【徳島】海自ヘリ墜落事故の原因発表!見張り不十分が致命的な結果に

海上自衛隊ヘリ墜落事故の概要

7月9日(火)小松島航空基地所属の2機のヘリコプターが訓練中に衝突・墜落し、8人が死亡した事故について、海上自衛隊が原因を発表しました。

 

調査結果の詳細

調査によると、衝突した2機のヘリコプターは別々の指揮官の指揮下で訓練に参加していましたが、指揮官間の情報共有が不十分で、安全な高度差を保つための明確な指示がなかったことが事故の一因とされています。

また、見張りが不十分であったため、ヘリ同士が接近しても避けようとする行動が確認できませんでした。

ヘリコプターの種類は?

三菱重工製のSH-60K哨戒ヘリコプターです。

※写真は同型機です。

全長19.8m
全幅(折りたたみ時)3.3m
全高5.4m
メイン・ロータ直径16.4m
テール・ロータ直径3.4m
エンジンT700-401C×2基
設計最大重量24,000ポンド

再発防止策

再発防止策として以下の点が挙げられました:

  1. 見張りの徹底: 夜間訓練でも目視が可能な距離での見張りを強化する。
  2. 指揮官の責任強化: 複数のヘリが訓練に参加する際には、訓練全体を統括する上位の指揮官が高度差の管理に責任を持つ。

訓練再開の方針

事故後、海上自衛隊は複数のヘリによる訓練を見合わせていましたが、調査結果と再発防止策の発表を受け、訓練を再開する方針です。

ネットの声

 

 

 

まとめ

今回の事故は、見張り不十分と指揮官間の情報共有不足が重大な結果を招いたものでした。海上自衛隊は、再発防止策を徹底し、同様の事故が二度と起こらないよう努めることが求められます。私たちも、このような悲劇が再び起こらないよう、安全対策の重要性を再認識する必要があります。


この記事を通じて、読者が事故の詳細と再発防止策を理解し、今後の安全確保の重要性を認識していただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)