【顔画像】川村ひとみさんの家族「夫と小学生の子ども2人を残して…」Facebookや葬儀は?福島市の事故

97歳の高齢者が運転して起きた事故で、川村ひとみさんという女性が1人亡くなりました。

97歳が42歳の女性の命を奪う…とても考えさせられる事故です。

この記事では亡くなられた川村ひとみさんについて触れていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

19日、福島市の市道で97歳の男が運転する車が歩道に突っ込み、女性がはねられて死亡した事故で、警察は男がブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性があるとみて捜査しています。 【写真を見る】逮捕された波汐國芳容疑者(97)と事故現場 過失運転致死の疑いで逮捕された福島市北沢又の無職・波汐國芳(なみしお・くによし)容疑者97歳は、19日午後5時前、福島市南矢野目の市道で、軽乗用車を運転中に歩道に突っ込み、歩道を歩いていた福島市八島田の調理員・川村ひとみさん42歳を死亡させた疑いが持たれています。 波汐容疑者の車は歩道を数十メートル暴走した後、信号待ちをしていた車3台にも衝突し、波汐容疑者を含む5人が軽傷を負いました。 近所の人などによりますと、波汐容疑者は、普段から車庫入れを何度もくり返し、車には複数の傷があったということです。 近所の人「最近は頻繁に駐車に苦戦する場面があった。運転をやめたほうがいいかなと思って見ていた」 現場にはブレーキ痕がなく、警察は、波汐容疑者がブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もあるとみて捜査しています。 警察は、21日午後に身柄を検察庁に送り、今後、容疑者立ち会いのもと実況見分を行うことにしています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

福島市で波汐國芳容疑者97歳の運転する車が

6人の死傷者を出す事故を起こしました。

 

この事故で川村ひとみさん42歳が亡くなっています。

 

現場にはブレーキ痕はなく、

車や街路樹に衝突しながら車は停車しました。

 

たびたび高齢者の事故が問題視されますが

今回の事故は97歳と

高齢者の事故のなかでも

特に高齢で珍しいと思います。

 

早く法整備をして

このような悲しい事故を減らしてほしいですね。

 

では、川村ひとみさんのプロフィールからまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

川村ひとみさんのプロフィールや顔画像

 

 

  • 名前:川村ひとみさん
  • 年齢:42歳
  • 住所:福島市八島田
  • 職業:調理員

 

川村ひとみさんの顔画像は公開されていません。

プライバシーもあるので

今後も公開されないかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

川村ひとみさんのFacebook

 

 

 

川村ひとみさんのFacebookを調査してみました。

 

Facebookには同姓同名アカウントが多数あり

被害者である川村ひとみさんらしき

アカウントは今のところ見つかっていません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

川村ひとみさんの家族(夫・娘・息子)

 

 

 

川村ひとみさんの家族構成は

夫・小学生の娘・息子の4人家族です。

 

突然の出来事にご家族は

心の整理がつかないことでしょう。

 

特にお子さんたちは

お母さんとの突然の別れを

受け入れるなんて無理ですよね…。

とても心が痛みます。

 

川村ひとみさん自身も

夫や小学生の子どもたちをおいて

いかなければならないなんて

夢にも思わなかったでしょうし

無念だったことと思います。

 

 

川村ひとみさんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

【追記】川村さんの夫がコメントを出されました。

 

今般は、突然の出来事で家族全員がショックを受け、悲しい気持ちでおります。  叶(かな)わぬ願いですが、できれば時間が戻ってほしい、妻に生き返ってほしいと思っています。  母を失った子どもたちの心情も非常に心配です。  今は、家族で静かに妻を送らせてもらいたいと考えております。  報道機関各位におかれましては、私たち家族の心情にご配慮いただき、どうか取材はお控えくださいますようお願いします。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

葬儀は?

 

 

川村ひとみさんの検索キーワードとして

「葬儀」とありましたので調査してみましたが

葬儀についての情報はありませんでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

この年齢で自分は大丈夫!とか考えるのはやめてほしい!認知検査で問題ないからと言ってもさすがに更新させてらいけないでしょう? 家族はなぜ返納させなかったの?これは本人だけの問題ではないと思う。行政も法を改正すべきだと思う。たとえ運転をしなくてはならない状況であっても、高齢者の事故が相次ぐ中で、返納させるべきだったのではないだろうか? 勿論事故は、年齢関係なく起きています。交通事故のニュースを見ない日はありません。尊い命が奪われたり奪ったりしている。こんな悲しいことは起きてほしくないです。皆さんも周りをよく見て安全運転に心がけていきましょう。

 

97歳って、存命であるだけでもすごいことだが、この方は文化人(歌人)として県内でそこそこ有名だったらしい。それゆえに「自分はまだやれる」という慢心があったのかもしれない・・・ ただ、そのせいで尊い人命が奪われたことが悲しい。 いよいよこれは、免許返納という努力義務ではなく、年齢の上限に関する法整備が必要な段階にきていると思う。年々高齢者ドライバーによる死傷事故は増加しており、特に公共交通機関が充実していない地方では車が生活の一部であり、免許返納遅滞は深刻な問題である。買い物や医療機関までの足を奪われる高齢者(とくに同居家族がいない方)にとっては不自由この上ないので、強制力をもった法整備と同時に、タクシーやバスの乗車パスを無料手配するなど行政も連携していく必要がある。

 

年配の方にとっては酷かもしれないが、一定の年齢を超えたら免許を強制的にでも返納させるような法律がないとこのような事故は減らないと思う。代わりに運転を代行するサービスや自動運転技術が普及すればいいのではとも思うが、結局「機械は信用出来ない」「新しいものはよくわからん」とかで受け入れてはもらえなさそう。バスや電車といった公共の交通機関のダイヤと料金の見直し、無償化辺りで高齢者が車を運転しなくても生活出来るようにするしかないのだろうか。

 

事故を起こした張本人が一番責任があるが、同じように免許交付をした福島県も責任があるかと思う。一般的に考えれば、たとえ運転審査に通った97歳でも街中で車の運転をすればどれだけの事故リスクが伴うのか誰でも予測できること。そもそも、福島県が97歳という超高齢者に対して他の後期高齢者同様に扱い免許交付したことが悪かった、この方への免許交付は県として基準が甘ちゃんだったと思うのだが。 被害に遭われた方には悪いが、起こるべくして起きてしまった事故のようにも思う。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)