金子幸広の顔画像やfacebook!聖火輸送機偽物模型を販売し逮捕!実は大学教授だった?


東京五輪の「聖火輸送機」模型の偽物を販売したとして、39歳の男が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、金子幸広容疑者(39)で、商標法違反の疑いがもたれているということです。

 

 

写真を見てもかなり成功に出来ており、金子容疑者はこの偽物の模型をすでにインターネットのフリマアプリで、昨年4月以降に約20個を計30万円ほどで販売したとのことです。

 

 

報道概要や、金子容疑者について調べていきたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

報道の概要

 

東京オリンピック・パラリンピックの聖火を日本に運んだ特別輸送航空機「TOKYO2020号」をモデルにした非売品の模型の偽物を販売したとして、警視庁生活経済課が東京都大田区の金子幸広容疑者(39)を商標法違反の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で判明した。

 金子容疑者は偽物の模型を中国から輸入し、販売していたとみられる。財務省によると、全国の税関では東京五輪関連の偽グッズの輸入差し止めが相次いでおり、エンブレムがデザインされたピンバッジやTシャツ、レプリカメダルなどの模造品が確認されている。  

逮捕容疑は2020年6~7月、インターネットのフリーマーケットアプリで、特別輸送機の偽物の模型3個を計約3万円で顧客3人に販売し、同大会組織委員会の商標権を侵害したとしている。

逮捕は26日。20年4月以降、偽物の模型20個超を計約30万円で販売していたとみて調べる。  輸送機には公式エンブレムなど特別なデザインが施され、20年3月に全日本空輸と日本航空の共同運航でギリシャ・アテネから聖火を運んだ。組織委は100個超の模型も作製し、非売品として関係者らに配布していた。  

捜査関係者によると、デザインは酷似しており、大きさは本物(200分の1)と同じもののほか、異なるサイズもあった。本来は作られていなかった箱も用意され、エンブレムや、全日空と日航のロゴマークなどが描かれていた。  

五輪関連グッズの偽物はネット上で今も販売されており、組織委はサイト運営者に削除を働きかけるなどしている。組織委は「公式サイト以外のネット販売やオークションサイトで購入する際は注意してほしい」と呼びかけている。

Yahoo!ニュースより引用

やはり、こういった限定物などに人は惹かれるんですね。

 

今回の模型もマニアが欲しがりそうですし、結構数も少ないのでしょうね。

 

 

五輪関連のグッズともなると、やはり市場もかなり大きくなりますし、その分偽物もかなりの数が出回っているのでしょうが、組織委によると既にネット上でも相当数あるとのことです。

 

 

正式に購入できなかった人がネットオークションや、フリマアプリでの購入を求めているからこそ偽物でも需要があり、高値でもかってしまうのです。

 

 

 

しかも、ネット上で偽物を買う側でたちが悪いのは、偽物を偽物とわかっていながら買う人がいるということです。

 

 

もちろん、売るだけでなく買うことも罪になるのですが、日本人は特にブランド信仰が強いので、偽物でもロゴさえ入っていれば買う人も一定数いることも事実なのです。

 

 

 

大半は、騙されて購入しているのが現実だとは思いますが、偽物を避けるためにもなるべく正規のルートや、信頼できる販売店で買うということが一番だと思います。

 

 

オークションやフリマアプリではなかなか難しいですが、怪しいと思ったら買わないようにするなどして避けるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


金子幸広のプロフィール

 

名前:金子幸広

年齢:39歳

住所:東京都大田区

職業:不明

容疑:商標法違反

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


金子幸広のfacebook特定!

facebookについて調査してみたところ、これだけのアカウントが出てきました。

 

しかも、現住所と一致してるアカウントが2番目にあるのですが、中身を見てみたところ本人の画像と少し違う部分があり確証がないため掲載は控えたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


金子幸広は大学教授だった?

金子幸広の名前で検索すると、同姓同名で大学教授の名前が出てくるためそちらについても調べてみました。

 

大阪市立大学HPより引用

こちらが、その大学教授のプロフィールですね。

とても優秀な方なのですが、年齢などについても調べてみましたが、出てませんでしたが学歴より計算してみました。

学歴

1991年4月長崎大学医学部医学科 入学
1997年3月長崎大学医学部医学科 卒業
1997年3月学士(医学) 長崎大学
1997年5月医師免許(医籍登録)
1999年4月長崎大学大学院医学研究科博士課程内科系専攻入学
2002年6月米国アイオワ大学留学(2ヶ月)
2003年8月長崎大学大学院医学研究科博士課程内科系専攻修了
2003年8月博士(医学) 長崎大学 博(医)

大阪市立大学HPより引用

1991年4月時点で、長崎大学に入学しているということで、この時点で18歳です。

 

となると、今から30年前でこの大学教授の年齢は48歳となります。

 

しかし、今回逮捕された金子容疑者は39歳ですので、別人ということで大学教授とは何の関係もありませんでした。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

偽物と本物を比較!

JAL HPより引用

Yahoo!ニュースより引用

上の画像が本物で、下が偽物の画像です。

 

それぞれ、の画像を比較してみると細かい部分はわかりませんが、ぱっと見た感じではそっくりですよね!

 

昨今のこういった類の偽物は、かなり精巧にしかもコストも安く作成できるのでしょうね。

 

 

一昔前の偽物のレベルとは一線を画しており、よほどの目利きでない限り見分けるのは困難でしょう。

 

今回のような偽物を作ることが良いか悪いかは別として(いや、悪いのですが)このようなレベルの高い模造品を作るスキルがあるのであれば、他の仕事に活かしてほしいですね。

 

 

例えば、商品の企画やアイデアを持っているが、商品化することに困っていたりする人からの仕事の依頼を受けて実際に形にするなどいろいろとあると思います。

 

 

しかし、中国という国ですから、そういったことは関係なくとにかく本物っぽく作ってたくさん売れればそれで良いのですね・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ネットの反応は?

善し悪しがよく分からないが、非売品として関係者で囲い込むくらいならば、
おりんピック公式に販売しておけばよかったんじゃない?
売ってないのに相談してくれと言われてもね。
わざわざこの男も中国から輸入して転売する必要なかったでしょ。
てか、中国で製品化されているという時点で、商標権うんぬんが成り立つのかが
疑問なんですがよく分からない。
詳しい人説明してくれない?
この男、業として販売したからアウトだったのか?
ならば輸入代行でやっておけばセーフだったのか?

 

ていうかさ、
「組織委は100個超の模型も作製し、非売品として関係者らに配布していた。」

これなに?

一般向けに販売するのではなく、ごく一部の五輪貴族のために、組織委はこんなおもちゃまで作っていたの?

いったいいくらかかったの?
発注先はやはり電通絡み?

とことん経費を切り詰めるんじゃなかったの?

 

その100個の製造を委託された業者が実際は200個とか作っていて、残りを裏ルートで流したのでは?

たとえば最後のエンブレムだけは別メーカーに注文して、東京に届いてから自分らで貼る、みたいなことしないとダメでしょう。どこかに丸投げは、横流しして稼いでいいよと言ってるようなもの。

 

そもそも非売品として関係者らに配布していた、ってのが問題では?どっちが罪深いのかって、偽物販売より非売品配布の方が罪深いのでは?普通に市販して五輪の資金にしとけば、偽物販売も防げたのでは?

 

>組織委は100個超の模型も作製し、非売品として関係者らに配布していた。

協賛企業担当者への貢物かよ。
貰った人が、子供にあげるのか、ヤフオクに出すのかはご自由にということか。

無駄金使って、足りない分は、都税と国税で。やりたい放題だな。

 

なぜ税関で止められないのだろう?
これに限らず、たくさん入ってきてるのでしょうね。

 

さすが、五輪利権を侵害した罪は重いですな。
五輪関係は憎悪しか感じないわ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)