川野美樹さんの顔やFacebook「元交際相手は仕事仲間だった」男女トラブルの内容は?博多駅前殺人事件

16日夜に起きた博多駅前の殺人事件で、亡くなった被害者の方が川野美樹さん(38)と判明しました。

まだ犯人確保の知らせはありません。

被害者の方についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

16日夜に福岡市博多区博多駅前2の路上で女性が男性に刺された後、死亡した事件で、福岡県警は17日、女性は同県那珂川市恵子、会社員、川野美樹さん(38)と確認されたと発表した。男性は現場から逃走しており、県警は殺人事件とみて行方を追っている。 【博多駅前の殺人事件の現場付近】  県警によると、逃げた男性は30~50代とみられ、黒の上着を着用していたという。2人が路上を一緒に歩いていて口論となり、男性が女性の胸付近などを刺した後、刃物をバッグに入れて逃げたという目撃情報もある。捜査関係者は、男女間のトラブルが原因の可能性が高いとみている。【河慧琳、佐藤緑平】

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

16日夜に博多駅前で女性が殺される事件が起きました。

犯人はいまだ逃走中です。

 

この事件の被害者の女性の身元が

川野美樹さん(38)と判明しています。

 

当時口論をしていたという目撃情報もあり

2人はもめていたことがわかります。

 

亡くなられた川野さんのプロフィールをまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

川野美樹さんのプロフィール!顔画像

 

 

 

  • 名前:川野美樹
  • 年齢:38歳
  • 住所:福岡県那珂川市恵子4
  • 職業:会社員
  • 死因:不明

 

 

川野さんの顔画像は報じられていません。

 

これまでの殺人事件の報道ケースから

被害者の顔画像が報じられるのは

時間の問題かと思われます。

 

⇒顔画像が公開されました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

川野さんは会社員で、

事件現場近くの会社に勤務していたそうです。

 

仕事帰りを待ち伏せされていたのかもしれませんね。

 

川野さんの近所に住む女性や知人がが川野さんについてインタビューを受けていました。

 

川野さんの近所に住む女性は元気で朗らかな人で会うと手を振り、あいさつをしてくれた。まさか美樹ちゃんが被害者なんてと体を震わせた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

「正直ありきたりですけど、信じられない状態。普通に生活している分では人に恨まれるとか、逆に好かれるタイプだと思う

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

川野美樹さんのSNS(Facebook・Twitter・インスタ)

 

 

 

川野さんのSNSを調査してみました。

 

Facebook・Instagramでは

同姓同名のアカウントが多く、

被害者の川野さんと思われるアカウントの

発見には至りませんでした。

 

Twitterでは同姓同名のアカウントが

1件ありましたが

プロフィールや写真から

別人と思われるアカウントでした。

 

【追記】顔画像がSNSより報道に使われたことで

Facebookが特定されました。

 

 

 

Instagramも特定されていますが

鍵アカウントのため内容は確認できていません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

男女トラブルを抱えていた!犯人に目星はついているか

 

 

 

川野さんは男女トラブルを

警察署に相談していたようです。

 

ストーカー殺人のような

男女トラブルでの殺人事件は

女性が警察へ相談していたケースが多いですよね。

 

結末は殺人事件…だなんて

もっと警察も積極的に動いてほしいと

素人ながらに思ってしまいます。

 

今回、犯人の男と川野さんの間に

どのような男女トラブルがあったのかは

明らかにされていません。

 

ただ、相談をしていたとのことで

犯人の男について警察は目星がついていることでしょう。

 

逮捕まで時間の問題かと思います。

ただこういった事件の犯人は

自殺してしまうケースもあるので

早急に確保してほしいですね。

 

犯人の身勝手な犯行に巻き込まれてしまった

川野さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

事件現場の特定や犯人の特徴についてはこちらの記事でまとめています。

 

 

【追記】川野さんの警察への相談内容がわかりました。

「交際相手に別れを告げたのに

何回も電話がかかってきて、

職場で待ち伏せされている」

相談していたようです。

 

今回の事件も職場近くで起こったことですし、

いつものように待ち伏せされていたのでしょうね…。

 

元交際相手について情報が出ていましたので掲載します。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

容疑者は川崎さんをまだ好きで

付きまとっていたというよりは、

働いていた店を解雇された理由が

破局だったために

恨んで付きまとっていた感じなのでしょうか?

 

元交際相手の自宅などについてはこちらの記事でまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

起きるべきして起きた事件だと感じる。 被害女性は何度か警察に相談していた、とのこと。 ただの男女関係のもつれではなく、 それにより身の危険を感じるような状況があったということ。 彼女もそう思いながらも何とか上手く宥めて関係を断ち切りたいと思っていたと思う。 人混みの中での事件、数箇所刺されているにも関わらず、周りの人達がそれより前に通報したり、 被害者が逃げる余裕も無かったことを考えると 彼女は敢えて密室を避けて、その場で話し合いをしていたのではないか。 そして、突然の強行。 ここまでやる人間から、どうやったら守ることができたのかと思うと答えが見つからない。 警察官を配備させて未遂で終わられても、 刑期が短く、逆恨みを倍増させるだろう。 どうしたら、このような男からずっと彼女を守れたのだろう。

 

以前よりは相談に乗ってくれるようになったとはいえ、警察も役所も基本的には話聞いてくれるだけで、何か起きるまではほとんど動いてくれない。人権人権、加害側はとにかく人権で守られる。被害側はなんの罪もなくても放置されるのが日本。減るわけがない犯罪者やおかしい人の天国なんだから。異常な兄弟の引きこもり問題に悩む自分もこうして自分が犠牲になることでしか母を救ってあげられないのかなと絶望する

 

男女間のもつれで殺人事件にまで発展、よくあることだが、こんな繁華街で通り魔的な事件は多々あるが、個人間でのトラブルと思われる殺人事件が公衆の面前で起こるとは驚く。 事前に警察にも相談していたとのことですが、例えばストーカー行為とかでもよっぽどのことでないと動いてくれないでしょうね。やはり基本民事不介入なので警察も慎重ですよ。犯人はいずれ早期に判明するだろうが、まだ逃走中で発見されていないとは、駅前での犯行で逃走経路の特定にも手間取っているのでしょう。早期の犯人確保を願うばかりです。

 

警察は事件にならないように予防する仕事じゃないからね。 事件ありきの仕事だから。 そう割り切りたくても、相談してみたときに親身になってくれないのはなんか人としてかっこわりぃなぁ~って思いますけど。 対策っていうのは結局自分たちでやらないといけないこと。 根本を言えば変なやつと距離を置くの前に変なやつがなるべく出来上がらないように周りの人に優しく接することだと思う。

 

最近、事前に警察に相談したにも拘らず後に事件となるケースが増えていますね。何らかの抜本的な対策が必要ではないでしょうか? 例えば、ある期間GPSを強制的に装着させて、その行動が相談者側に携帯で 把握するようにするとか、何らかの対策が必要と思われます。

 

警察に事前に相談とか逮捕したのに不起訴になり犯行におよぶ。こんな事件が本当に多いですね。危険予備軍と分かればその時点で腕や足にGPSを装着して、監視できるシステムを構築できないでしょうかね?被害者に近寄るとアラームがなるとか。反対意見も多いと思うけどね。 政治家の皆さんは、ガードの固い中での生活でしょうが、子供に金を配ることよりも、生活の安全を考えてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)