木崎喬滋が不起訴処分!理由はなぜ?フロントガラス事件の真相を追究!

先月、10月16日に木崎喬滋容疑者が愛知県豊明市で女性が運転する車のフロントガラスを叩き割るという事件でありましたが、11月7日不起訴処分になりました。

いったいなぜ、不起訴処分になったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

木崎喬滋のフロントガラス事件の概要

10月16日に愛知県豊明市で女性が運転する車のフロントガラスを叩き割るという事件がありましたが、あれから1ヵ月経ちました。

フロントガラス叩き割りのニュースを振り返ってみたいと思います。

出典:https://www.youtube.com/

出典:Twitter

スポンサーリンク

不起訴処分になった!

先月あった事件ですが不起訴処分となりました。

愛知・豊明市で、車のフロントガラスをたたき割るなどしたとして逮捕された男性について、名古屋地検は不起訴処分とした。

豊明市の無職の28歳の男性は、10月16日、面識のない女性(51)が運転する車のフロントガラスをたたき割るなどした、器物損壊の疑いで逮捕されていた。

名古屋地検は男性を不起訴処分としたが、理由を明らかにしていない。
(東海テレビ)

引用:https://www.fnn.jp/

いったいなぜ不起訴処分になったのでしょうか。

名古屋地検は不起訴の理由を公表していません。

そもそも不起訴処分って何でしょうか?

不起訴とは、警察官が容疑者を起訴しないという決定で、不起訴処分となると容疑者は刑事裁判にかけられることがないそうです。

ということで、それまで勾留されていた木崎容疑者は、身柄を解放され、有罪となる可能性もなくなり、晴れて無罪放免となりました。

それでは、なぜ不起訴になったのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ不起訴処分になった?

出典:https://www.youtube.com/

この動画を見る限りやばいでしょう。

なぜ不起訴にしたのでしょうか。

  1. 事件自体が軽い器物破損程度だからそれほど罪にはならない?
  2. 示談交渉?
  3. 精神疾患が認められる?

この3つから考えられます。

スポンサーリンク

示談交渉?

どれも当てはまりそうですが、「2番目の示談交渉?」は、いわゆるお金で解決したのでしょうか。

もしかしたら、家が金持ちで被害者に慰謝料も含めて示談が成立したからかもしれません。

父親が上級国民ではないのかという噂もあります。

家が金持ちで木崎容疑者は働く必要がなかったと、推測もできますが。

実際は、父親がどのような職業なのか分かっていません。

事件じたいは、十分な証拠はありますが、軽微な犯行で軽い器物破損程度だから、それほど罪にならないとか、お金で被害者が許している場合もありますね。

スポンサーリンク

精神疾患?

精神障害による不起訴処分も考えられます。

明かな精神障害だと無罪になる場合があります。

木崎容疑者がやらかした犯行が明らかに精神的な異常と判断された場合、責任能力がないとされたら不起訴処分になるかもしれないです。

精神障害=無罪

精神障害が疑われる場合は、精神鑑定が行われ鑑定結果を受けて、犯行時の被告者が「心神喪失」(読み:しんしんそうしつ)であったと認定されると、不起訴処分になるか、無罪などが確定されるといった情報があります。

精神の障害により,是非善悪を弁別し,またはその弁別に従って行動する能力を欠く状態。刑法 39条1項により,責任無能力者として処罰されない。ただし精神保健法に基づき精神病院への入院の措置がとられることがある。このような精神の障害は,継続的,病的なものに基づく場合,たとえば精神病,知的障害などのほか,精神の一時的異常に基づく場合として泥酔,催眠状態などがある。

参考:心神喪失|コトバンク

その後、設置入院や医療観察法の申し立てにより、精神科の非自発的な医療が開始されます。

この件に関しては、重大な犯罪があったとしても心神喪失罪の理由で罪が軽くなる、無罪になるということです。

もし障害を持っていた場合は仕方ないということになるんでしょうか。でも他人への危害を加える可能性があるならば、それを未然に防ぐ対策や対応をとってほしいですね。

被害に遭われた方は、恐怖で怖かったでしょうから。

スポンサーリンク

なぜ不起訴の理由を明かさない?

不起訴の種類について

不起訴処分はその理由に応じて、

  • 嫌疑なし
  • 嫌疑不十分
  • 起訴猶予

の3つに大きく分類することができます。

嫌疑なし

「嫌疑なし」とは、慎重な捜査を続けた結果として、被疑者に対する犯罪の疑いが晴れたという場合です。

嫌疑不十分

「嫌疑不十分」とは、捜査を続けた結果、被疑者に対する犯罪の疑いが完全に晴れることはないものの、裁判において「有罪である」という証明をするのが困難であると判断された場合です。

起訴猶予

「起訴猶予」とは、起訴すれば有罪である可能性はあるものの、

  • 犯罪が軽微であること
  • 被疑者が反省していること
  • 被害者と示談により和解済みであること

などを理由に、不起訴処分という決定がなされる場合です。

考えられるのは起訴猶予でしょう。

■不起訴理由について

法律上、検察官は、告訴、告発または請求があった事件について公訴を提起しない処分をした場合において、告訴人らの請求があるときは、速やかにその理由を告げなければならないとしています。

これは、告訴人等の利害関係人に不起訴処分の理由を知らせるものです。

しかし、検察官は、これら以外の者に対して不起訴処分の理由を知らせる必要はありません。

むしろ、不起訴理由が記載された不起訴裁定書・不起訴記録については、被疑者その他関係者の名誉の保護などの見地から閲覧させるべきではないとされています。

参考:不起訴理由について|シェアしたくなる法律相談所

つまり他の人に理由を告げる必要がないということ。

被害者やその関係者のみ理由を開示することができるということ。

スポンサーリンク

みんなの声

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする