【パワハラ男性曹長】陸上自衛隊相浦駐屯地の40代上司は誰で特定は?20代男性3曹(水陸機動団)が自殺

陸上自衛隊相浦駐屯地の水陸機動団に所属する20代の男性3曹が自殺していたことがわかりました。

亡くなった男性はパワハラを受けていたとみられています。

パワハラ疑惑の上司は誰なのでしょうか?

調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要(パワハラ内容)

陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)の水陸機動団に所属する20代の男性3曹が2021年11月に自殺を図って死亡していたことが、陸自などへの取材で判明した。陸自は、上司が3曹にパワーハラスメントをした可能性があるとみて懲戒処分を検討している。 【写真】性暴力被害の元自衛官、直接謝罪受け涙  陸自によると、3曹は21年10月ごろ、業務で精神面の健康チェックシートを記入した際、健康状態が悪いという趣旨の回答をしたところ、上司である40代の男性曹長から書き直しを命じられたという。3曹は21年11月初旬、佐世保市の自宅で自殺を図って意識不明になり、同7日に死亡した。  3曹を含む複数の隊員が書き直しを命じられたといい、陸自は、曹長の行為が精神的苦痛を与え職場環境を悪化させたパワハラに当たるとみて調べている。  水陸機動団は離島防衛のための水陸両用作戦を担当し、隊員は相浦駐屯地などに約2400人いる。3曹の自殺を巡っては、同じ隊の1曹が10日、長崎市で記者会見し「自分は無関係なのに、休職や配置転換を命じられ精神的苦痛を受けた」などと訴えた。【中山敦貴】

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

長崎県佐世保市にある陸上自衛隊相浦駐屯地の

水陸機動団に所属する20代の男性3曹が

自殺していたことがわかりました。

 

亡くなった男性はパワハラを受けていた疑惑があり、

現在調べがすすめられているようです。

 

現在確認されている

パワハラとみられる行為は、以下の通りです。

 

  • 精神面の健康チェックシートで健康状態が悪いという趣旨の回答に書き直しを命じる
  • 休職や配置転換を命じられた

 

 

パワハラ疑惑がある男性曹長とは

誰なのでしょうか?

調査を行ってみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

パワハラ疑惑の40代男性曹長は誰?名前や顔は?

 

 

パワハラ疑惑がある男性上司について

明らかになっている情報は

以下の通りです。

 

  • 男性曹長で上司
  • 40代

 

 

公開されている情報がとても少ないため

人物の特定は難しそうですね。

 

何か情報があればこちらにも記載いたします。

 

この上司は亡くなった男性だけに

パワハラをしていたわけではなく、

他の隊員に対しても精神的苦痛を強いていたようです。

 

適切な調査と適切な処分を望みます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

 

自衛隊に限ったことではなく、その他の公務員でも民間でも、人があるから組織が成り立つ訳で、その逆ではない。 自衛隊、警察、消防など人の命に関わる仕事は確かに強い肉体とメンタルが求められるが、人それぞれ適性というものがある。向いていないのであればハラスメントにならない形で自衛隊内の別の業務への配置転換、あるいはプライベートで相談に乗る形で転職などを薦めることも出来たのではないだろうか。もしかしたら、部下からそうしたシートが出ると上司の業績に響くという暗黙の圧力があったのかも知れないが。 採用、人材育成には民間は人件費、公務員は税金が費やされている。人口減の日本では適材適所で全体のパフォーマンスを上げることが必要なのだから、私ではなく公の利益ために組織を生かすためにも、今回の事件は官民問わず教訓にすべきだし、厳格な処分を望む。

 

精神的肉体的に追い込むのは訓練では必要なこと。 それに耐えられるかどうかを見極める人間が自己申告シートを書き直させるとか絶対にしてはならない。なぜならそれをやった時点で訓練ではなく、シゴキになってしまう。 部下は基本的に体調を伺って大丈夫じゃなくても「大丈夫です」というもの。上長はそれを鵜呑みにしてはならない。 私の仕事は身体的精神的に追い込むトレーニングがあるが、必ず部下からのチェックシートは必須だし、難しいと思ったら即離脱させ別メニューへ変更させる。 厳しいからこそ細心の注意を払わなくてはならない。

 

国防という重責ある任務にあたる職業なので、精神的にも屈強な人物が求められるのは間違いない。第一報だけではお亡くなりになられた方がどのような人物であったか判然としないが、少なくとも上官は書き直しを命じるべきではないし、仮に任務にあたり的確性なしと判断するならば上官個人ではなく組織として判断するべきだったと思う。その当時の任務以外で活躍できるなら配置転換すべきだし、そもそも自衛隊にそぐわないと判断するなら適切に手続きを踏んでいかねばならないと思います。

 

自殺させるような事をする組織体制が問題。当該上司は当然の事、そこまで追い込んでたその上司を教育出来てないその上の責任である。責任は国が負うべき。当該上司の処分んだけでは何も問題解決にならない。国に責任がある。国が関係各所の処分を厳格に行うのが当然。自殺まで追い込むなどあってはならない事。しっかりした処分と組織見直しを国の責任で行う事。

 

健康チェックシートは、自分の会社でも実施しています。 上長である私にもフィードバックが来ます。結果を見て、気づかなかった思いがけない回答があると、こちらもどうしようと真剣に考えてきました。最終的に本人と自分の考えの差や誤解が分かり、うまく解決することができました。ホッとしました。 最初にフィードバックを見た時、それを改ざん修正させるという選択肢は思い浮かびませんでした。 ほとんどの会社の上長さんは、私と同じ考えだと思います。それが普通の組織です。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)