いね。。当たり前と思うような一般常識が全くない人が存在してる。もう教育どうこうより、きっと肌身離さなかったであろうスマホがあれば何でも分かる事なのに。逃げているだけ。

 

もうこんなニュースは読むのが辛い。
本当に赤ちゃんの命を守ることができる人のところに授けてください。この女性は許せないです。赤ちゃん無事でありますように。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)