伊藤柚輝さんの顔,Facebook!刺した中3男子の実名や動機特定か!市立十四山中で同級生が現行犯逮捕!愛知弥富市


愛知県弥富市鳥ケ地1丁目の弥富市立十四山中学校(やとみしりつじゅうしやまちゅうがっこう)で中学3年生生の男子中学生が、別のクラスの生徒に刺される事件が発生しました。

刺された生徒は3年生の伊藤柚輝さん・14歳と判明し、搬送先の病院で死亡が確認されました。

包丁で伊藤柚輝さんの腹部のあたりを刺したということで、この男子生徒は現行犯逮捕されています。

黒川利之校長は慎重に言葉を選びながら事件の状況を説明した模様です。

事件について動機や現場、実名などまとめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

愛知県弥富市公立中学校で中3男子殺人事件(概要)

 

けさ、愛知県弥富市の公立中学校で、3年生の男子生徒が同級生の男子生徒に包丁で刺されて、先ほど死亡が確認されました。警察は刺した男子生徒を現行犯逮捕しました。現場からの報告です。

 逮捕された男子生徒の身柄は現在、蟹江警察署にあります。警察によりますと、被害にあった男子生徒の傷は肝臓を貫通するほどだったといいます。

中3の生徒の保護者
 「びっくりしかない。自分の子どもの学年なので心配」

 きょう午前8時過ぎ、弥富市立十四山中学校で学校関係者から「生徒同士のトラブル。お腹を刃物で刺された」と警察に通報がありました。警察と救急隊が駆けつけたところ、男子生徒が校舎内で倒れていて、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、およそ2時間半後に死亡が確認されました。

 警察によりますと、死亡したのは3年生の伊藤柚輝さん(14)で、腹のあたりを刃渡り20センチほどの包丁で刺されていたということです。

 警察は、別のクラスの同級生で14歳の男子生徒が持っていた包丁で伊藤さんを刺したとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。男子生徒は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めているということで、警察は今後、容疑を殺人に切り替えて調べる方針です。
引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

事件が起きたのは、2021年の8時10分ごろでした。

弥富市立十四山中学校で学校関係者から

「生徒同士のトラブル。お腹を刃物で刺された」と警察に通報があり、警察が駆けつけ他ところ、伊藤柚輝さん(14)が倒れていました。

腹のあたりを刃渡り20センチほどの包丁で刺されていてた伊藤柚輝さんは搬送先の病院でんくなりました。

事件を起こした、別のクラスの同級生(14)男子生徒は、持っていた包丁で伊藤さんを刺したとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

男子生徒は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めているということです。

なぜこのような痛ましい事件が起きてしまったのでしょう。

 

学校について気になるところではありますが、十四山中学校の公式サイトも現在非公開のため、見ることができない状態です。

 

 

事件当時の様子はこちら


十四山中学についてはこちら

 

スポンサーリンク

 


伊藤柚輝さん(十四山中学)プロフィール・顔画像

 

 

引用:J N Nより

引用:文春より

 

名前:伊藤柚輝さん

年齢:14歳・中学3年生

性別:男性

住所:弥富市五斗山2

中学:弥富市立十四山中学校

部活:野球部(小学校時代はサッカー部)

※住所公開で、出身中学は弥富市立十四山西部小学校と推定。

立十四山中学校にはサッカー部がなかった為、野球部に入部。

 

いってらっしゃいと送り出したのが最後、、

変わり果てた我が子の姿に、家族はどれだけ悲しんだことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

 

追記

伊藤柚輝さんについて知る同級生の親は、伊藤さんについてこの様に話されていました。

「柚輝くんは下の学年の子の面倒を見たり、ハンディがある子にも分け隔てなく優しく接しているのを見かけたことがあります。リーダーシップもあって、学年の中でも目立つ、中心的な存在でした。子供会の行事とかにも積極的に参加していて、秋のお祭りで太鼓を叩いていたりしました。上と下に兄弟がいて、仲は良さそうでした。小学校の頃からやんちゃというか元気が良すぎるぐらいで、よく外を走り回っていましたよ」

「亡くなった柚輝くんは、同級生を仲間外れにしたりいじめるような子ではないと思います。ただお調子者の部分もあって、口調が少し強めだったり、大きい声で話すことは確かにありました。もしかしたらそれが、子供同士だと勘違いを生んだ可能性はあるのかもしれません」

引用:https://bunshun.jp/

・下の学年の子の面倒を見ていた

・ハンディがある子にも分け隔てなく優しく接していた

・リーダーシップもあって、学年の中でも目立つ、中心的な存在

・子供会の行事とかにも積極的に参加

・兄弟の仲は良さそうだった

・小学校の頃からやんちゃというか元気が良すぎるぐらいで、よく外を走り回っていた

 

このよう、好印象だったことが伺えますね。

また、事件に関しては、同級生を仲間外れにしたりいじめるような子ではないといいます。

お調子者の部分もあって、口調が少し強めだったり、大きい声で話すことから、もしかしたらそれが、子供同士だと勘違いを生んだ可能性はあるのかもしれません

大人しかったという加害者と、お調子者の部分もあって、口調が少し強めだったり、大きい声で話す被害者の正反対といった性格が明らかになってきましたが、
伊藤さんの好印象な面からも、これが直接的に事件と関係していたかに関しては不明です。

 

追記

伊藤くんと加害少年の双方と面識を持つ地元住民の証言です。

「まるで殺されたユズがいじめたみたいに報道されているけど、それは違うと思う。自分の知る限り、ユズは他人に暴力をふるったりけんかをするようなタイプではありません。誰にでもフレンドリーで男女分け隔てなく付き合い、いじめるどころか他人を楽しませたいという気持ちの強い子でした。昨年、ユズが生徒会の執行部にいた時は“学年を超えて皆で仲良くなりたい”と言って、全校生徒を集めた球技大会を提案するなど、とにかくスポーツが好きだった。LINEのアイコンはユニフォーム姿でバッドを振っている写真で、中学は野球部でしたが、小学校時代はサッカー部に入っていましたよ」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

やはり、この文面を見ましても、いじめがあったという事実に関してはなかったのではないかと思ってしまいますね。

 

スポンサーリンク

 


伊藤柚輝さんのFacebook,Twitter、Instagram

 

 

 

伊藤柚輝さんについて、SNSアカウントを調査してみました。

しかし現状として、該当人物に関する情報は判明することができず、現在調査中です。

引き続き調査し、何かしら手がかかりやアカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

 

中学生でも、スマホを持つ時代ですので、アカウントが今後明らかになる可能性もありますね。

追記

警察は加害者のスマホを押収し調査を進めるということで、今後、事件に関する情報が明らかになるかもしれません。

 

随時更新いたします。

 

スポンサーリンク


事件現場:市立十四山中学校はどこ?

 

事件現場となったのは、こちらの中学校です。

 

 

弥富市立十四山中学校

〒490-1403 愛知県弥富市鳥ケ地1丁目176

 

 

 

現場となった十四山中学校は、名古屋駅から車で30分ほど。

田んぼに囲まれているのどかな地域に位置しています。

 

一学年50人ほどの小規模校で3年生は2クラスに分かれていました。

 

 

追記

 

十四山中学校の校長:黒川利之校長は今回の事件後、緊急記者会見に出席し事件詳細について説明していました。

25日朝に開かれた全校集会で校長は、

「この中学校は1つの家族のようなものだと思っている」

と話し、全員で黙祷(もくとう)を捧げられたと言います。

また、現場の中学校に娘を通わせている父親は事件に対し

「少なくとも、地元の人間は“いじめがあった”とは信じていないと思います」  

「自分も十四山中の出身ですが、あの学校は昔から1クラスの人数が少なくて、いじめが起きればすぐ先生が察知して問題になるような学校でした。土地柄、荒っぽいヤンキーとか不良っぽい子がいる中学でもないし、明らかないじめが起これば大人がすぐ気づけるはず。多感な年ごろでもあるので、逮捕された彼の思い込みによるところが多分にあるのではないか、そう思うんです」

このように話されていました。

 

スポンサーリンク

 

伊藤柚輝さん・犯人男子生徒の出身小学校はどこ?十四山西部小学校か

 

愛知県弥富市立中で3年の男子生徒(14)が同学年の男子生徒(14)に刺され死亡した事件で、2人が2年生の時に同じクラスだったことが24日、県警などへの取材で分かった。市教育委員会によると出身小学校も一緒で、県警は何らかのトラブルが事件につながったとみて詳しい経緯を調べている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

伊藤さんと加害者のは、中学2年生の時は同じクラスだったようです。

また、出身小学校も同じだったという情報から、長い期間、同じ環境で過ごしてきたことになりますね。

そこで気になるのが出身の小学校ですね。

 

弥富市立十四山中学校学区はこちら。

 

引用:https://www.gaccom.jp/

 

多数あるため、現時点で出身小学校に関しては不明です。

 

新しい情報が入り次第更新いたします。

 

追記

続報にて、伊藤柚輝さんの住所が弥富市五斗山2と報じられました。

 

 24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市鳥ケ地1の市立十四山中学校から「生徒同士のトラブルがあった。腹を刃物で刺されている」と110番があった。県警によると、同校3年の伊藤柚輝さん(14)=弥富市五斗山2=が腹を刺されて市内の病院に搬送されたが、約2時間20分後に死亡した。県警は、男子生徒を刺したとして同じ中学に通う同級生の少年(14)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。…

引用:https://www.chunichi.co.jp/

そこで、五斗山の学区はについて調査しました。

五斗山の学区はこちらです。

引用:https://www.city.yatomi.lg.jp/

十四山西部小学校の学区に五斗山が見つかりました。

 

弥富市立十四山西部小学校

〒490-1401 愛知県弥富市六條町大山94

 

 

 

 

 

また、小学校についての情報で、畑に囲まれた男、子8人女子12人の計20人で各学年1クラスという小さな小学校と報じられています。

 

2人はこの小学校時代、同じサッカーチームに所属し、共に汗を流していたと言います。

引用:https://bunshun.jp/

 

その後、十四山中学校に入学し、サッカー部がなかった為、

伊藤くんは野球部、男子生徒はバレー部

と別々の部活に所属していました。

 

スポンサーリンク

伊藤柚輝さんを刺した同級生(犯人)の実名・顔画像・家族は?

 

引用:https://bunshun.jp/

男子生徒(犯人)についての情報はこちらです。

 

年齢:14歳・中学3年生

中学:市立十四山中学校

部活:バレー部

小学校:伊藤柚輝さんと同じ小学校・サッカー部

家族:祖父母、曾祖母、両親、兄の7人家族

男子生徒(犯人)の兄と伊藤柚輝さんの兄は友人

静かな性格で、身長は大きかったそうです。

※伊藤柚輝さんの住所から、現時点で、弥富市立十四山西部小学校と推測。(あくまで推定です。)

 

 

追記

逮捕された男子生徒について、顔画像(モザイクあり)や家族や人物像について報じられていました。

また逮捕された少年の家族についても報じられていました。

加害者の家族は両親・兄(一人)・祖父母・曾祖母7人の大家族だった様です。

家族についての情報です。

○昔からこの地域に住んでいた一家で、父親は農業系の仕事をしていて、4年前には自治会長も務めていた

○祖父は、以前は市役所に勤務していて、合併に尽力した人として知られていて公務員時代は市役所の幹部にまで上り詰めていた

○住んでいた地域の辺りでは“地域のまとめ役”であり、“顔”ともいえる存在で、自宅もほかの家に比べると大きく、まさに名家だった

祖父と父は厳格で教育熱心でしつけにも厳しかった

このように、素晴らしい家柄だった様です。

 

男子生徒について男子生徒を知る近隣住民によると

大人しそうな子という印象で小さい頃から背が大きかったと言います。

 

男子生徒の祖父は、寡黙な子でバレー部の試合で頑張ったことなんかは明るく話していた反面、友人関係の話は全然聞いたことがなかったと言います。

 
「私にとってはいい孫でした、節度ある優しい……本当に優しい子です。今回のことは、なんでこんなことになったのか全く想像がつかないんです。寡黙な子で、バレー部の試合で頑張ったことなんかは明るく話してましたけど、友人関係の話はそういえば全然聞いたことがありませんでした」
「事件の日も、●●(実名)が通学する前に『行ってらっしゃい』って私が送り出したんです。『行ってきます』という返事が返ってきましたが、今思えばちょっと元気がなかったのかもしれない。もしかしたらずっとSOSを発信していたのかと思うと……。亡くなられた子との間で何があったのかは分かりませんが、●●がやってしまったのはいかんことですので、ご家族の方には本当に申し訳ないと思っています」
 
加害者の祖父も、孫については、いい孫でした、節度ある優しい……本当に優しい子と話していますので、大変ショックを受けていたでしょう。
 
 
 
 
 

スポンサーリンク

 

動機や2人の関係は?計画的犯行か?

 

亡くなった伊藤柚輝さんの傷は肝臓を貫通するほどだったといいます。

しかし、命を奪うまでの動機とはいったい何だったのでしょう。

この男子生徒は、自分で刃ものを持ち込んだとされていることから、計画的犯行だったとされています。

最近刃ものを使用した殺人事件が相次いでいますが、今回の事件はまだ14歳、、

年齢関係なくこのような事件が発生してしまうとは、信じられませんね。

中学3年生ということで、受験も控えていたことでしょうし、受験を迎えた同級生の精神面も心配ですね。

 

動機や関係については引き続き調査を続けますので、何か分かり次第更新いたします。

 

 

 

追記

犯行に使った刃物はネットで購入したことが明らかになりました。

また、関係に関しては、十四山中学校は2クラス編成で、2年生の時は同じクラスでしたが、3年になり別のクラスになった様です。

 

追記

また新たに、「人を簡単に殺害する方法」

についてネット検索していたことが確認されました。

便利な時代、使い方によってはこのように悪用となってしまいまうのですよね。

 

 

スポンサーリンク

追記:動機は『いじめられていた』仲間外れは他の生徒から?

 

男子生徒は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めていましたが、捜査関係者によりますとその後の調べで、「いじめられていた」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりました。

加害者の男子生徒の供述として

「いじめられていた」

「嫌な思いをしていた」

と話していることが新たに分かりました。

 

命を奪うまでの思いとは、一体どのような動機だったのか、、、、

疑問が残りますね。

 

追記

引用:https://news.yahoo.co.jp/

加害生徒は14~16日の修学旅行に禁止されていたスマートフォンを持って行き、被害生徒とは別の生徒から報告を受けた教師から注意されていた。「(告げ口に感じて)仲間外れにされたように思った」との趣旨の話

引用:https://news.yahoo.co.jp/

いじめられていたと供述していた、男子生徒ですが、事件19日前の修学旅行にスマホを持参。

そのことを、伊藤さんとは別の生徒が先生に報告したことに関して、

「(告げ口に感じて)仲間外れにされたように思った」との趣旨の話をしていることも新たにわかりました。

この供述が事件と直接関係しているのかは不明ですが、他の生徒にも、不満があったことになりますよね。

また新たな情報として、捜査関係者によると、

男子生徒は兄と比べられたり、祖父や父親は教育熱心で、厳しいしつけをされていたことが分かりました。

事件の数日前、家族との間で何かしらのトラブルがあったようで、ここ最近、身の回りでは彼が言うところの“不満”や“ストレス”を感じることが多かったと話します。

このことが事件と関係あるかは不明としたものの、男子生徒のストレスになっていた可能性はある様ですね。

 祖父と父は厳格で教育熱心。しつけにも厳しかったという。Aは、その家族内でストレスを抱えていた可能性がある。 「兄と比べられることがあったようだし、家と外では違った性格を見せていたのかもしれません。実は事件の数日前、Aは家族との間で何かしらのトラブルがあったようです。犯行との関連は不明なものの、ここ最近、Aの身の回りでは彼が言うところの“不満”や“ストレス”を感じることが多かったようです」(前出・捜査関係者)

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

次々と出てくる供述ですが、今の時点では、これといった動機がいまいち不明なままです。

 

スポンサーリンク

 

追記:男子生徒は被害者意識を持ちやすいタイプ・心理的視野狭窄とは?

 

男子生徒のどれも、直接的に動機には結びつかないような、伊藤くんに関する供述が続きましたが、

社会心理学が専門の新潟青陵大学大学院教授・碓井真史さんは

男子生徒について被害者意識を持ちやすいタイプと分析していました。

 

また心理的視野狭窄についてこの様に話されています。

 

「考えられるものとして、この生徒が被害者意識を持ちやすいタイプだった可能性があります。こうした心理的特徴の子供はどこかで問題が発生すると、その原因を過去に求める傾向が強い。“自分がいま困っているのは、あのとき、あの子がこうしたから”と怒りが逆戻りして、無理やりにでも関連付けてしまう。  いま、うまくいかないのはすべてあの子のせいだと思い込み、殺すしかない、と最悪の考えに発展させてしまうのです。これは、心理的視野狭窄といわれ、極端な答えを導き出してしまうほど狭い思考状態を指します」 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

こういった性格が、今回に事件を起こしてしまったとすれば、言葉や行動、色々な意味で、今後、人との付き合い方についても考えさせられる事件ですね。

 

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

 

 

 

亡くなってしまったのですね。
非常に残念です。
ご冥福をお祈りします。

加害者の同級生は、その親は、いるなら兄弟は、どんな気持ちでしょう。
そして、被害者の親御さんも。お気の毒でなりません。

 

 

加害者と被害者の周辺の生徒や先生とその人達の身内には。。。
何かしら事件の予兆みたいのがあったのではなんて推測するけど、、、
防げなかったんやな。。。

 

刺された箇所とその回数にも寄るとは思いますが、学校と病院は特に連携深く何かあった際には即座に対応できるような体制を取っていてほしいものです。どんな状況でも学校で死亡事故はあってはならないと感じます。

 

余程の恨みがあったのかな?
だとしても刺しては駄目だよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 


3件のコメント

被害者は、亡くなってしまっています。たとえ、いじめられたと加害者が言っても、被害者はもう、何も反論もできません。
どんな理由があったにしても、命を奪った罪は重い。
いじめの問題は、どこの学校でも子どもがいるどのご家庭でも真剣に考えなければいけない事ですが、この事件で大事な息子さんを亡くされたご遺族がこれ以上精神的にも苦しめられる事がないことを切に願います。
ご冥福をお祈りします。

被害者は、亡くなってしまっています。たとえ、いじめられたと加害者が言っても、被害者はもう、何も反論もできません。
どんな理由があったにしても、命を奪った罪は重い。
いじめの問題は、どこの学校でも子どもがいるどのご家庭でも真剣に考えなければいけない事ですが、この事件で大事な息子さんを亡くされたご遺族がこれ以上精神的にも苦しめられる事がないことを切に願います。
ご冥福をお祈りします。

日本は憲法9条があっても全然平和じゃないのを改めて実感させられたな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)