岡村佳澄の顔とfacebook!職場特定!借金に苦しみ無理心中するつもりだった!


北九州市八幡西区で12日、妻を殺害したとして逮捕された32歳の夫が

「子供も殺そうとしたが、殺せなかった」という

趣旨の話をしていたようです。

一体何故自分の家族を皆殺しにしようと思ったのでしょうか

容疑者の職場など事件の経緯を詳しく見ていきます

 

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

北九州市八幡西区で12日、妻を殺害したとして逮捕された32歳の夫が「子供も殺そうとしたが、殺せなかった」という趣旨の話をしていたことが分かりました。 北九州市八幡西区に住む会社員・岡村佳澄容疑者は12日、自宅にいた妻の静さんの首を包丁で刺し、殺害した疑いで逮捕され、13日に送検されました。 当時、通報を受けた警察官が部屋に駆け付けたところ、岡村容疑者は、1歳と3歳になる息子2人を両脇に抱えた状態で座り込んでいたということです。 また警察官に対し、岡村容疑者は妻を刺したことを認めたうえで「子供も殺そうとしたが、殺せなかった」という趣旨の話をしていたことが新たに分かりました。 息子2人はけがをしておらず、児童相談所に保護されています。 警察は、夫婦の間に起きた何らかのトラブルが事件の動機につながったとみて、詳しく調べています。

引用https://news.yahoo.co.jp

北九州市八幡西区で12日に妻を殺害したとして逮捕された32歳の夫が

「子供も殺そうとしたが、殺せなかった」という趣旨の話をしていたと

警察の調べで明らかになりました。

 

北九州市八幡西区に住む会社員・岡村佳澄容疑者は12日の早朝に

自宅にいた妻の静さんの首を包丁で刺し、殺害しまし13日に送検されました。

当時、通報を受けた警察官が部屋に駆け付けた時

岡村容疑者は、1歳と3歳になる息子2人を両脇に抱えた状態で

座り込んでいたようです。

 

また警察官に対し、岡村容疑者は妻を刺したことを認めたうえで

「子供も殺そうとしたが、殺せなかった」という趣旨の話をしていたことが

新たに報告されました

 

息子2人はけがをしておらず、児童相談所に保護されているようです。

警察は、夫婦の間に起きた何らかのトラブルが事件の動機につながったとみて

殺害の動機を調べています

 

 

 

スポンサーリンク

 


 岡村容疑者の顔とfacebook!

引用https://news.yahoo.co.jp

岡村容疑者の顔が公開されました

かなり顔がやつれているようですが一体家族に

何があったのでしょか子供すら殺そうとしていたようですが

やはりわが子と言う事で殺せなかったのでしょう

ですが子供は父親が母を殺す姿を見ているので

精神的に大丈夫なのでしょうか心配ですね

 

職場について調べてみましたが

特定は出来ませんでした

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


 岡村容疑者の自宅と殺害動機

今回、岡村容疑者の自宅を特定できました

岡村容疑者の自宅は福岡県北九州市岡田町にありました

見た感じすごくお金持ちに見えますがここで意外な真実が明らかになります

 

殺害した動機を調べていくと大きな借金があったようです

それに苦しんでいたようで妻を殺害し子供も殺し

自分も死ぬつもりだったのかもしれませんいわゆる無理心中ですね

 

ですが妻を殺した後、死ぬのも殺すのも

怖くなったのでしょう自ら通報したようです。

 

 

スポンサーリンク

 


 ネットの声は

母親の温もりを知らず、生きて行かなければいけない、お子さん達が、哀れでならない。裁判で、「深く反省している。」などと減刑を、あたえないで頂きたい。

酷すぎる
3歳の子なら母親が血を流して死んでいることを理解できている筈
父親が殺したことも理解できている筈
なんて事を

仕事しないでプラプラしていて、妻になじられた?

自分の子ども二人も産ませた母親をなぜ
殺したのでしょうか?

なぜ自分が死なん?

妻はいけるんかい

miko newsでは最新のトレンドニュースを

いち早くお伝えしています。

岡村佳澄の顔とfacebook!住所特定!動機はなに!家族が邪魔な存在だった! | miko news for you (mikobito.com)

鬼頭宏徳さん重体!愛知瀬戸市南菱野町ダンプ衝突事故の現場特定!原因は居眠り運転? | miko news for you (mikobito.com)

香川県高松市木太町の畳店倉庫が火事!場所はどこ?出火原因は?被害状況ツイッターリアルタイム | miko news for you (mikobito.com)

名古屋市薬物摂取男性の名前、顔!Facebook!警察官に取り押さえられ死亡! | miko news for you (mikobito.com)

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)