小塚正史の顔やFacebook!「隠したいひき逃げの理由」勤務先の会社は?名古屋港区の男子高校生事故

9月9日の夕方、名古屋市で起きた男子高校生ひき逃げ事故で、小塚正史容疑者(53)が逮捕されました。

容疑者について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

名古屋市港区で自転車の男子高校生を車ではねて重傷を負わせたうえ、そのまま逃げたとして、53歳の会社員の男が逮捕されました。  逮捕されたのは、名古屋市港区に住む会社員・小塚正史容疑者(53)で、9月9日の夕方、港区当知3丁目の交差点を左折する際に、自転車に乗って横断歩道を渡っていた15歳の男子高校生をはねて大ケガをさせたうえ、そのまま逃げた疑いが持たれています。  男子高校生は、はねられた際に転倒して顏を打ち、歯を折るなどの重傷を負いました。  現場は信号のないT字路で、調べに対して小塚容疑者は「何かにぶつかったことは認めますが、自転車だとはわかりませんでした」と容疑を否認していて、警察は経緯などを詳しく調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

9/9に愛知県名古屋市で男子高校生が

ひき逃げされる事件がありました。

 

この事故で男子高校生は

歯を折るなど大けがを負っています。

 

そして運転手ですが、

特定されて逮捕されました。

小塚正史容疑者(53)です。

 

 

しかし、ぶつかったのは認めているものの

自転車とは思わなかったと

容疑を否認しているようです。

 

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 小塚正史のプロフィール!顔画像

 

 

名前:小塚正史

年齢:53歳

住所:愛知県名古屋市港区

職業:会社員

容疑:ひき逃げ

 

顔画像は報道で公開されていません。

顔がわかり次第、こちらにも記載いたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 小塚正史のFacebook

 

容疑者のFacebookについて調べてみました。

 

「小塚正史」と調べても

検索結果には1件も表示されなかったので

容疑者はFacebookを利用していなかったのかもしれません。

 

 

しかし、世の中にはかなりSNSが普及していますから

何かしらのSNS」は使っていたかもしれません。

 

何か情報が入りましたら

こちらで共有していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 勤務先の会社はどこ?

 

容疑者は会社員と判明しています。

 

しかし、詳しい職種などはわからず

手掛かりがない状況です。

 

 

事故を起こしてしまったなら

救護をちゃんとして適切な対処をしていれば

ここまでの逮捕騒ぎにはならなかったはずなのに、

ひき逃げ犯となってしまっては

今後、会社に所属し続けるのは難しいのではないでしょうか。

 

 

勤務先に関して何かわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ひき逃げの理由は?

 

 

容疑者は「何かにぶつかったことは認めますが、

自転車だとはわかりませんでした」

と容疑を否認しています。

 

なぜぶつかったことを自覚していて

確認をしなかったのでしょうか?

 

自転車に接触ともなれば

結構な衝撃があるはずです。

 

何か逃げなければならない理由が

他にあったのではないかと思ってしまいます。

 

例えば、飲酒運転を隠したかったなどですね。

このあたりは今後、警察のほうで

調査がすすめられることでしょう。

 

 

詳細がわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

今回の話は置いておいて、自転車は車にぶつかっても、ぶつかられても大けがをするのは自分なのでほんとに気をつけて走るのが身のためです。 車は逆に軽くこすっただけでも自転車の人に大怪我をさせてしまうので、初心に帰って目視確認まで丁寧にやったほうがいいです。 どちら側でも相手が止まるだろうで考えていると事故が起きます。どんな軽い事故でも逃げずにしっかり救護して警察に通報しましょう。

 

「歩道を走行する自転車側が悪い(責任がある)と言っているコメントを見受けますが、現地の歩道は民地側が歩行者用で車道側には青線が引いてあり自転車走行可となっています。確認してからコメントしましょう。一方的に自転車を目の敵にするはどうか思いますが・・・。 もちろん自動車運転者の「自転車とは思わなかった」などの言い訳は論外です。

 

左折しているところに猛スピードの自転車がぶつかってきた可能性もあるだろうけど、逃げたら終わりだからなぁ。 そんな大怪我するくらいだから、気が付かない訳が無いだろうし。 ほんと、自動ブレーキなどより、ドラレコを必須にして、事故の状況が分かるようにしないと駄目だな。

 

普通、「何かにぶつかって」自動車のことが気にならん奴はいない。 近くに止めて、自動車を確認するはず。 『そのまま逃走』したということは、 人とぶつかったことが確実だから、その場から逃走が最優先だったのだろう。

 

自転車にぶつかったら室内では相当大きな音で気づきますよ。仮に何にぶつかったか分からなくても止まって確認するだろうよ。明らかに意図的に逃走です。厳罰に処してください。

 

>「何かにぶつかったことは認めますが、自転車だとはわかりませんでした」 定番の言い訳。 普通はぶつかったらそれが何だったか、ミラーや目視で確認し、車を止めて傷などを確認します。

 

何かにぶつかった認識があるのなら 運転者としてまず確認でしょ。 例え急いでいたとしても 確認するのが免許保持者の義務。 どうせ知らなかった振りをして このまま逃げられたらラッキーと 思って逃げたんでしょ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)