香川県丸亀市綾歌町のため池で死亡した父子の名前や顔!原因は?ライフジャケットを着ていれば…


 

母の日にとても悲しい事件が発生しました。

 

香川県丸亀市綾歌町のため池で、父親と子供が釣りに出かけ

なかなか帰ってこない二人を心配した母親が現場に行くと

そこには、変わり果てた姿の二人が居ました。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

 

 

9日午後3時40分頃、香川県丸亀市綾歌町のため池で、「人が落ちている」と近隣住民から110番があった。駆けつけた救急隊員が、水中に沈んでいる同県綾川町の十河(とうごう)崇行さん(33)と、水面に浮かんでいる小学1年の息子、桜雅(おうが)君(6)を発見。十河さんは現場で、桜雅君は搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。

丸亀署の発表によると、ため池の水深は約6メートル。周囲に柵はなかった。父子で釣りに来ていたが、帰宅が遅いため、妻が現場に行き桜雅君を見つけ、近くの住民が通報したという。同署は誤って転落した可能性があるとみて調べている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

5月9日午後3時40分頃

 

香川県丸亀市綾歌町のため池で

 

「人が落ちている」と近隣住民から通報が入りました。

 

 

救急隊員が駆け付けると

 

水中に沈んでいる十河崇行さんと

 

水面に浮かんでいる小学1年の息子、桜雅くんを発見。

 

 

 

父親の十河崇行さんは、現場で死亡が確認。

 

息子の桜雅くんは、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 

2人は、釣りに来ていたという事ですが

 

このため池には、周囲に柵など設置されておらず

 

おそらく誤って転落したのではないかと警察は話しています。

 

 

また、なかなか帰宅しない父子を心配した母親が現場に行き

 

ため池に浮かんでいる桜雅君を見つけ

 

近くの住民が通報したとのことでした。

 

 

まさか、母の日に…。

 

 

 

スポンサーリンク

 


 事故発生場所のため池はここ!

引用:Googleマップ

 

こちらは、香川県丸亀市綾歌町のため池を

Googleマップで検索した画像になります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


 亡くなった父子の名前やプロフィール!

 

 

【父親】

名前:十河崇行さん

年齢:33歳

性別:男性

住所:香川県綾川町

職業:不明

 

【息子】

名前:桜雅くん

年齢:6歳

性別:男の子

住所:香川県綾川町

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


十河親子の顔画像!

 

 

こちらの方で顔写真やそれに

独自に調査の方をさせていただきました。

 

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかったため

また、情報が入り次第、更新させていただきます!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 ライフジャケットを付けていれば助かった?

 

 

最近、水難事故が多発しているように思えます。

 

 

季節的な部分も多いのかもしれませんが

 

コロナ禍で密を避けることのできる釣りが

 

ブームになっているようです。

 

 

 

その証拠に、釣り用品の売り上げが全国的に

 

アップしているようです。

 

 

 

やはり、今回のように

 

釣りなどで特に怖いのが水中への転落。

 

 

 

さらには、今、マスクを着けている人も多いと思いますが

 

マスクをしたまま、水中へ落ちると

 

マスクが濡れて、張り付き、呼吸が出来なくなります。

 

 

 

 

また、今回の事故発生場所であるため池は

 

波などもないので海などに比べて安心と思う人も

 

多いようですが、壁面が斜面となっており

 

一度落ちると自力では這い上がることは難しいと言われています。

 

 

 

 

水場では、必ずライフジャケットを。
ちょっと遊ぼう!な感覚で楽しんでたの
かもしれないけど。

2人ともなんて…
奥さんの心中察すると辛い。
しかも、第一発見者。悲しい事故。

 

悲しい。
皆、自分は大丈夫と思って釣り等に行っていると思うが、水場では全員ライフジャケット着用が当たり前になれば良いなと思う。
大袈裟とか周りが着けていないから恥ずかしいとか思う事が無くなってほしい。

 

子供と楽しく釣りしてて、、、
悲しいですね

小規模の溜池でも、小さな子供にはライフジャケットを着せてあげるべきだな、、、

 

 

今回の事故を受けて

 

ライフジャケット着用の大切さについて

 

コメントしている方がとても多かったです。

 

 

 

たしかに、ライフジャケットを付けていれば

 

呼吸を確保することはできますね。

 

 

 

 

ただ、それだけではいけません。

 

 

 

先ほどもお話ししたように

 

ため池はほとんどが自力では陸に登れないもの。

 

 

 

みずに落ち、上陸できなければ

 

次第に体が冷え低体温になり、命を失う事もあります。

 

 

 

このような事故に備えて

 

ライフジャケットなどの着用とすぐに119番通報できるように

 

準備していくことが、とても大切です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 みんなの声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)