福島いわき市,福島高専男性教師の顔や名前!アカハラとは!セクハラは隠蔽!訓告処分は軽すぎる!


いわき市の福島専攻に勤務する男性教諭が女子学生に対して

「アカデミックハラスメント」をしていたことが分かりました。

 

 

男性教員は訓告処分を受けていたそうです。

 

 

なかなか聞いたことがない「アカデミックハラスメント」

 

 

男性教員についてやアカハラの内容について調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

福島専攻教師がアカデミックハラスメント

 

いわき市の福島高専が、女子学生に対して不適切な指導「アカデミックハラスメント」をしたとして今春に男性教員を訓告処分していたことが17日、同校への取材で分かった。  同校などによると、男性教員から約1年にわたり体を触られたりしたなどとする女子学生の訴えを受け、昨年9月から学内に委員会を設け事実関係を調査。男性教員がセミナーで性的な言葉の多い教材を使用したこと、所定の授業時間を超えた指導や課題を出したことを認めた。  一方で、目撃者や録音などがなかったとして、体を触るなどの行為は認定しなかった。同校は「男性教員は懲戒処分に当たらないため、公表の必要はなかったと判断した」としている。  同校は学内の教員に対し、異性と1対1で面談を行う際にドアを開放することや生徒が不快に感じる言動をしないことなどの注意を促した。  女子学生は心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され3月に自主退学した。福島民友新聞社の取材に「信頼していた先生だったので裏切られた気持ち。処分内容には納得できない。後輩や友人が同じ思いをしてほしくない」と話した。

出典:https://news.yahoo.co.jp

 

いわき市の福島高専に勤務する男性教員が女子学生に対し

「アカデミックハラスメント」をしていたことが

分かりました。

 

 

同校によると、女子学生は約1年にわたり体を触られたり、セミナーで性的な

言葉の多い教材を使用していた他、所定の授業時間を超えた指導や

課題を出していたそうです。

 

 

 

女子学生はPTSDと診断され、3月に自主退学。

 

 

男性教師には訓告処分が下っていたそうですが

女子学生は取材に対し「信頼していた先生だったので裏切られた気持ち」

「処分内容には納得できない。後輩や友人に同じ思いをして欲しくない」

 

 

 

と話しています。

 

 

一方、このような事件を起こしておいて、学校側は目撃者や録音などがなかったとして

体を触る行為は認定していなかった。

 

懲戒処分に当たらない為公表の必要はなかったと判断していたそうです。

 

 

 

学校側は男性教諭の味方だったのでしょうか。

女子生徒が体を触られたと訴えているのに、証拠がないからと

認定しない。

 

 

 

学校側の判断に疑問を感じます。

 

 

被害者である女子生徒は退学したのに、男性教諭は平気で仕事を続けている

事が不思議でなりませんね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 


福島高専男性教師の名前

 

 

名前についても公表されていません。

逮捕されたわけではないので今後も公表されないでしょう。

 

体を触るなどの行為があったのなら、わいせつ事件レベルなのでは?

 

 

今回事件が公になった事ですし、女子生徒が被害届を出せば、

今後どうなるかわかりませんね。

 

 

引き続き調査していきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


アカデミックハラスメントとは

 

大学や研究機関などの学術機関において、教職員が教育・研究上の権力を濫用し、ほかの構成員に対して不適切で不当な言動を行うことにより、その者に対して修学・教育・研究ないし職務遂行上の不利益を与え、あるいはその修学・教育・研究ないし職務遂行に差し支えるような精神的・身体的損害を与えることを内容とする人格権侵害のことである。パワーハラスメントの一類型。略称はアカハラ

出典:https://ja.wikipedia.org

 

今回おきた高専の場合、例として

 

・学生の進級・卒業・修了を正当な理由なく認めない。正当な理由がなく単位を与えない。

 

・就職・進学の妨害

 

・指導下にある学生を差別的に扱う

 

・不適切な環境下での指導の強制

 

 

 

など、他にもいろいろありますが、このような行為を

「アカデミックハラスメント」呼ぶようです。

 

 

被害にあった女子学生は、過度な指導や課題を出されていたため

アカハラに当てはまるのでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

福島高専(福島工業高等専門学校)

 

 

 

こちらが男性教師が勤務している福島高専です。

福島高専とは正式名称「福島工業高等専門学校」だそうです。

 

 

 

出典:https://pt.foursquare.com

 

偏差値は64と、高専というだけあって頭がいい学校ですね。

 

福島県内の学校の偏差値では213件中8位だそうです。

 

 

 

そんな難関学校に入学した女子生徒は無責任な先生のせいで

夢を奪われてしまいました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

セクハラは隠蔽

 

 

今回の報道内容はアカデミックハラスメントと言われていますが

内容を見てみると、1年にわたり体を触られた。性的な言葉の教材を使用された

などセクハラの内容もありますよね。

 

 

 

学校によると、目撃者や録音がなかったため、体を触るなどの行為は

認定していないとのこと。

なので公表がアカハラなのでしょう。

 

 

 

1年以上のセクハラに耐え、やっとの思いで打ち明けた女子生徒

に対して、証拠がないから認定しないとはあまりにも残酷過ぎるのでは?

 

 

 

セクハラというよりわいせつ事件です。

 

 

なぜ加害者の男性教師は学校に残り、被害にあった女子生徒が退学しなれば

ならないのか。

 

 

 

学校側の対応は間違っているのでは?

 

 

セクハラしていた事が公になると、有数の進学校である学校の名前に

傷が付いてしまうため、学校ぐるみでセクハラの事実を隠蔽しようとしていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

訓告処分は軽すぎる

 

 

今回、男性教師に課せられた処分は訓告処分。

 

 

訓告処分とは書面で厳重注意する懲戒処分で、就業規則について

最も軽い処分になります。

 

 

 

あまりにも軽すぎるのではないでしょうか。

 

 

この処分には、被害にあった女子生徒も「納得できない」

と話しています。

 

 

PTSDを発症してしまうほど生徒を精神的、肉体的に苦しめ

1人の未来ある生徒を退学にまで追い込む教師です。

 

 

 

こんな教師がいる学校には行きたくないですよね。

 

 

 

セクハラなどの被害もあったのは事実でしょうし、

真実をしっかりと調査して厳重な処分をして欲しいものです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

ネットの声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)