桂田精一社長の家族|妻は30代で子供は3歳|父親は桂田鉄三?圧力で会見逃れか?知床観光船事故

北海道知床半島沖で「知床遊覧船」社が所有する観光船「KAZU Ⅰ」が浸水した事故で、

現時点(4月26日)で乗員乗客26人のうち11人の死亡が確認されました。

今回は社長である桂田精一社長(58)の家族構成、父親の桂田鉄三氏についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 桂田精一の家族構成(妻・子供)

今回事故が起きた「KAZU1(カズワン)」を運営しているのは、

「有限会社知床遊覧船」で、運営は「有限会社しれとこ村」です。

 

社長である桂田精一氏の家族構成(妻や子供)について調べてみました。

 

桂田氏はお金にだらしがない性格で、10年ほど前に離婚しています。

その後、今の奥さんと再婚しました。

 

デイリー新潮の記事によると、

奥さんは桂田社長より20歳くらい若いそうなので、30代でしょうか。

 

さらに「少し前に出産している」という情報もありました。

 

桂田社長は、事故当日に病院にいたそうですが、

嬉しそうな顔で「退院しました」と住民と挨拶を交わしています。

 

もしかすると、出産だったのかもしれません。

 

※4月27日の記者会見にて、記者からの質問で、

「出産ですか」に対し「そうです」と回答していました。

 

斜里町の広報誌『広報しゃり』

2018年8月号の「結婚おめでとう」のコーナーに、桂田氏の名前が掲載されていました。

 

2018年6月25日に入籍したようです。

桂田氏は現在58歳ですから、54歳で結婚したことになります。

 

さらに同じ広報誌に、斜里町に誕生した赤ちゃんの名前が掲載されるコーナーがあり、

桂田精一氏の名前が掲載されているようです。

 

掲載されているのは2019年の2月号。

子供が誕生したのは12月7日となっていますので、2018年12月7日に誕生したと思われます。

 

入籍が2018年6月25日

出産が2018年12月7日

 

どちらも同一人物であれば、できちゃった婚である可能性もありそうですね。

子供がいるとすれば、現在3歳です。

 

妻に関する情報は一切分かりませんでした。

 

 

 

 

また、桂田精一氏の国籍についても調べてみました。

 

桂田氏のものと思われるfacebookのアカウントがあり、詳細な情報があるかと思いましたが、

家族や国籍などが分かる情報は記載されていませんでした。

 

何か情報が入りましたら、追記していきます。

 

 

桂田精一氏の詳しい経歴や小山昇氏との関係性など、こちらの記事でまとめています。

 

桂田精一社長の顔やfacebookについてはこちらの記事でまとめています。

 

KAZU1船長、豊田徳幸さんについてはこちらの記事でまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 父親は桂田鉄三?

桂田精一社長は斜里郡出身の58歳です。

茨城県工業技術センター窯業指導所を卒業し、

15年ほど前に地元に戻ってきました。

 

桂田氏の父親は宿泊業を営んでいましたが、息子である精一氏が社長に就任します。

 

 

 

桂田氏は元陶芸家だったそうですが、

突然ホテル経営を任されます。

 

「世界自然遺産の宿 しれとこ村つくだ荘」

「流氷と温泉の宿 海に桂田」

「shiretoko HOSTEL hanare」

「秘境知床の宿 地の涯」

2020年2月よりTHE KIMUN-KAMUY(ザ・キムンカムイ)をオープン

 

 

 

桂田氏の父親は、『斜里町の元町議』です。

 

桂田精一氏の父親ではないか?と噂されている桂田鉄三氏について調べてみました。

 

桂田鉄三氏は、2003年に斜里町議会議員選挙に出馬し当選。

2019年に落選しています。

 

 

桂田鉄三氏の情報をみていくと、

後援会がある事務所と、

しれとこ村の住所が一致していました。

 

 

 

これらの情報からも、桂田精一氏の父親が桂田鉄三氏である可能性は高そうですが、

確証はありません。

 

引き続き調べ確証がとれましたら、追記致します。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 圧力で会見逃れか

引用:https://news.yahoo.co.jp/

26日、ホテルで家族への説明が3回行われました。

午後から町の職員や、国交省の職員などがホテルへ続々と入っていく様子が見られましたが、

運航会社の社長は説明会には姿を見せませんでした。

 

1度目の説明会では、実際には姿を見せず、

電話のスピーカー越しで話をしたそうです。

 

2度目の説明会でも社長は姿を見せませず、町や海上保安庁の職員が26日の捜索状況を説明しました。

 

社長は、28日の午後1時半から資料を準備したうえで、

家族への話をするという話が入ってきています。

 

 

今回の事故について、町長がメディアの取材に答えており、

「なぜ社長が出てこないのか?」といった声も多くあがっています。

 

 

 

このような大きな事故が起きた場合、真っ先に社長が説明をすべきかと思いますが、

やはり父親の圧力が影響しているのでしょうか。

 

 

 

説明会では社長が足を組んで話す姿が指摘されているなど、

誠意を感じられない態度です。

 

実際に姿を見せずに資料もなく説明も不十分で、

家族からは怒号も飛び交ったという話が入ってきています。

 

最新の情報によると、4月27日に桂田社長が会見を開くそうです。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

27日午後1時半から経緯などについて説明

午後3時半からは記者会見

を行うそうです。

 

 

 

桂田精一社長の経歴や、小山昇氏との関係性については

こちらの記事でまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)