【相模原市】石川将誠(まさのぶ)議長の顔画像!経歴や家族構成は?パワハラのLINE内容がヒドイ!

石川まさのぶ 経歴

相模原市議会の石川将誠前議長が、市職員に対しパワハラ行為を繰り返していたようです。

市職員の中には、体調を崩し休職している人もいるそうです。

石川将誠の顔や経歴、家族構成など調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

 ニュース概要

石川将誠

相模原市議会の石川将誠(まさのぶ)前議長(44)=自民党相模原=が市職員に対し、威圧的な言動や暴言を繰り返し行っていたとする調査報告を市がまとめたことが28日、関係者への取材で分かった。職員の中には体調を崩して休職している職員もいる。市議会から調査を要請された市は、石川氏の一部の行為についてパワーハラスメントに該当するとした。

複数の関係者によると、昨年12月上旬に当時議長だった石川氏が、複数の職員に威圧的な言動を行っているとの情報が市議会の各会派に寄せられた。石川氏は同18日に「一身上の都合」を理由に議長の辞職願を提出し、市議会で認められた。  市議会は市に事実関係の調査を要請。市総務局が今年1~2月に、石川氏や市の関係者ら30人以上にヒアリングするなどして調査を行い、2月下旬に議会側に調査結果を報告した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

相模原市議会の石川将誠が、市の職員にたいしパワハラ行為をしていたことが明らかになりました。

石川将誠は「一身上の都合」を理由に辞職願を提出したそうです。

パワハラをしていたのに、一身上の都合で辞職とはちょっと都合が良すぎると思います。

懲戒免職でもいいのでは?

現在、取材にたいして「何も答えられない」と話しているようです。

自分がやってきたことに、しっかり向き合っていただきたいです。

 

スポンサーリンク

 

石川将誠のプロフィール

石川将誠

石川 将誠(いしかわ まさのぶ)

生年月日:1976年9月1日

年齢:44歳(2021年3月時点)

所属政党:自由民主党(現在辞職)

出身地:神奈川県相模原市大野台

座右の銘:人生の最も苦しい・嫌な・辛い・損な場面を真っ先に微笑を以て担当せよ

座右の銘がネットに掲載されていましたので、こちらに載せました。

周りの人を苦しめる発言をしていた人が、このような座右の銘を掲げていたとは

聞いて呆れますね。

石川氏の自己紹介がyoutubeに投稿されていましたので、興味のある方はどうぞ。

450回ほどの再生回数にたいし、高評価0・低評価6となっており、

もともと評判は良くなかったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

石川将誠のLIVE内容がヒドイ!

石川将誠は議長職在職中、特定の職員に対しLINEでこのようなメッセージを送っていました。

「異動してください」

「邪魔です」

「俺の視野から消えてください」

また、議長室への職員の出入りを禁止にし、部屋の前に立たせていたことも

複数の証言から明らかになったようです。

石川氏はLINEのアカウントが自分のものだと認めています。

ほかにも、特定の職員にたいし

「消えてほしい」

「死んでほしい」

「バカ」

と暴言を吐いていました。

きっと特定の職員以外には強く言えないタイプだったのでしょう。

 

このような発言をし、自分がその職員の方よりも先に政界から消えてしまうことは考えなかったのでしょうか?

議長になった途端、権力を握ったと勘違いをしていたように思えます。

人間性を疑います。

 

スポンサーリンク

 

石川将誠の経歴

石川まさのぶ 経歴

 

2007年:30歳で初当選
2007年:民生委員会
      基地対策特別委員会
2008年:環境経済委員会 
      基地対策特別委員会
2009年:民生委員会
      基地対策特別委員会 委員長
2010年:水源地域対策特別委員会
       建設委員会 委員長
       保守系最年少市議

2019年5月:議長に就任(4期目)

 

最終学歴;ランガラカレッジ

カナダにある大学で、進学留学で人気のある大学だそうですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

石川将誠の家族構成

引用石川まさのぶブロブ

石川氏のブログからお借りしました。

2019年頃の投稿ですが、

5人の子供中4人がインフルエンザです。

と書かれてあります。

ほかにもお子さんの画像を掲載しておりましたので、石川氏は5人の子供の父親で、

7人家族と思われます。

今回の件で、妻そして5人の子供たちはどんな思いをしているのか?

また、パワハラをした相手の方、そしてその家族の方の気持ちは?

石川氏のご家族は相模原市には住んでいられない状態になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

石川将誠はパワハラ被害を語っていた

石川将誠

2020年11月のニュースでこのような記事がありました。

 

リニア中央新幹線建設に起因する、新たな問題が発覚した。

舞台となっているのは、神奈川県の政令指定都市である相模原市だ。

’14年に市内の橋本駅周辺にリニア駅を建設する計画が始動。以降、国交省から役人が相模原市役所に出向してくるようになったが、そのキャリア官僚が陰湿なパワハラを繰り返し、大問題になっているというのだ。

職員からパワハラ相談を受けている、相模原市議会の石川将誠(まさのぶ)議長が語る。

「尋常でないのは、パワハラ被害者の数です。私が昨年5月に議長に就任して以降、相談を受けた職員は20人以上に及びます。市役所内のハラスメント相談窓口にも報告したがどうにもならず、私のところに駆け込んできている。皆さんとにかく切実で、『何とかしてください』と、涙ながらに訴えてくる職員もいます。
パワハラの主は、相模原市都市建設局のT局長という人物。’18年に国交省から出向してきた、40代のキャリアです」

休職者や退職者も出ていると聞いています。あまりにもヒドいということで、本村(賢太郎)市長および副市長にも報告をしています。しかし、今に至るまで何ら処分はされていません」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

こちらの記事では、石川氏がT局長のパワハラ問題について語っていました。

自分が職員にたいし繰り返していたパワハラ行為を棚に上げての発言。

ちょっと信じられません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 ネットの声

なんでこんな人を議員に?という感じ。しかも四期目で44歳って30くらいから議員。世間も知らず議員に。将来は国会議員目指していたかもしれないがならせてはいけない人。それにしても相模原市は少し前には国交省から来た局長がパワハラ。今どきないトップクラスのパワハラ連発とは、そういう昔ながらな悪慣習ある自治体なのかな

 

議員以前に人としての資質に欠く方で残念です。職員の方の体調が早く回復することを願っています。

 

今時こんな人がまだいるのかと驚く。
パワハラ自体も論外。
しかもこの人はLINEで暴言とか
証拠バッチリ残ることを平気でやってる。
きっとパワハラとか悪いことしてるとかの
自覚がなかったんだろう。
そんな人物が議長という要職にあるっていう…
そこがさらに信じられない。
議長辞職とか全然責任取ったことにならない。
議員辞職すべき!

 

勘違いも甚だしい。市議になった途端に年齢に関係なく自分は職員より立場は上。職員は部下と思ってしまう典型的な例。これで次の選挙は落選確実。そうなれば本当にただの人。

 

権力を握ったと勘違いした典型的なパターン。
でも、この人を選んだのは市民だから・・・。
リコールしかないでしょうね。

 

小淵3丁目界隈のそれなりの?資産家っぽいね。石川第一ビルが事務所で、近くには石川駐車場という看板のある…空き地っぽい駐車場もあるね。

直系男子なのか婿養子なのか? …育ち方や人生の歩み方において根っ子から歪んでいそうなことが人相からもうかがえるような。。。

 

会社とかなら解雇とか停職とか処分できるけど議員に対してはどういう処分ができるんだろう。パワハラメール送り付けるくらいだから自発的には辞めてくれそうにはないし、せいぜい給与何分の1か返納して終わりか?メールで送った内容、そっくりそのまま返したいわ。

 

ラインを業務連絡で使うのはやめるべき。
信頼性が低いうえに、秘匿性だけは高いのでこの様なイジメの温床となる。
管理者が内容をチェック出来る情報共有ツールを使うべき。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)