【炎上】恋山形駅ホームで撮影のモデルと芸能プロダクション代表A氏は誰で特定は?名前や顔画像

智頭急行智頭線・恋山形駅でのモデルの撮影行為が問題視され、炎上しています。

この件についてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

恋山形駅で撮影された1枚の写真が

話題になっています。

 

 

 

問題視されているのはホームに座り

線路側に足を出す行為です。

 

芸能プロダクションの代表によると

・カメラマンの指示で座った

・線路には立ち入っていない

・時刻表は確認していた

とのことです。

 

鉄道会社の見解は、この行為を問題だと感じているようです。

 

また、芸能プロダクションからの

事前の撮影依頼はなかったそうです。

 

事前に依頼していれば

社員付き添いの元でホームでの撮影を

許可する可能性があるそうです。

 

芸能プロダクションの代表は

時刻表を確認していたといいますが

鉄道会社側は時刻表は万能ではないといっていますし、

臨時列車等があったかもしれません。

 

今回は事故なく撮影を終えたようですが

事前に撮影許可を取るべきでしたね。

 

また大きく炎上しているのは

写真に対してコメントした方に対して

芸能プロダクションの代表が

攻撃的な返答をしていることも要因の一つのようです。

 

 

登場人物を全員調査してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

恋山形駅の写真に写っていたモデルは誰?

 

写真に写っていたモデルは下山月(るな)さんです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

下山 月.*·̩͙(@vegario_luna)がシェアした投稿

 

 

全員中学生のダンスボーカルガールズユニット

VEGARIO〈ベガリオ〉というグループに

所属しているようです。

 

今回、炎上してしまいましたが

カメラマンからの指示に従っただけで

るなさんがすすんで

ホームに座ったわけではないようです。

 

相手は中学生の子供ですし、誹謗中傷は控えましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

芸能プロダクション代表(社長)A氏は誰?

 

芸能プロダクションの代表A氏は山本咲香さんです。

株式会社ステライル 代表取締役と

モデル・芸能事務所ハイブリッドバンクウエストの

代表者を務めています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(山本咲香)(@hbw_sakitty39)がシェアした投稿

 

 

さきほどのるなさんはハイブリッドバンクウエストに所属しているようです。

 

山本咲香さんについてはこちらの記事でまとめています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

撮影したカメラマンも特定か

 

ネットでは撮影をしたと思われる

カメラマンも特定されているようです。

 

実際に投稿にはルナちゃんと恋山形駅で撮影したとあります。

 

 

M郡の橋さんという方で

若い女性を中心に撮影を行っている方のようです。

 

芸能プロダクションの代表によれば

ホームに座ったのは

カメラマンの指示だったとのことですが

今後、この方からのコメントもでてくるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

以前にも某タレント2人が撮影のために線路内に立ち入って往来危険罪に問われた事件がありましたが、この代表はそのことを知らないんでしょうか。短時間だからいいという話ではない。そういうことをSNSで広めると必ず真似をする人間が他にも出てきます。智頭急行の否定的な反応も当然で、この代表はクレームへの初期対応を完全に間違えたと思います。

 

「電車の時間等を確認して(安全だと思って)…」というのはあくまで「客の立場で知りえた情報」から導き出した不確定な安全確認に過ぎない。 そこを通る電車が時刻表に載ってるものだけとは限らない、というのは当然のことながら、それを黙認してしまったらそれこそ「電車が来る1分前でも私は大丈夫だと思った!」なんて輩が出かねない。客の主観で「安全かどうか」を判断されたら困るんですよ。 「線路の上部、ホームの外側部分」は停止している電車に乗る、あるいは電車に乗った状態で通過する以外の状況ではどんな時間であっても進入禁止、事情があって侵入する場合は駅職員の許可を得て立会いの下で。これが鉄則じゃないですかね。

 

列車の乗降以外の目的でプラットホームの警戒線を越えている時点でアウト。 停車中の車両に対する乗降以外の目的で列車と接触する恐れのある空間への立入をする必要がある差違には、鉄道会社であれば線路閉鎖をはじめとした安全策を執る。 事故が無ければオッケーではない。

 

この芸能プロダクションさん、モラルのかけらもない様子です。どう考えても非常識な撮影で、鉄道愛好者からの指摘に対しても小馬鹿にするような対応、全てにおいて間違っていると感じます。撮影さえできれば良い、という道理は通用しないと思います。ここまで騒動になってしまうと「真摯に受け止め…」といったお詫びで済む問題では無いようにも思います。こういった非常識な行為で商用写真として成り立つことは許されませんから、今後はまっとうなプロセスを経て撮られた写真でしか取引しない、といった、毅然としたものであって欲しいです。今回の出来事、不快でしかありません。

 

そもそも鉄道会社の施設内。ホームの黄色い線の内側で待つなんて当たり前のことをせず文句だけは1人前。子供だって今の子はまだ賢い。 何かあったら鉄道会社に管理責任さえ問われる事態。 それぐらいの知識もなく芸能プロダクションを持ってるとは微塵も危機意識のない会社。義務教育からやり直せば?道徳の授業とか必要ないとか騒ぐやつでよくいるタイプ。 先が思いやられる。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)