県立コザ高校のパワハラした40代男性運動部顧問の顔!運動部は何部?遺書の内容は?

県立コザ高校(沖縄市)で運動部主将を務めていた2年の男子生徒が1月に自殺していたと発表され他事件で高校名が公表されました。

 

県立コザ高校(沖う縄市)で運動部主将を務めていた2年の男子生徒の自殺の原因は、部活動顧問の40代男性教諭からの不適切な指導や言動が、ストレスの主な要因で自殺に至ったとされています!

 

部活動顧問の40代男性顧問の先生は誰か?運動部は何部?遺書内容!県立コザ高校(沖縄市)の評価も合わせてもていきましょう。

新着情報あります!!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

県立コザ高校(沖縄市)の運動部・2年男子生徒が遺書を残して自殺!(事件概要)

 

 沖縄県教育委員会は19日、県立コザ高校(沖縄市)の運動部主将を務めていた2年の男子生徒が1月に自殺していたと発表した。部活動顧問の男性教諭による不適切な指導や言動が、自殺に至るストレスの主な要因になったとみている。

弁護士などでつくる第三者調査チームの報告書がまとまったのを受けて記者会見した金城弘昌教育長は「防げなかったことに対して慚愧(ざんき)の念に堪えない。重い責任を感じている。心よりおわび申し上げる」と述べた。

 県によると、男子生徒は2019年4月に「部活動特別推薦」で入学。主将になった20年7月ごろから、男性教諭に「キャプテンを辞めろ」などと再三叱責されていた。また、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で夜中まで他の部員に連絡をさせられたり、部活動費を得るため古紙回収作業をさせられたりしていた。男子生徒は叱責された翌日の今年1月29日に遺書を残して、自ら命を絶った。男性教諭はLINEのやりとりを一部削除していたという。

 男性教諭を巡っては過去にも、授業中の発言をきっかけに別の生徒が不登校になったことや、顧問を務める運動部の女子生徒の鼻の穴に指を入れたり、急に技をかけたりするなど不適切な言動があった。学校側もこうした事実を把握していたが、男子生徒への不適切な指導を防げなかった。

 部活動特別推薦で入学した男子生徒は「活動継続確約書」の提出を求められていたため、県は男子生徒が部活動をやめたら退学になると思い、追い詰められる要因になったとしている。金城教育長は「顧問から勝利至上主義に基づき、過度のプレッシャーを与えられ、精神的に追い込まれた様子がうかがわれる」と述べ、再発防止に取り組む考えを示した。

男性教諭は男子生徒の死亡後、顧問を離れ休職中。県教委は詳細な調査をした上で、処分を検討する。【竹内望】  

引用:https://news.yahoo.co.jp/

この言葉が事件の全てでしょう。

今更、謝ったとこで、命は取り戻す事ができません。

 

県教委は19日、遺族の意向があったとして学校名について県立コザ高校(沖縄市)と公表したそうです。

未来を担う生徒の命が奪われたのですから、高校名の公表は義務に値するほどだと感じます。

命以上に大切なものはありません。

今後、学校名が公表されなければ、事件がまた繰り返されていたかもしれませんので、

公表されて本当によかったです。

また男子生徒が特別推薦で入学した際には、「活動継続確約書」の提出を求められていたことも分かったそうです。

40代の男性顧問の余罪的行為もあったそうですので詳しく見ていきましょいう。

 

スポンサーリンク

 

運動部2年男子生徒を自殺に追い込んだ原因はパワハラ!隠ぺい内容は?

今回の事件は、40代男性運動部顧問

不適切指導・言動が自殺に至るストレスの主な要因になったとみられていました。

今回問題となった不適切指導の内容がこちら。

  • 日常的に顧問から大会での成績を上げるようプレッシャーを与えられたこと
  • 「主将をやめろ」といった言葉をあびせられたこと
  • 事務連絡について、「LINE」アプリを通じて夜中まで連絡を受けることもあった
  • 常に緊張状態に置かれ、多大な精神的疲労を抱えていたこと
 

これはもう、パワハラと言わざる得ないと思います。

生徒からしたら全てが、プレッシャーでしかないです。

「LINE」アプリを通じて夜中まで連絡を受けることもあった

自宅が、唯一の気の休める場所だったかもしれませんが、これでは帰っても、

気が休まらなかったでしょうね。

気持ちの解放すら許されなかった事になりますので、

あらためて、男子高校生は本当に辛かったことでしょう。

 

そして顧問はLINE履歴削除。

この顧問の男性教諭は自殺した男子生徒とのLINEでのやりとりを一部削除していたそうです!

隠ぺいとは、ほんとに卑怯でしかありません。

しかし、常日頃から、そんな気持ちに漬け込むようなパワハラ的行動、言動が、

指導とした形で自殺した男子生徒に降りかかっていたことは、隠しようがない事実です。

 

主将を務めていたとゆうことは、責任感がある真っ直ぐな生徒だったと思います。

どんだけ悩み苦しんだことか。

考えると胸が苦しくなります。

男子生徒の気持ちは計り知れないですし、いたたまれない事件です。

絶対許せませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

自殺事件起こした県立コザ高校(沖縄市)の場所と評価!

事件を起こした高校がこちら!

県立コザ高校(沖縄市)

〒904-0011 沖縄県沖縄市照屋5丁目5−1

 

県内でもトップクラス。県インターハイは連覇中。部活をしたい人は是非。ただし強豪が故に遠征や派遣は多い部活もあり。

どの部活も強豪ばかりです。ただ、それ故に吹奏楽部と女子ソフトボール部はほとんど休みがないです。
ほとんどの生徒が運動部に入っているため、みんな運動能力が高いです。運動が苦手だと体育の時間は他の人と差が開きやすいです。

県内でもトップクラス。県インターハイは連覇中。部活をしたい人は是非。ただし強豪が故に遠征や派遣は多い部活もあり。

 

部活は、強豪!のクチコミが多数ありますので、部活動に力が入っている高校なのはわかります。

しかし、生徒と教師のトラブルについてのコメントはありませんでしたが、不思議な感じもしてならませんでした。

不適切な指導と隣合わせな部活指導は、強豪となると、実際多くあるのかもしれませんね。

しかし許されることではないので、対策の強化が必要だと感じます。

 

もし悩んだ時、苦しい時、相談窓口もありますので、親にも誰にも相談できない時には、利用すると何か解決するかもしれません。ぜひ活用して、1人でも多く救われる命がありますように願います。

◇相談窓口 ・児童相談所虐待対応ダイヤル  189=年中無休、24時間。 ・24時間子供SOSダイヤル  0120-0-78310=年中無休、24時間。 ・子どもの人権110番  0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分、土曜・日曜・祝日・年末年始は休み。 ・チャイルドライン  0120-99-7777=午後4~9時(対象は18歳まで)、12月29日~1月3日は休み。  https://childline.or.jp/

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

部活主将が自殺!についての詳細記事はこちらをどうぞ!

スポンサーリンク

 

 

 

自殺をした男子高校生の運動部はなに部?

自殺した生徒の所属していた運動部はどこの部活だったのでしょうか。

このような評価のクチコミがありました!

女子ソフト、男子ハンド、女子サッカー、ラグビー、バドなど優勝チームも沢山あります

  • バレーボール
  • バスケットボール
  • ハンドボール
  • 野球
  • ラグビー
  • ソフトボール
  • サッカー
  • テニス
  • 剣道
  • 空手
  • 柔道
  • 水泳
  • 陸上
  • 駅伝
  • ゴルフ

などたくさんの部活がありましたので、この中のどれかでしょう。

 男性教諭を巡っては過去にも、授業中の発言をきっかけに別の生徒が不登校になったことや、顧問を務める運動部の女子生徒の鼻の穴に指を入れたり、急に技をかけたりするなど不適切な言動があった。

この文章から、空手や柔道が

の可能性が高いともいますが、特定には、続報を待ちたいと思います。

新着情報があれば、miko newsにて更新いたします。

新着情報
今回のパワハラしていた顧問の運動部は、空手部だったそうです!!
詳しい情報はこちらをどうぞ!!

 

スポンサーリンク

 

 

パワハラ行為をした部活動顧問・吉元弘樹のプロフィール

吉本弘樹 顔                               引用:コザ高校空手部Twitterより

名前:吉元弘樹(よしもと ひろき)

年齢:40代

性別:男

在住:名護市

職業:教諭(部活動顧問)

 

部活動顧問の男性教諭にまつわる情報は、これ以上調査することができませんでした。

今後何か分かりましたら、更新いたします!!

次章にてパワハラの余罪行為もあったようですので、調査していきたいと思います。

最新情報記事はこちらをどうぞ!

 

 

スポンサーリンク

 

吉元弘樹はパワハラの余罪行為あり?

過去にも今回の事件を起こした吉元弘樹は過去にも、不適切な言動があったそうです。

 

  • 授業中の発言をきっかけに別の生徒が不登校になった!
  • 顧問を務める運動部の女子生徒の鼻の穴に指を入れたり、急に技をかけたりした!

 

こうした事実を学校側は把握していたそうですが、

今回の男子生徒への不適切な指導を防げなかったと言います。

わかっていたのなら、何かしらの対策があれば、救えた命だったかもしれません。

ホントにわかっていながら、、、、この最悪の結果とは、ありえませんね。

何も言えませんし許されることではありませんね。

命を落とした男子生徒のためにもしっかり反省し、償って欲しいです!

 

スポンサーリンク

 

 

遺書の内容は?

 

 

まだ内容についての報道はありませんでした!

今後の報道で一部、公開されるかもしれませんね。

調査次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

みんなの反応 

 

叱責ならともかく部費を稼ぐ為にバイトを強要されるとか学校教育の範疇を遥かに超えてるだろ、ある意味都合の良い奴隷扱い、学校側が把握しながら放置したならその責任は重大だし、この顧問は殺人罪で逮捕するべき、部活動だの退学を懸念しての自殺とか言うレベルじゃない、学校側の責任者も逮捕して裁判にかけるべき刑事事件だろ。

 

そういう制度を許している受験制度が悪いんだよ。桜宮高校の事件と同じ。部活をやめたら退学煮ると思い、やめれない、でも部活動に行きたくない。で死を選ぶ。いい加減文科省も部活動をやめたら、退学とか奨学金がなくなるとか、部活動をやめる=退学となるような制度を禁止すべき。あほな文科省は携帯電話の持ち込みを認めろとかキャリアノートとか、的外れなことだけ必死。

 

このような事態になっても自主退職せず、休職とする感覚がわからない。
ということは、教師側には罪悪感なしにそのようなことを行っていて、自殺がわかって戸惑いを感じている状態だと推測できる。異常だ。
この教師には、カウンセリングを行い、改善できなければ、必要な処分を行うべきだと思う。
人は、なかなか変われない、変わらない、同じことを繰り返さないよう願う。

 

休職して落ち着いたら
復帰するのかな。
教師に向いてないから
本当に辞めて欲しい…。

 

こんなの暴挙を許す高校含めてクソ。
こんな高校が毎年のように定員オーバー。

沖縄やばいわ。

 

殺人罪でいいと思います。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)