河崎護総監督(星稜高校)経歴!プロフィール!嫁は?告発文公開!本田圭佑も被害?

カリスマ総監督として知られている河崎護総監督が、パワハラ容疑や使途不明金を使ったとして告発されていることが判明した。

今回河崎護総監督の経歴やwikiについて迫りました!

本田圭佑もパワハラ被害があった?

スポンサーリンク

名門総監督にパワハラ容疑?

野球なら松井秀喜、サッカーなら本田圭佑ら有名選手が輩出している石川県の名門私立「星稜高校」。今夏の甲子園でも奥川恭伸投手の力投で注目された。

 ところが、カリスマ総監督として学校に君臨する副校長が元コーチや保護者から「パワハラ」「使途不明金」で“告発”される内紛がぼっ発していることが、週刊朝日の調べでわかった。

 学校は10月25日に調査委を設置。総監督と副校長の職務を一時停止し、自宅待機としている。

“告発”されたのは、星稜高校サッカー部総監督で、副校長でもある河崎護氏だ。河崎氏は2014年度に全国高校サッカー選手権で初優勝に導いた名将。その後は副校長に就任した。

 野球部監督だった山下智茂氏と並んで、「カリスマ」(星稜高校関係者)と称されている。

 河崎氏への疑惑は大きく分けて二つある。まずは、サッカー部員への暴行、暴言などパワハラ疑惑だ。

 学校関係者によると、8月末から9月初めにかけて、サッカー部がグラウンドで練習していると、河崎氏がある部員に「ボケ」と言いながら、平手で頭をはたくなどの暴行を加えたという。

「河崎氏の暴行、暴言は珍しいことではありません。日常茶飯事ですね。毎年、全国大会予選前の8月下旬から9月になると、一日に複数の部員が殴られることもある。後輩から聞いたのですが、先日もある部員のプレーが気に入らなかったのか『お前は身体障がい者か』ととんでもない暴言をはいた。以前は、頬にビンタを食らい、口から大量に出血した部員もいた。公式戦で、部員が河崎氏の思いどおりのプレーができないと『アホ』『ボケ』など罵詈雑言を浴びせる。スポーツ界全体で、体罰をなくそうという時代。しかし、河崎氏はカリスマの威光を背景にやりたい放題。学校も黙認状態です」(星稜OB)

 10月14日のカターレ富山U18との試合では、「このアホ」「ボケ」などと口汚く部員を罵倒。あまりの酷さに審判が注意を与えたという。

 そして、もう一つの疑惑は河崎氏がサッカー部を「私物化」して自身が代表理事を務める一般社団法人「B」や、株式会社「C」にカネを「還流」させ、利益を得ているというものだ。

 この疑惑は今年1月、サッカー部のコーチでもあったA教諭が、星稜高校を経営する学校法人「稲置学園」に上申書を提出して“告発”。学内では大騒ぎとなったという。

「金銭などをめぐる疑惑が、びっしりと書かれている。カリスマに盾突く内部告発で、衝撃でした」(星稜高校サッカー部関係者)

 本誌はA教諭が提出した「上申書」全文を入手。数々の物証が添付されて、100ページ以上の分厚いものであった。

サッカー界のカリスマとも呼ばれている河崎護総監督であり、星稜高校の副校長でもある名誉も権力もある方がパワハラやお金を私物化したということで現在話題になっております。

またこの告発者は、保護者や部員ではなく、コーチをしていたA教諭だったそうです。その内容が100ページ以上にも及んでいることを考えると身近で見ていた人がいたたまれなくなった告発書なのかもしれません。

またこの河崎護総監督は、30年以上チームを率いておりなおかつ、学校の中でも過去の威光や本田圭佑が在籍していた学校ということもあり今まで誰も逆らえなかったかもしれません。

2015年には星稜高校は全国制覇を成し遂げており、偉業を成し遂げ続けているチームでもあります。

今回の告発を機に、職務停止命令が出ているため自宅待機となっているんだとか。

部員に対して血を吐くまで殴り続けるだとか、ボケなどと暴言を吐いたようなパワハラがあったり、河崎護総監督が運営している法人に不正に、保護者からのお金が動いる等かなりの動きがあったそうです。

それを見かねたA教諭は、良心の呵責に苦しみ、見ていられなくなったのでしょうか?

次章ではA教諭によって出された100ページにわたる証拠文章となる告発文を公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

告発文公開!内容がヤバすぎる!

1 サッカー部保護者会の会費、サッカー用品購入代金などが、河崎氏の個人口座入金。

2 サッカー部の保護者会の会計で「使途不明金」の存在がある。

3 ある法人Bが経営する接骨院へサッカー部の選手を「強制的」に通院させている疑惑。

4 学校内で河崎氏がある法人Bの業務を行い「兼業」している疑惑。

5 出張していないにもかかわらず、虚偽の出張届を提出している。いわゆるカラ出張

こちらはどうやらパワハラ容疑の文章ではなく、内部告発による上申書による金銭の不正の流れだと考えられます。

上申書を見る限りだと、こちらの河崎護総監督は、部員の保護者から集めたお金やサッカーでの購入代金などが不正に利用されてたり、学校から支給される出張費用などをカラ出張で不正に利用?しているといった、部員や保護者だけではなく、学校法人までもを騙すような疑惑が現在疑われているそうです。

たしかにこの文章を見る限りだと手慣れた形で犯行を既に行っており、罪の意識があまりないのではないか?

と疑いたくなるような使い方をしております。

やはり30年間も監督をしていると学校の中でも何をやっても逆らえないポジんしょである為、色々不正なことをこっそりしていたのでしょうか?

またこの告発したA教諭は以下のように言葉少なめで言っていたそうです。

「星稜高校、サッカー部の選手、OB、保護者のことを憂いて行動したまでです。今、第三者委員会で審議を頂いているので待つのみ」

やはり現在では疑惑は疑惑であり、事実かどうかは不明ではあります。そのため疑わしいではなく、これが物的証拠として第三者機関がそう伝える義務はあります。

また、同時に河崎護総監督に話を聞いところ、星稜高校から第三者機関を設置して、事実確認をしたいといった形で書面回答が得られたそううです。

今後この内容が明らかになると思いますが、あり得ない方向で河崎護総監督が懲戒免職といった形になる可能性もありえるかもしれません。

スポンサーリンク

河崎護氏のwiki!経歴!

名前:河崎護

年齢:60歳

職業:高校教師

家族構成:子供3人、妻1人

最終学歴:大阪体育大学

実は河崎護氏も星稜高校出身だったそうです。つまり母校の監督をしているといったことでしょうか。当時はMFをしており、サッカー部主将を務めていたそうです。

当時からリーダ―的な役割だったのでしょうか?

そしていつ星稜高校に戻ってきたかというと、1983年に25歳の時に星稜高校のサッカー部監督を任されたそうです。

大学卒業年が22歳ということを踏まえると、河崎護氏はサッカー選手としては既に諦めて、監督して生きていく覚悟を決めたようにも思えます。

また当時から星稜高校は強豪高校であったために、やはり高校側からかなりの人望や期待があったには違いありません。

昔の指導方針といったら基本的には”スパルタ方針”といった形をとっていたそうです。

たしかにサッカー部といったら100m走を永遠に走らされたとか、試合に負けたらとりあえずランニングしろだとか、強豪校の運動部ではよく聞く話だと思います。

そしてあの有名な本田圭佑にも、かなり厳しく指導していたんだとか、もしかすればずっと走らされていたり、ボコボコに殴られたりなどの話はあるかもしれませんね。

同時に勉強に関してもしっかり教えており、勉強できないと戦術が理解できないというのは、河崎氏への教えでもあります。自宅に泊まらせて勉強を教えていたというのは有名な話です。

たしかに本田圭佑も日本代表となった時に、監督に対して戦術面を抗議して最終的に選手全員を監督ではなく自分の戦術に戦わせて監督の戦術を無視したという逸話も残っているくらいですので、頭の回転も速くなるような指導をしていたのかもしれません。

学校では副校長の肩書をもっており、石川県ユースサッカーフェスティバスを創設したりなど、サッカーの並々ならぬ貢献をしてきた河崎氏は今後どうなってしまうのかかなり気になるところです。

2015年に星稜高校は全国制覇を成し遂げました。その時本田選手がこれからが勝負です。といった言葉は星稜高校や、視聴者はさすがだと胸を轟かせて聴いていたとは思います。

そのような有名な選手を輩出しており、なおかつ有名だった総監督の河崎氏がこのような状態で学校の告発されているのは残念でなりません。潔白であればいいなと願うばかりですが、もしそうでなければ懲戒免職も免れないとは思います。

スポンサーリンク

本田圭佑をプロにさせた際には?

 第4回はW杯3大会連続出場となる日本のエースFW本田圭佑(31)=パチューカ=。星稜高2年の秋、恩師・河崎護監督(58)からの“ある提案”がプロへの扉を開いた。

 「圭佑も行ってみるか―」。本田が高校2年だった03年秋、1学年上のFW豊田陽平(33)=蔚山現代=がJ1名古屋に入団テストを兼ねた練習参加をすることになった。星稜では中心選手だった本田だが、U―16日本代表の国内合宿に1度呼ばれただけで世間の評価は決して高くなく、この時期はプレーも精彩を欠いていた。そんな本田に刺激を与えようと、河崎監督が名古屋に「もう一人見てほしい選手がいる」と頼み込み、豊田と一緒に練習参加が決まった。

 この運命の3日間がプロへの扉を開いた。左足のキックの精度、視野の広さ、そして物おじしない堂々としたプレーを、当時指揮していたブラジル人のネルシーニョ監督(67)が大絶賛。数日後、高校には“2枚”のプロ契約書が届いた。「実は名古屋からはすぐに来てくれって言われたんだよ。でもまだ2年生だし、さすがに今すぐは行けないと。それで名古屋は特別指定にしてくれた。圭佑も『お願いします』と言ってきたから認めたんだ」と河崎監督は回想する。

 2年の選手権直後からは名古屋のキャンプに参加。さらには韓国遠征にも帯同し、丸2か月プロとともに過ごした。「校長には『就職試験でございますから。一生を左右するものですから行かせてやってください』とウソをついて了解もらってね。でも彼の成長にとっては大きかったと思う」。当時の名古屋にはFKの名手だったFWウェズレイが在籍。「助走の仕方や壁の並べ方などを聞きました」と帰ってくると、とりつかれたようにFK練習に没頭。プロでも通用する武器を手に入れた。

 そして3年生となった04年11月に正式に入団が決定。契約を結ぶ直前には河崎監督に「将来は海外に挑戦したいという一文を入れてください」とお願いするなど、すでに世界を見据えていた。

出典:https://hochi.news/

こちらが河崎氏が本田圭佑を名古屋のプロ入りさせたときに回顧シーンとなております。

厳しい反面今回のような保護者や部員のお金を不正利用したりや、学校のお金を不正利用しているなどといった記述は見当たりません。

やはりプロ入りさせた際にも本田圭佑と河崎氏には、お互いにサッカーを上手になりたいし、させたいといった絆があったことが伺えます。

まさかテレビで取材されるほどの名監督であり、一代を築いた監督がお金の不正利用や、パワハラで訴えられる可能性があるとは世間の人達も思いもしなかったと思います。

部員達も恐らくこの監督についていけば、絶対うまくなる本田圭佑みたいになれると思っていたに違いないと思います。

その矢先にこのような形で保護者や学校、コーチ、部員を欺くような行動をしていたとしたらかなりがっかりではあります。

現在第三者委員会が設置されており、審議が成されているとは思いますが、今後どのようになるか気になるところです。

スポンサーリンク

星稜高校とは?

名称:星稜高等学校(私立)

所在地:石川県金沢市小坂町南206

設置者:学校法人稲置学園

主な有名人:松井秀喜・本田圭佑

といった顔ぶれで芸能界や教育界、そしてスポーツ界から様々な有名人を出している高校だそうです。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする