香川真志の顔公開!facebook!正当防衛?同情する声も!歌舞伎町スナック店長!

東京・歌舞伎町のスナックで、酒に酔って暴れていた男性客にプロレス技をかけたとして、香川真志容疑者(45)を逮捕しました!

今回は香川容疑者について調査しました!

ヘッドロックは仕方なかった?正当防衛?

スポンサーリンク

事件概要

東京・歌舞伎町のスナックで、酒に酔って暴れていた男性客に、プロレス技をかけてけがをさせた男が現行犯逮捕された。

男性は、その後、死亡した。

自営業の香川真志容疑者(45)は、21日夜遅く、歌舞伎町のスナックで、酒に酔って暴れていた50歳の男性客に、頭を脇で固めて締め上げるプロレス技のヘッドロックをかけてけがをさせ、駆けつけた警察官に傷害の現行犯で逮捕された。

男性は、その後、死亡している。

香川容疑者は、男性と面識がなく、調べに対して「身を守るためにやった」と供述している。

警視庁は、容疑を傷害致死に切り替えて捜査する方針。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

東京・歌舞伎町のスナックで、酒に酔って暴れていた50歳の男性客に対して、プロレス技であるヘッドロックをかけて、怪我をさせたとして、逮捕されました。

逮捕されたのは、自営業の香川真志(45)容疑者です。

香川容疑者は、自分の店で暴れていた50歳の男性客が暴れているのを見て、プロレス技をかけたそうです。

気持ちはわからなくはないですが、その後男性客は死亡してしまったそうです。

これはやりすぎだったのかもしれませんね。かなり強い力でねじ伏せてしまったのかもしれません。

駆け付けた警察官に逮捕されたため、現行犯逮捕となったわけですが、次章ではヘッドロックについて調べました。

プロレスで一回は必ず見た事ある技だった?

スポンサーリンク

ヘッドロックを10分間!

実はヘッドロックという技は、恐らくプロレスのみならず喧嘩や格闘技においてかならずやっている人がいるようなわざとなっております。

こちらはプロレス技であるヘッドロックをかけている形のわざとなっております。

首を片手で絞めた後に、片方の手で強く絞める強さを操作している形となっております。恐らく格闘技やプロレス技でい一度は見た事がある技となっております。

しかもこの技を10分間もやっていたそうですから、かなり驚きですよね。

さすがに10分間もヘッドロックとは、やりすぎ極まりないですし、亡くなられてしまったのも無理はありません。

まさか自分が入ったスナックで死んでしまうとは、お客さんも思っていなかったと思いますし、この香川容疑者も考えていなかったことでしょう。

さすがに10分単位でのプロレス技はやりすぎです。。。

スポンサーリンク

正当防衛だった?

実はこの香川容疑者は、50歳男性客にヘッドロックをかける前に

「髪を引っ張られた」

と言っていたそうです。

歌舞伎町で状況を考慮すれば確かに、髪を引っ張られたことを踏まえると、ヘッドロックは正当防衛かもしれません。

ネット上でも以下のような意見が多数挙げられました。

逮捕された男は始めに髪を掴まれたりしたらしい。
それに対してヘッドロックで押さえつけたのだから、そんなに暴力的な対応はしていないと思う。
これは運が悪かっただけではないでしょうか?
どちらにとっても。

これ凄い分かる‥。
喧嘩になった時、真っ当な人ほど殴ったり蹴ったりは抵抗がある。
ヘッドロックみたいに力で抑える方向にいきがち。ただ、ヘッドロックは相手を拘束出来るかもしれないけど、離すタイミングが分からなくなる。離したらまた暴れたりするかもしれない。結果抑え続ける羽目になる。
情状酌量を望む。

死なせるまではいきすぎだが、酔って暴れている迷惑な客を取り押さえた点は、情状酌量の余地があると思うが…

これらの意見を総合すると、

・互いに非があった

・死なせるのはやりすぎだが事故に近い

・運が悪かった

という形となっております。やはり香川容疑者は運が悪く死なせてしまったのではないかという情状酌量の余地があるかどうか、裁判で明らかになるとは思いますが、人を死なせてしまったのは事実です。

次章では、香川容疑者や被害者のプロフィールについても掲載していきたいと思います!

スポンサーリンク

被害者男性のプロフィール

名前:伝田岳人

年齢:50歳

職業:不詳

出身:不明

在住:東京都杉並区方南1

こちらが被害者男性の住所及び名前となっております。どうやら職業不詳ということで、どんな職業をしていたのかは定かになっておりません。

今回亡くなられたということで、残念でなりません。香川容疑者に対して髪を引っ張ったのは事実ですが、酒によってしまいまさかこのような悲劇になるとは思わなかったでしょう。

スポンサーリンク

香川真志のプロフィール!

名前:香川真志

年齢:45歳

職業:自営業

出身:不明

在住:東京都中野区

罪名:傷害致死

今回こちらが、香川容疑者のプロフィールとなっております。自営業ということで、自分が店長をしていたお店がこの事件を機に廃業となってしまう可能性もありえます。

仕方ないというか、もしかすれば正当防衛だった可能性もありえます。警察の調査が分かり次第更新させていただきます。

スポンサーリンク

顔画像公開!

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

今回こちらが香川真志容疑者の顔画像となっております。なぜ胸のボタンがとれているのかは気になるところですが、もしかすれば男性客と争った形跡なのかもしれません。

かなりはだけてます。また身を守る為にやったと供述していることから、香川容疑者はには同情の声も寄せられているため、もしかすれば罪が軽くなる可能性もありえそうです。

スポンサーリンク

 

facebook

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

みんなの反応

死なせるまではいきすぎだが、酔って暴れている迷惑な客を取り押さえた点は、情状酌量の余地があると思うが…

これ凄い分かる‥。
喧嘩になった時、真っ当な人ほど殴ったり蹴ったりは抵抗がある。
ヘッドロックみたいに力で抑える方向にいきがち。ただ、ヘッドロックは相手を拘束出来るかもしれないけど、離すタイミングが分からなくなる。離したらまた暴れたりするかもしれない

逮捕された男は始めに髪を掴まれたりしたらしい。
それに対してヘッドロックで押さえつけたのだから、そんなに暴力的な対応はしていないと思う。
これは運が悪かっただけではないでしょうか?
どちらにとっても。

かけた技がヘッドロックですから、暴れてる者を抑え込もうという気持ちがあり必死だったのではないでしょうか。死因が分からないので何とも言えませんが、これは不運な事故だったのかも知れませんので、証言できる方が多数おられると思うのできちんとした判断をしてほしいと思います。

絡まれたのかな?
自分の身を守る為に絞めたとしても、中途半端だと更に逆上してくる可能性があるから、加減なんてわからないよ。

逮捕された男も事件の前までは普通に笑ったりしてたと思うと本当に可哀想。
胸元がはだけてるのは相手に胸倉をを掴まれたりしたのかな?事件の成り行きや連行される表情を見ると被害者よりも加害者に同情してしまう

常磐道で煽りの宮崎に殴られた運転手さん。もし、彼が宮崎を殴り倒していたらどうなったか。宮崎はあの事件をきっかけに、各地で同様の事を繰り返していたとんでもない輩である事がわかったが、それらを知る以前であったら、殴った運転手さんはそこまでやることはないだろうと片付けられ、逆に逮捕されていたに違いない。正当防衛が通じない、先に手を出したものが悪くなるのは、先の大戦、真珠湾にルーツがあり、それをうやむやにした結果の今日なのだ。暴れている者、車から降りて攻撃してくる者を攻撃仕返すのは悪いことなのだろうか?今一度しっかりと向き合うべき問題である。

絡んできた酔っ払いを取り押さえ、本来警察が来てほっとするところだったはずが、傷害罪で逮捕……。

 実際亡くなられたわけだし、現行犯逮捕されるほど酷い怪我をさせていたのだろう。

 プロレス技と書いているが、行動を止める行為としてはそれほど暴力的ではない方法だと思う……こういうのを見たらいつも納得がいかない。やられっぱなしで、怪我を負ってからでないと最終的に加害者になってしまうのか?

警官が被疑者を制圧する過程でやむを得ず亡くなる事例もあるから、本件も慎重に調べてほしい。

それにしても、滋賀県の草津でチャンコ店主が二時間暴行されて殺された事件も傷害致死だった。傷害致死罪に幅が有りすぎるのだから草津の場合等は殺人と同等な刑罰を作った方が良いと思う。

やってしまった行為や、死亡した結果だけを見ずに、当時の周りの意見や、状況をしっかり含めた上で、判断して欲しいですね。
もちろん殺すつもりは無かっただろうし、ほとんどの人が暴れた人を抑えるには殴るよりも、こうしたでしょう…

正当防衛の可能性も
あるのだから

顔にボカシを入れ
氏名等は伏せるべきだ

警察とマスコミにも
問題あると思う

これでは
酒に酔って暴れていても
見て見ぬ振り
するしかなくなる

単純に相手を殴る蹴ると言った暴行行為ではなく、暴れる事のないよう押さえつける行為は別物です。
店には他の客もいた事でしょうし、これ以上被害が大きくならない為の保身と認定されると良いですね。

ただ、頭部や腹部ではなく不幸にも首を絞めてしまった事とそれが10分間に及んだ事は酌量の余地にどう影響するのか分かりません。

後方からの羽交い絞めや、柔道の寝技に持ち込んだ後、手首、足首を紐で縛り上げるなど、あくまでも急所を外した行為は効果があるそうです。

結果は良くないし、現場にいたわけでもなくどの程度のやり取りかわからないが 暴れている人を見てもみて見ぬふりをする人が多い中彼なりの正義感がそこにはあったと思う。

経緯より結果が量刑の判断材料として重きを置かれる所に、死と言うものが寿命を全うしてそうなる事以外如何に受け入れ難いと言う事なのかを物語ってる気がする。

この件は逮捕された人が先に攻撃したのなら逮捕は納得やけど、酒気帯びで常識が通じない相手から身を守ろうとしたら相手の肉体の自由を奪うほかないやろ。

死と言う結果より、そこに至った経緯を重視しないと、酒気帯びで一時的とは言え脳が侵された相手に命を奪われかねなかった男性が浮かばれないわ。

傷害致死、、、詳細はわからないが重すぎるんではないか?自身も髪を引っ張られるなど暴力を受けてたわけだし。身を守るのは正当な行為でしょうよ?減刑を望む。

状況が詳しくわからないけれど、
ちょっとしたことで運悪く死亡に繋がる事故?はあります。
日本は正当防衛の要件が世界的にみて異常なまでに厳しいし、
周りにいた人の証言が重要ですね。
みんなが誠実であることを祈ります。

ケーサツが来るのが遅かった結果でしょう。
来るまで身を守る為にやった事なんだから
逮捕はおかしいよね。
やらなかったら自分が殺されてたかも知れないし、酔っぱらって暴れて自分や廻りの人間に危害を加えていてもケーサツが到着するまで
為すがままでいろって事なんだな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする