【なぜ】川崎市役所新庁舎24階で火事!「まだ人がいる」出火は断熱材で火災原因は?

建設中の川崎市役所で火災が起きたようです。

出火場所は24階で断熱材からのようですが、なぜ火が出てしまったのでしょうか?

情報を集めてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

建設中の川崎市役所で火事が起きています。 消防によりますと、午前11時過ぎ市の消防局の職員が煙が上がっているのを発見し、指令センターに通報しました。 現在、上の方の階から煙が出ていて、消防によりますと、消防車11台が出て消火活動にあたっています。 これまでにけがをした人や逃げ遅れている人はいないということです。 警察によりますと、火が出たのは25階建ての24階部分で天井の断熱材から出火したということです。 建設中の川崎市役所はかつて本庁舎の跡地で建設中で、地上25階・地下2階、新しい本庁舎は来年6月に完成の予定になっています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

建設中の川崎市役所で火災が起きました。

出火場所は24階で断熱材からの出火と判明しているようです。

 

来年6月の完成に向けて工事がされていましたが

今回の火事で工期は伸びてしまうでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 火災現場は工事中の川崎市役所新庁舎!

 

 

 

火災現場は工事中の川崎市役所です。

地上25階・地下2階の新しい本庁舎で、

来年6月の完成に向けて建設中でした。

 

 

煙が出るなか建物内に動く人の姿が映った動画が

Twitterにて公開されていました。

 

 

 

しかし、報道では逃げ遅れた人はいないとありましたので

無事避難ができたものと思われます。

 

けが人などが出なくて本当に良かったです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 火事の原因は?なぜ断熱材から火が出た?

 

 

 

火が出たのは25階建ての24階部分で

天井の断熱材から出火したと特定されているようです。

 

断熱材からの出火はなぜ起きたのでしょうか?

 

断熱材に何らかの火気が接触して発火。 本当に良く有る火災です。 ベビーサンダーなどは火気使用治具として許可制度又は使用禁止になっている事が多いけれど、その他の火の粉もあり得ます。 これからの季節は乾燥も相まって火災事故は多発します。 手順と決まり事を守り、再発防止して行く事が大切。

 

工具の火花とか有機剤とかで引火したかな?きちんと検査して貰わないとね。 あと建設自体は仕方ない 老朽化して作業が回りづらくなれば税金も無駄にかかるし、災害などで倒壊したら行政が回らなくなり川崎市全体の問題になる。日々、年配の方々や身体の不自由な方々にも使いやすく便利になって、作業が効率化すれば良い。

 

 

数年前の多摩でも似たような火災が発生した。直接的な原因は断熱材への火花の引火で、尊い命が失われた。 あの時は元請けの準大手ゼネコンに過失は認められず、下請けだけが刑事罰を負ったが、こういう事故が起きる遠因の一つとして工期の短さとか建設業界の人手不足とか原材料高とかが現場の第一線にしわ寄せされてないだろうか?

 

 

多くの方が予想しているのは

断熱材への何らかの火気の接触です。

 

火災のあった市役所は建設中ですから

なんらかの工具の火花などが引火したのかもしれませんね。

 

 

詳しい調査はこれからかと思いますので

何か出火原因が判明しましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

天井の断熱材から出火したとなれば、建設に携わっている人の可能性が高いと思う。 今後の現場検証の結果にもよるが、これから火事の多くなる時期でもあり、火の取り扱いはより慎重にしなければならない。

 

うちは、ダウンライトの上の断熱材が真っ黒焦げで、ハウスメーカーに言ったら、「どこの家も丸焦げだから大丈夫です。」と言われた。 それでも気になるので、ライトを交換しました。ハウスメーカー信じてたら、火事になってたのかな?

 

溶接の火が燃え移ったのかな? 鉄骨などにかかった熱によっては歪んだり強度が下がってしまったりしている可能性があるね。 さすがに建て直しにはならないだろうけど強度の確認は必要ですね。 下の階で内装工事が始まっていたりしたら消火の水などで汚れてしまっただろうし、工期が延びるのは避けられそうにありませんね。

 

 

役所の建て替えそのものにケチ付けてるコメントが見られるが、ボロい庁舎じゃ身体の不自由な人には利用しづらい設備が多いし、火事や災害にも弱い。自分達が年取ったらバリアフリー設備にはお世話になるし、災害が起こって真っ先に潰れる建物では困ってしまうんだから、こういう建物はちゃんと建て替えてもらわないと困るわ。

 

また火事のニュースですか。 しかも今日は学校や市役所などですね。 せっかく新庁舎を建設中だったのにとんだ火の粉を撒き散らす結果になってしまいましたね。 どの程度の被害で済むのか、修復作業にどれだけの時間が掛かり、費用は保険でまかなわれるのか。 住民としては気になるところです。

 

建物の消防設備も設置前で24階の火災は風も強いので消火活動が難航しそうだ。工期が伸びるのは確実かな。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)