加島康介弁護士の顔やFacebook!「他にもやらかしていた!」事務所や学歴(出身大学)は?東広島


新型コロナの「持続化給付金」や「家賃支援給付金」計約590万円をだまし取ったとして、弁護士の加島康介容疑者(47)と熊本俊二容疑者(56)が逮捕されました。

持続化給付金の不正受給で弁護士が逮捕されるのは全国で初めてのことだそうです。

この記事では弁護士の鹿島康介容疑者について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要(持続化給付金詐欺)

 

新型コロナウイルス対策の国の「持続化給付金」や「家賃支援給付金」計約590万円をだまし取ったとして、広島県警は23日、広島弁護士会の弁護士、加島康介容疑者(47)=東広島市西条町田口=ら2人を詐欺の疑いで逮捕した。捜査2課によると、持続化給付金の不正受給容疑で弁護士が逮捕されるのは全国で初めて。  他に逮捕されたのは会社役員、熊本俊二容疑者(56)=広島市南区東雲2。捜査2課は2人の認否を明らかにしていない。  加島容疑者ら2人の逮捕容疑は、加島容疑者が設立したホテル経営会社が新型コロナの影響で収入が減ったなどとして2020年10~12月に虚偽申請。同11月に持続化給付金200万円、12月に家賃支援給付金約390万円をだまし取ったとしている。【根本佳奈、安徳祐】

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

連日、新型コロナの持続化給付金の詐欺で

逮捕される人が続出ですが

今回は全国で初めて弁護士の逮捕者が出ました。

 

加島康介容疑者(47)です。

 

 

加島康介容疑者は「持続化給付金」に加えて

「家賃支援給付金」もだまし取っており、

計約590万円ほどになるそうです。

 

 

また、この加島康介容疑者は

法テラス関連でもやらかしているようです。

後半でまとめています。

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 


 鹿島康介のプロフィール!顔画像

出典:https://newsdig.tbs.co.jp/

 

名前:加島康介

年齢:47歳

住所:東広島市西条町田口

職業:弁護士

容疑:詐欺の疑い

 

 

スポンサーリンク

 

 


 鹿島康介のFacebook

 

Facebookにて「加島康介」と調べましたが

アカウントは見つかりませんでした。

 

Facebookは利用していなかったのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 所属の弁護士事務所はどこ?

 

加島康介容疑者の弁護士事務所を調査してみました。

 

ネットで検索してすぐ出てくるのが

東広島総合法律事務所です。

 

また、弁護士検索をかけると

同様の事務所がヒットしますし、

検索結果には一人しか出てきませんから

ほぼ確実かと思います。

 

 

出典:https://www.nichibenren.jp/

 

そして東広島総合法律事務所をGoogleで調べると

写真が出てきますが

容疑者に似ている人物(特徴的なメガネが一致)が

写っているので

この事務所とみて間違いなさそうです。

 

 

加島康介容疑者は今回の持続化給付金のほかにも

法テラスにも過剰な相談料請求をして

先月、業務停止の処分を受けていたことがわかりました。

 

 

3回まで無料で相談ができる相談会で、実際には1度しか相談を受けていないのに3回分の相談料を主催者の法テラスに請求したとして、広島弁護士会から業務停止1か月の懲戒処分を先月受けていました。

出典:https://newsdig.tbs.co.jp/

 

 

法テラスでは3回まで無料の相談会を開催していますが

相談者から1回しか相談を受けていないにもかかわらず

3回分の相談料を法テラスに請求したそうです。

 

 

別の弁護士と請求が被ったことにより

不正請求が発覚しました。

 

 

不正に受け取ったのは5500円だそうで、

すでに法テラス側に返金済みになっているようです。

 

 

たった5500円のために…って思ってしまいますね。

 

 

さらに弁護士の懲戒処分のデータベースで検索をかけると

法テラスの不正請求の件の記載が

ちゃんとありました。

 

やはり東広島総合法律事務所で

間違いはなさそうですね。

 

出典:http://shyster.sakura.ne.jp/

 

 

他にも2016年に「依頼者の意向を確認しないまま提訴」で

戒告処分を受けていることがわかりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 学歴(出身大学や高校)は?

 

 

弁護士ですから

相当頭は良くて、

優秀な人物なのではないでしょうか?

 

 

学歴が気になるところですが、

現時点ではまだわかっていません。

 

 

引き続き調査をして

何かわかればこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

まだまだ、氷山の一角。徹底的にやってもらわないと、まじめに納税する気にもならん。

 

腹立たしいのは、昨今の不正受給で検挙される人々が、それなりに収入を得ることのできる職業に就いているということだ。国税庁しかり、弁護士しかり。 自分達の職業上の知識や立場をアドバンテージとして、本来受給されるべき人達がなかなか越えられない申請のハードルを楽々と飛び越えて利益を得ている。それなりに倫理観が求められる職業であるのに、プライドやモラルはないのか。

 

徹底的に、一人残らず詐欺師は逮捕して欲しい。

 

弁護士という肩書からするとあまりにもショボい犯罪だな

 

弁護士や会社役員でも、給付金の不正受給に手を出してしまう事に驚いた。ばれないという確信めいたものがあったのか、それとも、どうしても金が必要でやってしまったのか。 今回の給付金は給付のスピードを重視していて、その分審査が比較的緩いのではないかという噂を度々耳にする。もちろん、だからと言ってやって良いはずがない。 しかし、600万円は大金だが、罪を背負うリスクを承知で行うには心許無く感じる。やはり、ばれない公算が高く、小遣い稼ぎ感覚で行っていたのか。 これだけ不正受給のニュースが報道されると、他にもやってる人が多くいるのではという疑念を持たざるを得ない。 真面目に活動してる人の為にも今後も不正は取り締まって頂きたく思う。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)