小池香保里の顔画像,facebook!下校中の西野耕世くんを轢き死なせる!【金沢市】


金沢市内の交差点で下校中の小学生が事故に巻き込まれ、死亡するという凄惨な事故がありました。

この事故を起こした車を運転していた金沢市野田に住む小池香保里容疑者が逮捕されました。

この女性の名前やSNSを追っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 事故の状況

28日午後、石川県金沢市内で、横断歩道を渡っていた小学生の男の子が車にはねられ、死亡した。

現場は金沢市田上本町4丁目の県道で、警察によると、午後3時半過ぎ、交差点を右折してきた乗用車が、横断歩道を歩いて渡っていた男の子をはねた。

はねられたのは金沢市朝霧台の小学3年生の男の子で、頭を強く打ち、病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。

警察は車を運転していた金沢市野田の無職の女(31)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。

調べに対し、容疑を認めていて、警察は今後過失運転致死に容疑を切り替え、詳しい原因を調べる方針だ。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

痛ましい事故ですね、

 

右折時に事故を起こしたという事は、歩行者の確認が十分に出来ていなかったためでしょう。

 

事故当時注意力が散漫だったのでしょうか、

 

未来ある若い命を奪ってしまった事は大いに反省すべき事ですね。

 

亡くなられた小学生の児童のご冥福をお祈りします。

 

 

スポンサーリンク

 


 事故現場は?

事故の現場となったのは、石川県金沢市田上本町北交差点です。

 

それなりに大きい交差点で、交通量もありそうですね、

 

この交差点で右折する際に事故が起きてしまいました。

 

しっかりと歩行者や向かいから来る車をみて余裕を持った運転をしていれば、事故は起きなかったでしょう、

 

轢いてしまったあと、すぐに通報し病院に連れて行ったのは、まだ許せる所ですが、それでも間に合わなかったということは、ほぼ即死状態だったのでしょう。

 

小学生とはいえ、交差点で右折する際の速度は徐行であるはずですから、速度を上げ過ぎていたことは考えられますね、

 

 

スポンサーリンク

 


 小池容疑者のプロフィール

名前:小池香保里

 

年齢:31歳

 

職業:無職

 

住所:石川県金沢市野田

 

逮捕容疑:過失運転致死傷

 

 

31歳で無職という事は専業主婦などでしょうか、

 

この後、賠償金を多額に払わなければならないでしょうから、どのように工面するのでしょうね、

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

歩行者いるのに横断歩道で止まらない奴多いからな

歩行者優先って事をまず知らない奴が多い
横断歩道に歩行者いたら止まらないといけないって事を知らない奴がまた多い

ただでさえ平日の昼〜夕方なんて下校&遊びに出る子供たちが増えるんだから、特に住宅街はより一層慎重に運転するようにしてる。
それを信号があって横断歩道があるところで轢かれるなんて。いたたまれない。

幼稚園、保育園、小学校で何度も「横断歩道を渡りましょう」と教えられます。ちゃんとそれを守っていたのに悲惨な事故にあってしまうのは本当にいたたまれません。交通事故はいつ自分が被害者にも加害者にもなるかもしれません。慣れた道、慣れた運転でも常に緊張感を失わずにハンドルを握りましょう。

パート先から車で帰宅途中に小学生の下校と
重なり、信号で停まると渡っている小学生を
眺めながら、
「無事にお家に帰るんだよ…」
と毎回心で言っている。
「ただいま!」
と帰宅する子供を親は待っていますから。

子供の交通事故をニュースで見る度に、
ご家族の事を考えると本当に苦しくなる。

信号のある交差点で横断歩道側は青信号で歩いて渡っていたと思われます、よく通勤・帰宅途中でいまだにスマホいじりながら運転してるドライバーよく見かけます!今回のばあいもスマホいじりながら数メートル先で信号見た時は青でスマホ操作してる間に赤信号に変わってたことに気づかずそのまま走行してて人を轢いた音がするまで前方は見てなかったと思われます。

このような事故のニュースを聞くと、免許とりたての我が子が気になる。
我が子だけが亡くなるだけなら、親、親族が悲しむだけだが、被害者がいると謝罪だけではすまない。
本当に悲しい事故です。

まず、被害者も加害者も、私は批判する気も擁護する気もありません。
言いたいのは、事故になれば、怪我をするのは弱い方なんです。
つまり車両対歩行者なら、確実に歩行者になります。 どちらが悪いというのと関係なく、結局のところ「自分の身は自分で守るしかない」のです。
 
「右を見て、左を見て、手を上げて、横断歩道を渡りましょう」

自分が子供のころ、こう教わりました。 横断歩道は、絶対的な安全地帯ではありません。 横断歩道と言えど、渡り出す前に、左右の安全確認をするべきです。
そして、目立つように手を上げて、渡る意思表示をしながら。

横断歩道に「飛び出す」「直角ターン」「踵を返してUターン」こういう動作は極めて危険であり、車やバイクが注意していても事故になることがあります。
また、右左折の車両は、青信号の横断歩道上にも進入してくるってことを、歩行者は、もっと意識するべきです。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)