木村将太朗の顔特定!車ナンバーを窃盗し組織に裏流!数えきれない余罪が!


慣れた手口で犯した犯罪は多数の事件が発生しました。

名古屋市北区で1月、駐車場に止めてあった

乗用車のナンバープレートを盗んだとして、

組織窃盗グループの男ら木村将太朗(31)

他2人が6日、逮捕されました。

事件の詳細を調べてきました。

名古屋市北区で1月、駐車場に止めてあった乗用車のナンバープレートを盗んだとして、組織窃盗グループの男ら3人が6日、逮捕されました。  窃盗の疑いで逮捕されたのは、木村将太朗容疑者(31)ら男3人です。警察によると、木村容疑者らは1月、北区の駐車場に止められた乗用車からナンバープレート2枚を盗んだ疑いがもたれています。  現場付近の防犯カメラ映像などから3人が浮上しました。  警察は3人の認否を明らかにしていませんが、盗んだナンバープレートを盗難車に付け替え、住宅などに侵入して盗みを繰り返していたとみて調べています。  愛知県では去年1年間でナンバープレートの盗難被害が約700件あり、警察は盗難防止のネジをつけるよう呼びかけています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f00ca9efb104a71c19775fe2267a53e0ff80a8d

明らかに窃盗車両に取り付けるための

計画的犯行ですね。

組織としてかなりの売り上げもあったのかと思います。

3人は容疑に関して否認を明らかにしていませんが

叩けば埃(余罪)が沢山出てくると思います。

また、窃盗実行犯のことから

組織では下っ端か枝分かれの下部組織の可能性も

考えられ上部には暴力団も関わっている可能性も

考えられることから黙秘をする可能性があるかもしれません。

愛知県だけでも去年の1

1年間で約700件のナンバープレート窃盗被害が

あったことから組織的に計画や月目標などもあったかと思われます。

また窃盗車両に窃盗ナンバープレートを入れ替えるだけで

2台の車や廃車になった車に取り付けるなど

使い道は多数に渡るので犯行用で運用されてもおかしくはないかと思われます。

かなり大きい組織でないとこのような犯行は不可能かと思われます。

更に車買取等の中古販売車も絡んでいないと

計画できない犯行かと…。

このご時世、監視カメラが常設されている中で

大胆な犯行かつ慣れた手つきだったのでしょう。

この3人を逮捕しても組織そのものを

壊滅しないと窃盗件数は減らないと思ます。

替えはいくらでもいる状態になっているかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前:木村将太朗

年齢:31

職業:無職(窃盗組織)

罪名:窃盗の疑い

他2名に関しては情報が入り次第

更新します。

 

 

 

スポンサーリンク


容疑者の写真

横顔しかありませんが横顔からも

半グレ感が出ていますね。

普段の行動は人相にもでるとはこういう事ですね。


過去にも逮捕経歴が!

今回の木村将太朗容疑者ですが

過去にも逮捕経歴があります。

2019年にブラジル人5人が

名古屋市中区の病院で現金約338万を

窃盗した容疑で逮捕された事件に関して

容疑者は犯行の指示を出したとして主犯格で

情報提供をした疑いで逮捕されています。

事件の詳細に関してはこちらに

掲載されているのでぜひ見てください

https://mikobito.com/nagoyasi_kimurasyotaro/

 

 

 

スポンサーリンク


Facebook特定

容疑者と思われるFacebookを探しましたが

同姓同名者が多数いたので

容疑者と確定次第、掲載させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

窃盗による刑罰

刑法235条 窃盗罪
「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」

窃盗罪は、財物に対する他人の占有(事実上の支配)を排除し、自己又は第三者の占有に移した場合に成立します。要は、勝手に他人の占有物をとった場合には窃盗罪になります。

ひとくちに「窃盗」と言っても、いろいろな態様があります。空き巣やスリ、ひったくり、下着・自転車泥棒、車上荒らしなども窃盗にあたります。

「万引き」も言葉は軽く聞こえるかもしれませんが、これも立派な窃盗罪です。法定刑を見れば分かるように、窃盗罪には懲役刑があります。窃盗罪を犯した者には厳しい刑罰が科される可能性があります。

なお、窃盗罪の時効は7年となっています。

https://izumi-keiji.jp/column/zaisan/manbiki-ryokei#i

今回の事件に関しては余罪や過去に逮捕歴もあることから

実刑は免れないでしょう。

しかし、刑期を終えて出所したとしても

また犯罪を犯す可能性が高いと考えられます。

ことわざでも二度あることは三度あると言いますしね…。

容疑者も捕まる覚悟で犯罪を犯していたのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

SNS上での声

3年位前に自分の車もナンバープレート盗まれたことがある。本当に面倒だからやめてほしい。陸運局まで行って受付も発行も時間かかるし最悪だった。
その時の警察によると、0とか・とか8とか汎用性の高いものが狙われて、加工されて窃盗団の盗難車両とかに使われるって言ってた。外国人が多いらしい。

最近は「人は見かけによらない・・」が死語となり、
犯罪者は「いかにもやりそうな輩だ。人は見た目が8割」位になってる気がする。
頭が悪いとしか言いようが無い犯罪に限れば10割かも。

根本的な原因で教育の格差や貧富の格差が凄い勢いで広がってるんじゃないだろうか。

車のナンバープレート盗んだことも重罪だがその先にもっと大きな犯罪が隠れている。

世の中には一般の人が理解できないほどの賢くない人が一定数いることを認め、罰則をもっと厳しくするべきだ。

残念なことは、罰則を厳しくしても賢くない者は賢くないのでなぜ罰を受けているのか理解できないこと。

でも野放しにしてはいけないと思う。

空き巣をする際、捜査を錯乱させるための行為でしょうが、逮捕されてよかった。余罪も追及解明して欲しいですね。

2人以上で同一の犯罪をした場合は、組織犯罪法を作って通常の倍以上の刑にするようにしてほしい。窃盗であれ詐欺であれすべての犯罪に適用すればいい。

ナンバープレートのような二次窃盗のための窃盗は
通常の1.5倍増しにしてほしい。
窃盗団、予備軍は軽い罰ではいけない

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)