上遠野篤史の顔やFacebook・インスタ「今どき見ない極細眉」勤務先の会社や動機は?茨城鉾田

茨城県鉾田市で、知人男性に対して強盗目的で脅し、ライターで体をあぶるなどしたとして、上遠野篤史容疑者(21)ら3人が逮捕されました。

容疑者について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

茨城県・鉾田市で、知人とみられる男性を、強盗目的で脅し、現金を持っていないことが分かると、男性を裸にした上で、ライターで体をあぶるなどして、ヤケドを負わせた疑いで、21歳の会社員の男らが逮捕された。 【画像】金知事とみられる男性を裸にして、局部などをライターであぶったか。容疑者の送検映像を画像で見る(計13枚) 上遠野篤史容疑者(21)ら3人は、今年8月18日夜、鉾田市の住宅で、この家に住む20歳の男性に、「今、俺ら3人警察に捕まりそうだから、保釈金を払ってほしい」「持ってるだろ。今からコンビニに行くぞ」などと言って、男性を、同じ鉾田市のコンビニエンスストアまで、車で連れ出したという。 しかし、男性の口座には残金がなく、コンビニのATMで現金を引き出すことができなかったとのこと。このため、上遠野容疑者らは、さらに「お金を下ろせないんだったら、山にさらうか」などと脅して、再び、男性宅に戻ったという。 その後、自宅内で、男性に現金を探させたものの、結局、見つからず。そのことが分かるや、上遠野容疑者らは、男性を裸にして、ライターで体をあぶったという。男性は、局部やお尻に、全治数週間のヤケドを負ったとのこと。 事件翌日、被害者の男性が、近くの派出所に届け出て、事件が発覚。茨城県警鉾田署は、きのう、上遠野容疑者らを、強盗致傷の疑いで逮捕した。3人の認否は明らかにされていないが、被害者とは知人とみられている。 また、この3人が、何らかの事件に関与し、逮捕されそうだったかどうかは分かっていない。鉾田署は、今後、動機などを追及する方針。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

茨城県鉾田市で強盗致傷事件が起きました。

 

逮捕されたのは、上遠野篤史容疑者(21)ら3人で、

知人男性が被害者です。

 

容疑者らは知人男性に対し

「今、俺ら3人警察に捕まりそうだから、保釈金を払ってほしい」

などといってコンビニに連れていき

お金を降ろさせようとしました。

 

 

しかし、降ろせるお金がなかったために

男性を裸にし、やけどを負わせたそうです。

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

上遠野篤史のプロフィール!顔画像

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

名前:上遠野篤史

年齢:21歳

住所:不明

職業:会社員

容疑:強盗致傷の疑い

 

 

今どきここまで細眉のなのは珍しいですね。

目つきと言い、眉毛と言い

いかにも事件を起こしそうな見た目をしています。

 

他の逮捕者2人についてはまだ名前など

報道されていないようです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

上遠野篤史のSNS(Facebook・Twitter・インスタグラム)

 

 

 

容疑者のSNSについて調査してみました。

 

Facebookでは同姓同名アカウントがありましたが

個人を特定できるようなアカウントではなかったため

容疑者のものかわかっていません。

 

インスタ・Twitterでは

本名フルネームで

アカウントは見つかりませんでした。

 

21歳という年齢から

なんらかのSNSは使っていそうです。

 

引き続き調査を行っていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

勤務先の会社はどこ?

 

 

 

容疑者は会社員のようです。

 

しかし、職種など特定につながるような

詳細の情報は明かされていないため、

どこに勤めているのかは不明なままです。

 

卑劣な犯行をしてしまいましたから

職場で継続して働き続けることは

難しいでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

動機は?

 

 

 

動機は何だったのでしょうか?

 

まず金目的だったのはわかりますが、

男性にお金がないということがわかっても

執拗に恐怖やけがを与えたことに疑問を持ちます。

 

ただの金目的ならお金がないとわかれば

違う人物をターゲットにしそうです。

 

被害者男性とは知人関係だったそうですが

お金以外にも何か恨みがあったのでしょうか?

 

 

警察は認否すら明かしていないので

詳細がわかりません。

 

続報が出ましたらこちらにも追記していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

世間の声

 

イザとなったとき、頼れるのは法律でも警察でもなく自身の知識と腕力。 どちらか欠けても自分や大切な人を守ることは出来ない。 心身ともに強く、知識も蓄えねばならない。 この犯人が捕まったからと言って、被害がなくなるわけでもないだろう。 ペンは剣より強しというが、こうなってからでは遅い。 炙られた局部は元に戻らんだろうに…。

 

こういう社会情勢になって来るとトランプの如き「自衛の為の銃器携帯の何が悪い」という言説も説得力を持つ。ましてやアメリカはもう何十年もそういう状況だし憲法は認めてるし。 日本も国民の自衛権を議論してもいい時代になってるかもね。犯人が後から捕まろうが刑務所行こうがやっぱ被害者はやられるワケだから。

 

知人を脅して山にさらうとかまともじゃないよな やってる事がカタギじゃないよ。 半グレとかと同じ類いだし実はそうなんじゃいのかと思う。 こうなると職場なり学校なり新しい環境に移っても交流などしないほうが良いってなってくる。 やはり自分は自分で守らないとってなるし 力が弱くても人間の急所を知れば対処できると思う どんなにガタイが良くても鍛えられない部分はあるし

 

日本も常軌を逸するような犯罪が増え治安の悪化が進んでいる印象。 刑罰の強化はもちろん痛みを与えた者には同じ痛みを与えないと加害者は自分のしでかしたことを認識しないと思う。

 

これって強盗目的での誘拐監禁だよね。この誘拐監禁は凶悪犯罪なのにこの罪状で起訴されることは少なく、起訴されても懲役5年以下とか以上に刑罰が短いのはなぜ? 全治数週間の火傷というと、友人同士での冗談の延長というわけでもなさそうだし無期懲役でいいと思う。

 

人生100年時代。 罪が重くないとおかしい。 被害者が身体的精神的に残り人生50年苦しむのと、残り100年苦しむのでは罪が同じではいけない。時代にあった厳罰を。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)