金井裕喜・金井あずさの顔やfacebook!自宅特定!児相に相談していた!埼玉県

金井裕喜

埼玉県美里町で、生後3カ月の喜空(きあ)ちゃんを死亡させたとして、

父親の金井裕喜(29)・母親の金井あずさ(28)が逮捕されました!

またしても、許されない事件が起きてしまいました。

事件をリサーチしました。

 

スポンサーリンク

 

事件概要

 

金井裕喜

金井裕喜 金井裕喜 金井裕喜

埼玉県美里町のアパートで、生後3か月の娘に栄養を与えず、自宅に放置して死亡させたとして、20代の両親が逮捕されました。  

逮捕されたのは、埼玉県美里町の無職・金井裕喜容疑者(29)と妻のあずさ容疑者(28)で、去年9月、自宅アパートで当時、生後3か月だった娘の喜空ちゃんが栄養が少ない状態だったにも関わらず、適切な治療を受けさせず放置し、死亡させた疑いがもたれています。

警察によりますと、喜空ちゃんは上半身が骨折するなどのけがをしていたということです。  

「(両親が)夜出るときには、子どもを置いて出てったんだよね。お母さんがいなくて、泣いていたらしい」(近所の住人)  

2人は「虐待で捕まるのが嫌で病院に連れて行かず放置した」などと容疑を認めているということで、警察は詳しい状況を調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

また、幼い命が犠牲になってしまいました。

金井裕喜は

「虐待が疑われると思い、病院に連れて行かなかった」

と供述しているということです。

喜空ちゃんは女の子の双子ということですが、もう一人の女の子は無事なのでしょうか?

また、姉がいるということですが、子供たちの状況も気になりますね。

新しい情報が入り次第、追記致します。

【追記】

今回なくなった喜空ちゃんは四女という情報が入ってきました!

上には3人の姉がいるということですから、両親の逮捕で残された

子供たちの生活や心のケアが必要かと思われます。

 

そして別の記事で新たな情報が入りました!

捜査関係者などによると、死亡したのは2人の四女の喜空(きあ)ちゃん。

裕喜容疑者はこれまでの県警の任意の調べに対し「外で抱きかかえているときに転んでぶつけたり、ミルクの飲みが悪く口に強く哺乳瓶を入れたりしたことがあった」などと説明し、

「痛がる様子がなく、病院に連れて行かなかった」などと述べていたという。

喜空ちゃんは昨年8月ごろにあごの骨折や口内の傷などのけがを負ったが、2人は喜空ちゃんがけがの影響で同月下旬ごろから哺乳が難しくなり体重が増えず低栄養状態にあったのに、

適切な治療などを受けさせずに死亡させた疑いがある。死因は低栄養で免疫力が低下したことで生じた菌血症などに起因する「全身機能障害」とされた。

あごの骨や肋骨(ろっこつ)が折れ、ひざや腹に複数の打撲の痕があったという。

 昨年9月11日午前1時10分ごろ、あずさ容疑者が「子どもの具合が悪い」などと同町の自宅から119番通報。喜空ちゃんは心肺停止状態で同県深谷市内の病院に救急搬送され、間もなく死亡が確認された。同日午前3時40分ごろ、病院から県警に連絡があり、発覚した。

引用:https://www.asahi.com/

母親の金井あずさは

「病院に連れていかないといけないと思ったが

夫に拒否され、従ってしまった」

と話しているということです。

旦那に逆らえない状況ということは、日常的に家庭内暴力やパワハラがあった

可能性も考えられます!!

喜空ちゃんは、あごの骨折や口内の傷などのけがの影響で、

ミルクが上手く飲めず低栄養状態でした。

死因は免疫力が低下したことによる「全身機能障害」だそうです。

また、あごの骨や肋骨が折れ、膝やお腹にも複数の打撲の痕がありました。

想像を絶する状況であり、許せません。

他の姉妹の心の傷も深いのではないでしょうか・・・。

 

 

スポンサーリンク

 

金井裕喜のプロフィール

金井裕喜

名前:金井裕喜(かない ゆうき)

年齢:29歳

職業:無職

住所:埼玉県美里町

金井裕喜はフードを被っている画像以外、見つけることができませんでした。

金井は夫婦揃って無職のようですが、生活費はどうしていたのでしょうか?

生活保護でしょうか。

【追記】

金井裕喜の顔画像が公開されていましたので更新致します!

金井裕喜

 

スポンサーリンク

 

金井あずさのプロフィール

金井あずさ

名前:金井あずさ(かない あずさ)

年齢:28歳

職業:無職

住所:埼玉県美里町

金井あずさのマスク無しの顔は現在公開されておりませんでした。

時間とともに顔画像が公開される可能性が高いです!!

新しい情報が入り次第、更新致します。

スポンサーリンク

金井裕喜の自宅アパート特定!

 

 

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

児童虐待の動機とは?

 

 

 

 

 

動機は一体なんなのでしょうか?

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

 

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

 

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

 

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

以下4つであると考えられております。今回は③番目のネグレクトが最もな要因であると考えられます。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といったいくつかの理由があてはままりそうです。

 

スポンサーリンク

児相に相談していた!

 

1/22 新たな情報が入りましたので追記します!

2015年、金井裕喜とは別の男性の子供(次女)を妊娠した金井あずさ。

その時に本人から「経済的に不安がある」と、町に相談していたようです!

2019年7月に、交際相手だった金井裕喜が、金井あずさの自宅に出入りするようになりました。

金井裕喜は町職員に対し、拒否反応を示すように。

2020年3月、養育支援の説明を受けた際に、金井裕喜は

「支援はいらない。ばかにしているのか」と声を荒らげたということです。

2020年5月、三女と四女の喜空ちゃんの双子を出産後、

町職員は金井裕喜に18回、金井あずさに12回の電話連絡を試みていました。

そして県警には、訪問に同行してほしいとの相談もしていました!!

町職員の方にとって、それだけ危険を感じていたのかもしれません!

町職員が最後に金井夫婦に接触できたのは、きあちゃんが亡くなる1ヵ月半前ということです。

他に対応策はなかったのでしょうか?

本当に最善を尽くしていたのでしょうか?

腹立たしく悲しい気持ちでいっぱいです。

 

世間の怒りの声

 

酷いニュースだねぇ。
育てる覚悟や自信が無いなら産むなよ。
産まない選択ができる支援策を国が作っても良いのでは?
産まれてから虐待されるよりマシだろ。

 

 

こうした子供への虐待死に対しては、殺人罪の適用が可能になるようにすべき。
適用を難しいままにしている理由が見当たらない。
冤罪の可能性が理由?
殺意の認定を故意に難しくして、何の冤罪を防ごうって言うんだろう?
人が命を落とす可能性がある状態を故意に放置する事が、殺意と何が違うのだろう?
死ぬとは思わなかったなんて言い訳、スマホ普及率すらこんなに上がった時代に、いくらでも人が死にうる状態を調べることが容易な時代に、なぜ未だに通じるんだろう?

 

「虐待を疑われたら・・・」

じゃねぇんだよ、してたんだろうが!

こういうニュースが多くて本当にはらわたが煮えくり返るような怒りを覚える。

亡くなったお子さんに次の人生があるとするならば、とびっきり幸せな人生を送れるように願うばかりです・・・

 

こういう虐待死は必ず事前に児童相談所や学校に警報が発せられている。
今回も警察が一度は現認している。
未然防止した事案も少なくはないと思いますが子供が命を落とすことを阻止できるのであれば必ずできる仕組み法制度が必要だと思います。

 

二人とも無職か・・・。
生活水準と虐待は関連がある場合が多いので、その点でも何とかしてあげられなかったかなあと。
育てられないんだったら作るな、と言っても通じない人たちっているから。

 

事前に察知しておりながら命を救えなかった。制度に問題があるのでしょうか。緊急を要する場合は、先ず両親から隔離させることでは無いでしょうか。

 

もぅすぐ3ヶ月の息子がいます。このような事件をみると胸が痛くなります。10ヶ月もお腹の中で大切に育って、命懸けで産まれてきた奇跡なのに。赤ちゃんは泣いたりして何かを訴えてます。何の罪もない小さな命。こんな形で死なすことは絶対に許されない。

 

記事を読んで背筋が凍りつくような恐ろしい事件、人間の顔した悪魔!
いつもこうした事件が起こるたびに思うけれど、今回は近所の人が危ないサインを送ってくれてるのでもっとこまめに監視体制をとって小さな命を救えなかったのでしょうか。非常に残念です。

 

他の兄弟は、一体どのように感じて、
この両親や乳児と過ごしていたのだろうか。

乳児にも兄弟にも切な過ぎて涙が出て来る。

 

0歳児が近所の人がただ事ではないと思うほど、泣き叫んで助けを求めていたとは。心が痛む…

 

>「虐待が疑われると思い、(病院に)連れて行かなかった」

これじゃ虐待がなくなるわけがない。
いたましい、抵抗することもできない、
こういう子供たちを何とか「超毒親」から救えないものか。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)