北薗新光選手が選手村で負傷!自動運転車は止まらなかった?試合は出場はできる?


東京都中央区の東京パラリンピック選手村で26日、柔道(視覚障害)男子81キロ級の北薗(きたぞの)新光選手(30)と自動運転の大型電気自動車が接触する事故があったとのニュースが入ってきました。

 

北薗選手は3大会連続でパラリンピックに出場していて東京大会では28日午前、日本武道館での試合に臨む予定でした。

怪我はどのくらいなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

東京都中央区の東京パラリンピック選手村で26日、柔道(視覚障害)男子81キロ級の北薗(きたぞの)新光選手(30)と自動運転の大型電気自動車が接触する事故があったことが警視庁への取材で分かった。

北薗選手は頭と両足を打ち、約2週間のけがを負ったという。

 同庁によると、26日午後2時ごろ、居住棟と食事を提供するメインダイニングをつなぐ横断歩道を渡っていた北薗選手に、右折してきた大型電気自動車「eパレット(e―Palette)」が接触した。

北薗選手は選手村の診療所で治療を受けたという。

 eパレットはトヨタ自動車が開発した電気自動車。選手が村内を移動する際に使われ、自動運転で運行している。

当時は、車内にオペレーター2人と乗客5人がいたが、いずれもけがはなかった。

 横断歩道には交通整理の警備員もいたが、同庁の調べに対し、オペレーターや警備員は「人がいることには気づいていたが、(バスが来たことを認識して)横断をやめるだろうと思った」と説明しているという。

 北薗選手は3大会連続でパラリンピックに出場している。東京大会では28日午前、日本武道館での試合に臨む予定。大会組織委員会は27日の取材に「事実関係を調査中」としている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

8月26日午後、中央区晴海のパラリンピック選手村で、巡回バスが交差点を曲がろうとしたところ、横断歩道をわたっていた柔道男子日本代表の北薗新光選手と接触する事故がありました。

 

北薗選手には視覚障害があり、接触した際に転倒し、頭などに全治2週間のケガをしたということです。

 

バスは選手村の中を自動運転で巡回しているもので、当時はオペレーターが2人乗っていましたが、「選手に気付くのが遅れた」などと話しているということです。

オペレーターが2人乗っていたにもかかわらず、気付くことに遅れてしまったのが今回の事故の要因かと思われます。

自動運転を過信しすぎたことがよくなかったのかもしれませんね。

 

北薗選手は28日に行われる男子81キロ級に出場することになっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 


北薗新光選手のプロフィール

 

北薗新光選手のプロフィールです。

生年月日:1991/02/17
性別:男
身長/体重:169cm/76kg
所属:アルケア
学歴:京産大
出身地:兵庫
出場予定種目:柔道男子81キロ級(視覚障害)
パラリンピック代表歴:16年リオパラ出場

 

5歳で柔道を始め強豪高校で鍛えた。視力が落ち大学からパラ柔道に転向し2年後に出場したロンドンパラリンピックで100キロ級7位。持ち味の攻撃的柔道を生かすため階級を下げ、リオデジャネイロ大会では73キロ級で5位。東京に向けては81キロ級と階級変更を繰り返し3大会連続の代表。

3大会連続で代表入りをしている選手です。今回はメダル獲得に向けて階級を下げての出場ということですが、試合直前に選手村での事故で全治2週間の負傷になってしまいました。

 

今の所、8月28日午前の81キロ級にウクライナのドミトロ・ソロベイ選手と試合をすることになっています。

頭を打っているとのことで怪我が心配ですが、出場するのであればメダルを目指して頑張ってもらいたいですね。

 

追記:28日の試合は欠場することが発表されました。パラリンピックのために、練習等調整していたと思うので非常に残念ですね。

スポンサーリンク

 

 


自動運転車は止まらなかった?

 

 

今回北薗選手と接触したのは、トヨタ自動車が開発した『eパレット』という電気自動車です。

 

歩行者を見つけると自動で停止することや、カーブでは減速したりと自動運転ですがしっかり止まっていることがこの動画では分かります。

 

今回は横断歩道を渡っている北薗選手に右折してきたeパレットが接触したということです。

 

オペレーターや警備員は「人がいることには気づいていたが、(バスが来たことを認識して)横断をやめるだろうと思った」と説明しているとのことですが、人側が止めることを前提としているところがパラリンピックの選手村で走る自動運転車にしては認識が甘いのではないかと思われます。

 

パラリンピックでは今回負傷した北薗選手のように視覚障害をもった選手もたくさんいます。

 

そんな中での今回の事故は、再発防止を必ずしてもらいたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 


世間の声

全治2週間のケガで、試合出場できるのでしょうか。

きっとこれまでパラリンピック目指して努力重ねてこられただろうに、まさか選手村内でこんな事故に遭われるとはショックも大きいと思います。

オペレーターも自動運転を過信してしまったのでしょうね。
自動ブレーキ装置の性能含めて自動運転の技術はまだ市中で自由に走行できるほどではないのですね。

 

豊田社長が事故だけは起こすな、他は何があってもいい、危ないときは躊躇わずに緊急ストップ押せと言ってたのに、、、最悪のことが起きてしまった

 

突然路上に飛び出して来たならともかく、
横断歩道を渡っていた人をはねてしまうような自動運転って、
ちょっといかがなものかと思います。

 

明日試合なんですよね。5年間準備に準備を重ねてきた。とんでもない事です。

 

運転手が2人もいて気が付かないなんてあり得ないです。自動運転だからと過信していたんでは無いのか。もう一つは、将来的には自動運転は運転手はいないのが普通になるのに、車の前を人がいたのにセンサーが働かなかった事に疑問を感じます。何の為の自動運転なのか!!

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)