岸原功典の顔!facebook!商店街に突っ込んだ?日常的にシンナー吸引?

兵庫県で、シンナーを吸って正常な運転が困難だっとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で、岸原功典容疑者が逮捕されました。

今回は、岸原功典容疑者について迫りました!

商店街に突っ込んだ?日常的にシンナー吸引?

スポンサーリンク

事件概要

神戸市灘区の水道筋商店街で10月、乗用車が歩行者の女性(69)をはねて植木などにぶつかった事故があり、兵庫県警灘署は14日、シンナーを吸って正常な運転が困難だったとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で、同区、会社員の男(33)=過失傷害容疑で逮捕=を送検した。同署によると、シンナー吸引に対し危険運転致傷を適用するのは兵庫県内初という。

【写真】「『ドカーン』と音がした後、人が倒れてた」家族乗せ飲酒運転で暴走

 送検容疑は10月25日午前10時ごろ、運転前にシンナーを吸って正常な運転が困難な状態だったにもかかわらず同商店街を走行し、女性に軽傷を負わせた疑い。容疑を認めているという。

 同署によると、男は事故前、商店街近くでシンナーを吸引する姿が目撃されていた。同市東灘区の勤め先に向かう途中だったが、詳しい状況は「覚えてない」と供述しているという。当時、同商店街は歩行者専用の時間帯だった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000018-kobenext-soci

先月、神戸市灘区の商店街のアーケード内で乗用車が歩行者をはねた事故で、シンナーを吸って車を運転し歩行者をはねてけがをさせたとして、33歳の男の会社員が危険運転傷害の疑いで送検されました。

この事故は、先月25日、神戸市灘区水道筋3丁目で歩行者が行き交う商店街のアーケードのなかに乗用車が入り込み、歩いていた69歳の女性をはねて軽いけがをさせたものです。
警察は、運転していた神戸市灘区箕岡通の会社員、岸原功典容疑者(33)をその場で逮捕し、調べていました。
車内から袋などに入ったシンナーが見つかり、その後の調べで、事故の当日、岸原容疑者とみられる男が車の中でシンナーを吸っている様子が複数の人に目撃されていたことが分かりました。
このため、シンナーを吸って正常な運転が困難な状態で車を走らせて歩行者をはね、けがをさせたとして、14日、警察は危険運転傷害の疑いで送検しました。
調べに対し、岸原容疑者は日常的にシンナーを吸引していたと話していますが、「朝、仕事に行くために家を出てからの記憶がなく、事故当時のことは覚えていない」と話しているということです。

出典:https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20191114/2020005475.html

兵庫県で、乗用車が歩行者の女性をはねて植木などにぶつかった事故がありました。

シンナーを吸って正常な運転が困難だったとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で、神戸市灘区箕岡通の岸原功典(33)=過失傷害容疑で逮捕=を送検しました。

兵庫県警灘署によると、シンナー吸引に対し危険運転致傷を適用するのは兵庫県内初という。

皆様いかがでしょうか?

シンナーを吸引して運転していたそうですよ!

シンナーを吸引することも考えられないのですが、運転までするなんて…。

車が商店街に突っ込んだ?調査しました!

スポンサーリンク

商店街に突っ込んだ?

なんと!

この車は神戸市灘区の水道筋商店街のアーケード内に突っ込んだみたいです!

同商店街は歩行者専用の時間帯だったようですね。

たくさんの歩行者が行き交う時間帯であることが予想されます。

たくさんの人を巻き込んだ大事故にならなくて本当によかったです!

スポンサーリンク

日常的にシンナー吸引?

車内から袋などに入ったシンナーが見つかり、その後の調べで、事故の当日、岸原容疑者とみられる男が車の中でシンナーを吸っている様子が複数の人に目撃されていたことが分かりました。

調べに対し、岸原容疑者は日常的にシンナーを吸引していたと話していますが、「朝、仕事に行くために家を出てからの記憶がなく、事故当時のことは覚えていない」と話しているということです。

出典:https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20191114/2020005475.html

運転する際にもシンナーを吸引していたようですね!

しかも、日常的に吸引していた常習犯です!

危険極まりない行動ですね。

しっかりと反省し、更生していただきたいです。

次は、シンナーの依存について調査してみました。

スポンサーリンク

シンナーの依存について

長文になるので、一部のみ抜粋致します。

薬物依存症とは、一般的に次のような状態のことです。

  • その薬物を使用したいという抑えがたい欲求がある
  • いつ使用するか、どの程度使用するかなどのコントロールがきかない
  • 薬物によっては、使用をやめたり量を減らしたりすると身体的な離脱症状が出現する
  • 多くの薬物は、使用を続けるうちに耐性が生じ、量を増やさないと同じ効果が得られなくなる
  • その薬物を使用することが、生活上の他のことより優先することになる
  • その薬物を使用することで自分にとって有害な結果が起きていても、使用をやめることができない

どの薬物の依存症でも、依存に陥るプロセスはアルコール依存症の場合とほぼ共通ですが、薬物が「気分を変化させる」という面からあらためて説明しておきます。

ふつうの気分→多幸状態→ふつうの気分

薬物を使うことで、その人がもともと感じていた「ふつうの気分」を抜け出して、ハイになるなどの「多幸状態」を体験します。

効果が切れれば再び「ふつうの気分」に戻ります。

落ち込み状態→多幸状態→落ち込み状態

使用が習慣化するにつれ耐性が生じ、「多幸状態」になるための使用量が増えていきます。

この頃になると薬物なしでは「ふつうの状態」でもいられず、不安・イライラ・抑うつなど「落ち込み状態」を経験します。

そのため、どうやって薬物を手に入れ、使用するかということにとらわれるようになります。

こうして落ち込みと多幸との間を行きつ戻りつする生活になります。

ひどい落ち込み状態→ふつうの気分→ひどい落ち込み状態

さらに状態が進行すると、ハイな気分を味わうことは少なくなり、薬物の使用によってやっと「ふつうの気分」が維持できます。

薬物がないとひどい「落ち込み状態」に悩まされるだけでなく、薬物の種類によっては全身の震えや発汗・幻覚・嘔吐などさまざまな離脱症状が出現するため、もはや薬物なしの生活は考えられない状態となります。

出典:http://www.fujimoto.or.jp/home-medicine/phychiatry/p_1/p_4.php

今回のケースにおいて、岸原功典容疑者はどうだったのでしょうか?

恐らく、日常的に吸引していたようなので、一番末期の状態である

ひどい落ち込み状態→ふつうの気分→ひどい落ち込み状態

に該当するのではないでしょうか?

シンナー無しでの生活は難しかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

岸原功典のプロフィール

氏名:岸原功典

年齢:33歳

職業:会社員

在住:神戸市灘区箕岡通

出身:不明

罪名:過失傷害容疑

容疑について:認めている

より具体的なプロフィールが分かり次第、更新させていただきますので、もう少々お待ちください。

スポンサーリンク

顔画像

こちらの方で顔写真やそれに準ずる写真に関して、独自に調査させていただきました。

しかしながら、今現在、どのメディアも報じておらず、発見できなかったため、発見次第更新させていただきます。

スポンサーリンク

みんなの反応

こちらの方で、ツイッター上で事件名などで検索してみたりしたのですが、まだみんなの反応はありませんでした。

今後、ツイッター上で反応があった際には、追ってお知らせしたいと思います。

もう少々お待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする