大聖寺警察署篠原駐在所 24歳巡査長が拳銃自殺か?名前や顔は?遺書も発見!いったい何があったのか?<石川県加賀市>


1日午前9時45分ごろ、石川県加賀市篠原町の大聖寺警察署篠原駐在所で、巡査長が頭から血を流して倒れているのが発見されました。

同僚が発見し、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。

現場からは拳銃と銃弾が残っていたようです。

いったいどのような事件なのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

報道内容

 

 石川県加賀市内の駐在所で24歳の男性巡査長が頭から血を流して死亡しているのが発見されました。近くには拳銃が残されていて、警察は拳銃自殺とみて詳しい死因などを調べています。  1日午前9時45分ごろ加賀市篠原町にある大聖寺警察署篠原駐在所で、24歳の男性巡査長が頭から血を流して倒れているのを同僚署員が発見しました。  巡査長はその後、搬送先の病院で死亡が確認されました。現場には拳銃が残されていて銃弾も発見されたということです。  警察によりますと、男性巡査長は1日午前9時に大聖寺署に登庁する予定でした。しかし署に現れず、電話にも出なかったことから別の警察官を駐在所に向かわせたところ、倒れているのを発見したということです。  遺書も見つかっていて、警察は巡査長が拳銃自殺を図ったとみています。  巡査長は3月28日にこの駐在所に配属となったばかりでした。県警警務課の谷本憲正次席は「誠に遺憾であります。今後事実関係を明らかにして再発防止に努めて参ります」とコメントしています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

以上がYahoo!ニュースからの引用となります。

 

事件が起こったのは、石川県加賀市にある大聖寺警察署篠原駐在所です。

巡査長は1日、大聖寺警察署に登庁の予定でしたが、署に現れず駐在所の電話にも出なかったようです。

同僚が駐在所に向かったところ、頭から血を流して倒れている状態で発見されました。

近くには遺書のようなものが見つかっており、警察は自殺として捜査を進めています。

 

スポンサーリンク


24歳巡査長の顔や名前は?

 

 

現在、巡査長の顔や名前は公開されていません。

石川県加賀市の大聖寺警察署篠原駐在所に勤務していました。

巡査長は、2020年4月に採用され、この3月28日にこの駐在所に配属となったばかりでした。

駐在所に来て、3日ほどですね。

何があったのでしょう?

 


大聖寺警察署篠原駐在所

 

こちらが事件のあった駐在所です。

 

スポンサーリンク


遺書の内容は?

 

事件現場では、拳銃が残されており、弾丸も見つかっています。

倒れていた巡査長の側に、遺書のような書き置きがあったこともわかっています。

状況を見て、警察は自殺と判断したようです。

 

遺書の内容はまだ公表されていません。

新しく情報が入れば追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

世間の声は?

 

プライベートな事まで知ろうとは思いませんが
警察官が公務中の事件とあれば、ある程度は
公表する方向で捜査して欲しいものです。

せめて
原因が組織にあったのか否かは明らかにして欲しいものです。

 

24才っていう若さで死を選ぶほど追い詰められていたのかと思うと、胸が詰まる。
警察官になった自慢の息子だったんだろうな。親御さんにとって。 
せめて、本人が苦しみから解放されたんだと思いたい。

 

自殺の原因を知りたいです。
“遺書のような書き置きがあり、” とありますが、その遺書の内容は報道されない(出来ない)
のでしょうか?
24歳の若さで駐在所勤務というのも、非常に違和感を覚えます。
“2020年4月に採用され、今年3月末に着任したばかりだった。”とあります。
たった2年で駐在所勤務、着任して(駐在所に移動になって)すぐに自殺。
何かあると考えるのが自然ではないでしょうか?

 

TVのドラマでは陰湿なイジメや嫌がらせがある警察官…自殺とはただ事ではない。しつかり調べるべき事案と思います。

このような意見がありました。

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)