福島県田村市や川内村などで除染廃棄物が入った36袋行方不明!捜索続く

流出した除染廃棄物90袋中36袋が未だ行方不明になっています。

回収された袋のうち54袋のうち半分以上の中身が漏れていたといいます。

今のところ除染廃棄物の流出による被害は出ていないというが、今後大丈夫なのでしょうか。

また、回収されていない36袋についてもすでに中身がない可能性が高いのでは??

スポンサーリンク

36袋が未だ回収されていない!概要について

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/

台風19号による大雨で、東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を詰めた袋が、福島県内の複数の仮置き場から河川に流出し、回収が難航している。

 環境省や県などは、ヘリコプターやドローンも投入して捜索を続けるが、地形の険しさなどに阻まれ、3週間以上たってもなお、流出した90袋のうち36袋の行方が分かっていない。

 大雨で仮置き場が冠水し、川内村で44袋、田村市で30袋、二本松市で15袋、飯舘村で1袋が付近の川に流れ出た。10月31日までに50袋を回収したものの、うち25袋は中身が漏れ出ていた。田村市の担当者は「想定外の大雨で、除染廃棄物の袋をカバーで覆う対策を取っていなかった」と話す。

 流出の判明後、環境省などは連日20~30人態勢で捜している。川を約2キロごとにエリア分けし、下流へと捜索範囲を広げた。職員らが川に入り、立ち入れない場所ではドローンを活用。10月23日にはヘリを飛ばし、上空からも調査した。

 流出現場となった田村市の古道川では1日、環境省や県、市の職員らによる一斉捜索が行われた。参加した29人が5班に分かれ、11.6キロにわたって水中や川沿いを捜した。新たに4袋を回収したが、いずれも中身はなくなっていた。

 環境省は「流出による環境への影響は確認されていない。自治体と連携し、引き続き捜索を進める」としている。 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

台風19号の影響で、東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を入れた袋が川に流出し、回収が進みません。流出が判明してから、環境省などが20~30人態勢で連日回収にあたっており、さらにドローンも飛ばして探しています。しかし地形の険しさなどが影響し、なかなか見つけることができません。

詳しい90袋の内訳は、田村市で30袋、川内村で44袋、二本松市で15袋、飯舘村で1袋です。

近くの川に流れ出ました。

10月31日までに50袋を回収したものの、うち25袋は中身が漏れ出ていたそうです。そしてさらに4袋が回収されたのですが、中身はなかったといいます。

10月23日からはヘリコプターも取り入れ、袋の捜索にあたっていました。

さらに田村市の古道川では11月1日に環境省や県、市の職員ら29名が参加、一斉捜索が行われました。5班に分かれて水中や川沿いなどを11.6キロにわたっての捜索でした。

環境省は「流出による環境被害は報告されていない。今後も自治体と連携して捜索を進める」としています。

スポンサーリンク

流出が多かった田村市や川内村の場所について

出典:https://mainichi.jp/articles/

出典:https://goo.gl/maps/jUMJ1bCqT4oZJwwk9

出典:https://goo.gl/maps/rcGpKZm6oo2xw4XQ7

スポンサーリンク

流出原因とは??

出典:https://matomedane.jp/page/39454

流れ出てしまった東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を入れた袋は一番多かったところで川内村で44袋、次いで田村市で30袋、二本松市で15袋、飯舘村で1袋となっています。計90袋が仮置き場から流れ出てしまいました。

その流出原因を田村市の担当者はこのように話しています。

「想定外の大雨で、除染廃棄物の袋をカバーで覆う対策を取っていなかった」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

一度大きな震災を経験し、その時も想定外の出来事だったはず。

原発事故も想定外に起こり、その影響で除染廃棄物が入った袋が大量に放置されることになりました。

いくら安全として置かれていた除染廃棄物でも市民の身体への害に対する不安の声は多い。

そんな袋の中身の除染廃棄物が川へ流出したとなると市民が抱える不安は増すばかりです。

除染ではぎ取った土を詰めた袋は重さ1トンほどだが、今回流れたのは枝や落ち葉などの入った軽い袋とみられる。飯舘村の1袋は、土に葉っぱなどがまざっていた。
 除染廃棄物は、福島県内の仮置き場716カ所に計990万袋あり、福島第一周辺の中間貯蔵施設(大熊町、双葉町)への搬出が続いている。2015年9月には豪雨によって飯舘村の仮置き場から240袋が流出し、一部は袋が破れて中身が流れ出た。

出典:https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/

今回台風19号によって流れ出たのは枝や落ち葉などが入った軽い袋とみられています。

せめて豪雨によって流されてしまう可能性がある軽い袋だけでも対策を講じておけなかったのでしょうか。

2015年9月にも飯館村の仮置き場から240袋が流出して一部袋が破れ中身が流れ出たことがあったそうです。

こんなことでは安心して暮らせないと判断した住民が、福島県を出ていく日も近いかもしれません。

スポンサーリンク

ネットでは・・・

除染廃棄物と言うことは放射能を含んでいるはず。なのに軽装に見えます。どういう事でしょうね。なんでこんなに報道が少ないのでしょう。

最近見つかった大量にある東京のセシウムボールなど報道が少なすぎる。すごい放射能を帯びているのに。

莫大なお金がかかるし臭いものに蓋をしたいんでしょうが、国民にも知る権利があります。周知して、少しでも健康被害を抑えようとは思わないのでしょうか。

川に流されてたらバラバラでしょうが
探してるふりしてるだけだろ

政府や電力会社は原発が一番コストの安い電源だと試算しているが、そもそも試算は将来予定している事業のコストを計るためにするものであって、40年以上運転している原発のコストをわざわざ試算することがおかしい。原発の正確なコストを知りたいのなら試算などせず、電力会社に電源コストに関する資料を提出させた方がいいだけの話である。必要な資料さえあれば、電力のコストは総費用÷累積発電量で簡単に割り出せるし、本当に原発のコストが安いなら資料を公表しても何の問題もないだろう。
 少なくとも東電に関しては福島原発事故を起こした以上、過去の原発事業の是非を検証するために原発を含めた全ての電源コストを公開する責任があり、実質国有化状態であるので法的に資料を提出させることも可能だ。

こういった大事な報道少ない。
マスコミはもっと必要な情報を報道してほしい。

冷静に考えたら、見つかっても袋だけの可能性が高い。
汚染物は河川から海え流れ出ている。
対外的に回収作業をアピールする必要性があるが、それなら水質検査などの結果公表をした方がいいように思う。

これだから、東電は、信用されない。このままでは、今後も何をするにしても地元にも理解されないし、信用してくれと言っても無理であろう。まったく、事故以後の対応を含めて、あまりにもずさんで責任感がない。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

確かに新たに見つかった4袋がいずれも中身が流出していたことから、まだ発見されていない36袋についてもすでに中身がない可能性が高いです。

コメントにもある通り平行して水質検査などを実施、その結果を報告したほうが良さそうです。まず住民に安心してもらうことが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする