伊藤徳一の顔やFacebook!「アルバイト先で物色し放題」9人で情報共有!他の逮捕者の特定は?

8歳から12歳の小学生の男の子に性的暴行を加えたなどとして、千葉県市原市に住むアルバイト、伊藤徳一が逮捕・起訴されました。

他にも8人が逮捕や書類送検されており、9人は児童ポルノの画像や情報を交換する関係だったそうです。

伊藤徳一について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

8歳から12歳の小学生の男の子に性的暴行を加えたなどとして、神奈川県横浜市に住む会社員の男(38)と、千葉県市原市に住むアルバイトの男(31)が、大阪府警に逮捕されていたことが分かりました。  強制性交などの罪で逮捕・起訴されたのは、神奈川県横浜市に住む会社員、小松拓也被告(38)と、千葉県市原市に住むアルバイト、伊藤徳一被告(31)です。  警察によりますと、小松被告は2019年、オンラインゲームを通じて知り合った男子児童2人(当時10歳~11歳と12歳)に性的暴行を加えたなどとされています。  また伊藤被告は2019年と、今年8月、アルバイト先で知り合った男子児童2人(当時8歳と11歳)に性的暴行を加えたなどとされています。  大阪府警は、今年5月「男子児童が性的対象だ」とほのめかすSNSのアカウントを所持していた30代の男を、別の男子生徒(当時12歳)に性的暴行を加えたなどとして、逮捕していて、男のSNSを捜査した結果、小松被告と伊藤被告が浮上したといいます。  2人は、逮捕後の調べに対し容疑を認め、小松被告は「ゲーム内のアイテムをあげる約束で仲良くなった」、伊藤被告は「比較的おとなしい性格の子を標的にした」などと話したということです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

児童ポルノの画像や情報を交換する関係だった

9人のグループが逮捕や書類送検されたようです。

 

 

8歳から12歳の小学生の男の子に

性的暴行を加えたなどとして

小松拓也被告(38)と、

伊藤徳一被告(31)が強制性交などの罪で

逮捕・起訴されています。

 

 

この記事では伊藤被告について取り上げていきます。

 

伊藤被告は2019年と、2022年8月、

アルバイト先で知り合った男子児童2人(当時8歳と11歳)に

性的暴行を加えたとされています。

 

まずは被告のプロフィールから見ていきましょう

 

 

スポンサーリンク

 

 

 伊藤徳一のプロフィール顔画像

 

名前:伊藤徳一

年齢:31歳

住所:千葉県市原市

職業:アルバイト

容疑:強制性交など

 

被告の顔画像などは公開されていません。

顔がわかり次第、こちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 伊藤徳一のFacebook・SNSは?

 

 

容疑者のFacebookについて調査してみました。

 

すると、同姓同名アカウントがいくつか見つかりました。

しかし、被告らしきアカウントの発見には至っていません。

 

逮捕された9人はSNSを通じて知り合い、

児童ポルノの画像や情報を

交換する関係だったと報じられています。

 

なんらかのSNSを使っていたのは確かですが

そのアカウントまでは特定されていません。

 

すでに逮捕・起訴されているため、

証拠を残したうえでアカウントは

消されている可能性もありそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 アルバイト先はどこ?学童?

 

 

伊藤被告は2019年と、今年8月の2回、

アルバイト先で知り合った男子児童2人(当時8歳と11歳)に

性的暴行を加えたようです。

 

男子児童と知り合えるアルバイトというと

限られてきますが、

なんのアルバイトだったのでしょうか?

 

例えばすぐに思いつくのは

・塾関係

・学童

・ゲームセンター店員

など、これらの仕事なら子供と出会えるのかなと思います。

 

伊藤被告は「比較的おとなしい性格の子を標的にした」

と話しているようですし、

アルバイト先には選べるほどの子供がいたということでしょう。

 

また、仕事の傍ら標的になりそうな子供を

見定めていたと思うと、とても気持ち悪いですね。

 

詳しい勤務先がわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 他の逮捕者8人は?

他の逮捕者も名前が出ている人物がいます。

 

・小松拓也被告(38)

小松被告に関してはこちらの記事でまとめています。

 

他の7人については情報がわかり次第、追記いたします。

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

自分より力も弱い子供に手を出す性犯罪者に人権云々よりGPSなど居場所追跡できるようにしてほしい。自分の子供がこのような獣に近づかれたら気が気じゃないです。再発防止の観点と連日の幼子に対する性犯罪者の報道が多くあることから是非法改正し厳罰化をされることを祈ります。

 

表に出ぬだけで昔から男子児童の性被害はあった。昭和の時代であるが、学校近所公園にて男児を集め菓子などを与え誘い込み猥褻行為を繰り返していた男がいた。見た目は小綺麗で平凡な青年であった。この様な犯罪者が皆、小汚い中年男とは限らない。 女児への防犯教育は勿論の事、同様に、男児にも身を守る方法を教えなければならぬだろう。 また被害児童の性別に関わりなく、子供を狙う犯罪者は全て厳罰に処すべきである。

 

最低最悪です。 いつも思うのだがこういう輩は個人情報を公開してでも社会全体で動向を把握するとかしないと同じ罪を繰り返してまた被害者が出てしまうと思う。 だって性癖レベル通り越して治癒は無理な病気だと思う。

 

もう誰も信用できない。 仲が良くなった年上の人が、ただの性犯罪者だとは誰も思わない。 同性なら尚更。 この手の犯罪者は治らない。 刑罰を重くできないのなら、再び犯罪を犯さないよう監視する必要がある。 子供を犠牲にしてはいけない。

 

気持ち悪過ぎる。島流しの刑にして一生誰とも接触しないで欲しい。おとなしい子を狙うとは卑怯ものにも程がある!

 

もうさ、虐待とか性犯罪とか罪を重くしようよ。 子供は宝だよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)