JR大津駅前で誘拐!犯人らの名前や顔は?高校生もいた?内縁妻に100万要求!


滋賀県のJR大津駅前で高校生一人を含む5人が28歳男性を誘拐し、男性の内縁の妻に身代金100万円を要求する事件が起きました。今回は事件の内容と、犯人グループの詳細、事件発生の経緯のをまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

 事件の概要

まずは事件の概要です。

 滋賀県警捜査1課などは24日までに、身代金目的略取と拐取者身代金要求、監禁の疑いで、湖南市の大工の男(20)や草津市の電気工事士の男(20)、野洲市の高校生(18)ら少年3人の計5人を逮捕した。  5人の逮捕容疑は、共謀し、22日午後10時40分ごろ、大津市皇子が丘2丁目のJR大津京駅南側ロータリーで、草津市の建築業男性(28)を素手で殴るなどして無理やり乗用車に乗せて同市内に連行。23日午前9時ごろまでに、男性の内縁の妻(24)に約20回電話し、「100万円用意できないなら家に帰れへんで」などと脅し、身代金を要求した疑い。  県警によると、ロータリーでの暴行の様子を目撃したタクシー運転手からの110番や、内縁の妻から届け出があり、捜査。23日に草津市内で男性を発見し、保護した。男性に目立ったけがはないという。県警は動機などを調べている。

出典:Yahoo!ニュースより

JR大津駅は人の乗り入れも多く、どの時間帯でも人がいる場所ですので、ずいぶん大胆な犯行のように思えます。

今回の犯行が計画的なのか突発的なのかはわかりませんが、念入りに練られたはんこうではないようですね。

また、男性の内縁の妻である女性に対し、20回以上も身代金要求の電話をかけたということなので、女性の精神的ストレスが心配されますね。

滋賀の中でも大きな駅での犯行に驚きも多いようです。

 

 

スポンサーリンク

 


 犯人グループの詳細は?

現時点で明らかにされている犯人グループの詳細は、以下の通りです。

・湖南市の大工の男 山下龍賢(りゅうけん)

・草津市の電気工事士の男 巴山(ともやま)優輝(20)

・野洲市の高校生(18)

・その他18~19歳の男性2人

顔写真は現時点では公開されていません。

滋賀県では事件が多発しているようですね。

 

 

スポンサーリンク

 


 身代金目的の誘拐の成功率はほぼゼロ!?

今回の犯行目的は、身代金100万円だと思われます。

身代金目的の誘拐の成功率についても言及しているコメントを見かけました。

日本における身代金誘拐の成功率知らないんだな。有名なのに。

出典:Yahoo!ニュースより

 

誘拐なんか成功するわけない。まだ、銀行強盗のほうが可能性あるわ

出典:Yahoo!ニュースより

実際に戦後の日本で起こった誘拐事件は公開されているもので8件。

そのうち、検挙率は97%。そのうち現金の受け取りまでできたのは0%です。

監視カメラが街のいたるところに設置されている現代では成功率はかなり低いのではないでしょうか。

 

今回の犯行は5人で犯行に及び、要求金額は100万円。

一人20万円…。

お金目当てで犯罪に手を染めてはいけないのは大前提ですが、かなり見返りの少ない犯罪になったのではないでしょうか。

そういう判断ができなかったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)