城健司(47)の顔とfacebook!動機は?名古屋市西区で警官が発砲!


名古屋市西区の立体駐車場にて、47歳の男性が4月11日に刃物を持っているところを警官が発見し

 

警官が説得するも応じず、機動隊へ刃物を持ったまま近づき、

 

正当防衛として警官から発砲されました。

 

その後逮捕され、入院を続けいていましたが

 

5月1日に入院先で死亡が確認されました。

 

銃弾が下腹部に当たるというのは存外重症となりうるもので

 

三週間の入院の末、死亡してしまったようです。

 

正当防衛とはいえ、一般市民を殺害する羽目になってしまった警官の方はメンタル的に傷を負ったでしょうね・・・。

 

今回は事件の概要と、どういうわけか警官に刃物を持って襲いかかった城健司のプロフィールや犯行の動機、事件現場についてみていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

引用:Yahoo!ニュース

 

事件の経緯を説明すると

 

4月11日に名古屋市西区の立体駐車場にて城容疑者が刃物を持っているところを警官に発見され説得されるも応じず

 

刃物を持ったまま警官に襲いかかりました。

 

それに対して被害にあった警官が城容疑者に対して発砲したようです。

 

被弾した場所は腹部の一箇所ということで入院生活を送っていたのですが

 

3週間経った本日、5月1日に死亡が確認されました。

 

客観的にみても警官のとった行動は正当防衛で

 

発砲された城容疑者が死亡したからと言って警官に罪はないのですが

 

「人を殺してしまった」ということが強い罪の意識を生んでいる可能性もあります。

 

もし刃物を持って近づいてきた城容疑者に発砲をしなければその警官が負傷、最悪の場合死に至っていた可能性もありますし

 

誰もが同じ状況に置かれたなら誰しもがこの警官と同じ行動をとっていたと思います。

 

警官の精神が病まないようにメンタルヘルスケアをしっかりとしてほしいと思う限りです・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

 


城容疑者のプロフィール

名前:城建司

 

年齢:47歳

 

性別:男性

 

職業:無職

 

報道では以上のような情報が出ていましたね。

 

47歳にして無職というのがちょっとした不気味さを醸し出していますね。

 

今回は何の罪もない警官が襲われたということで、普通に考えれば理解しがたい行動と言わざるを得ません。

 

47歳にして安定した収入がないということが彼を精神的に不安定な状況へと追い込み、このような犯行に及んだのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


城容疑者のFacebook!

ネット上で調べると、その名前の珍しさも相まって同姓同名のアカウントは少数に絞ることができました。

 

その中には「愛知県北名古屋市」に住んでいるという情報開示をしているアカウントもありました。

 

今回事件が起きたのが名古屋市ということで

 

もしこのアカウントが城容疑者が過去に用いていたアカウントと仮定すると

 

位置的には近い北名古屋市に城容疑者住んでいたというのは可能性としてはなくはありません。

 

ただ城容疑者が現在は住所不定であることや

 

そのアカウントのみでは本人のアカウントであると断定することはできないのでここに掲載することは控えさせていただきます。

 

興味のある方は是非自分で調べてみてください。

 

ただもしこのアカウントが本人のものであったとすると、写真を見ると家族がいたり、身なりもしっかりしていることから

 

今の住所不定・無職というステータスとはかけ離れたものになっていますから

 

このアカウントを使っていた時期から転落する人生を送っていたという悲劇を想像してしまいますね・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

 

犯行の動機

犯行の動機については供述されていません。

 

入院していたのが三週間ということでその間に犯行の動機を供述していた可能性は大いにあるのですが現在はまだ報道されていません。

 

推測するとすれば、やはりその理由は精神不安による狂気的行動と考えるのが自然かなと思います。

 

城容疑者は立体駐車場にて刃物を持っているところを警官に注意されて今回のような事件へと発展してしまいました。

 

もし警官の方が注意していなかったら城容疑者は一般市民に襲いかかっていたかもしれません。

 

城容疑者は47歳にして住所不定・無職であることから人生に焦りを感じ続ける日々が続き

 

向け先のない思いを一般市民に向けたのではと想像します。

 

どのような理由にしても罪のない誰かを傷つけようとする考えというのは間違いでしかありませんし

 

今回の警官の方のように、襲われた人からすればこの上ない理不尽でしょう。

 

正直、今回犯行に及んだ城建司への同情の余地はないですね・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件現場

 

報道では事件現場について名古屋市西区の立体駐車場とされています。

 

名古屋市内には立体駐車場は二つありました。

 

 

可能性のある候補は非常に少ないのですが「こっちが今回の事件現場である」という断定には至れませんでした。

 

今後事件現場等の新たな情報はどんどん上がってくると思うので、新たな情報が入り次第報告いたします。

 

続報をお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

ますは、刃物男から市民を守るための適切な行動に心から感謝します。もし躊躇すれば、刃物男は逃亡し、死傷する市民が出たかもしれません。現場での適切な判断に敬服します。しかしながら、市民を守るための正当な職務とは言え、発砲した警察官はきっと悩まれると思うので組織として、十分なメンタルケアを実施して頂きたい。
警察官の方々は大変な職務だと思いますが、みんなが応援しています。これからも頑張ってください。

 

 

刃物持って向かってきた輩を退治した。
ただそれだけのこと。
こんなやる気のある警官は称賛されるべき。
ご苦労様でした。
そして、他に被害を出さなかった行動に感謝したいですね。
お疲れさまでした!!

 

今回の事件について、発砲することになってしまった警官の行動について「正当である」「よくやった」と称賛する声が寄せられました。

 

客観的に見ても今回の事件での発砲は正当なものでした。

 

もし警官の方が対応しなければ城容疑者が一般市民を襲ったり、

 

また警官の方が刃物で負傷していた可能性すらあります。

 

今回のような行動に踏み切った警官の勇気には頭が下がります。

 

この記事を見る限り
問題ないと思います。
この警察官の精神的な
ものが心配です。
ケアを十分にお願いします。

 

 

職務とは言え、撃った警察官の方も複雑な心境だと察します。
廻りの方からの心のケアを望んでいます。

 

また今回発砲することになってしまった警官のメンタルを心配するコメントも寄せられました。

 

今回の発砲は正当防衛ですから警官の方には罪はありません。

 

「しょうがないことだった」とこの警官の方も割り切れていれば良いのですが

 

医者が同僚の方に彼のメンタルのケアをしっかりとしてほしいと切に願います・・・。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)