江南厚生病院の20代女性研修医の名前や顔『ゆるふわ女医』救急車を私的利用か?

愛知県江南市にある江南厚生病院の20代の女性研修医が、

救急車を私的利用したことが報じられました。

女性研修医はプライベートな用事のため救急車を“途中下車”し、帰路を外れて駅に送ってもらっていたようです。

世間からは様々な声が飛び交っていました。

さっそくみていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

 江南厚生病院(愛知県江南市)の20代の女性研修医が、救急車に同乗して患者を別の病院に送り届けた帰りに、プライベートな用事のため救急車を“途中下車”し、帰路を外れて駅に送ってもらっていたことが市消防本部などへの取材で判明した。同本部は「医師から強い要望があり応じたが、救急車はタクシーとは違うので誤った判断だった。申し訳ない」としている。

 

 同本部によると16日午後5時20分ごろ、同病院から患者の病院間搬送の要請が入り、救急隊計3人が出動。患者と女性研修医を救急車に乗せ、愛知医科大病院(長久手市)へ搬送した。

 搬送後の帰路途中だった午後6時40分ごろ、研修医から、名古屋市内の名古屋駅や伏見駅で降ろしてほしい旨の打診が救急隊にあった。救急隊は「困難です」と拒否したが、研修医は「(帰路近くの)藤が丘駅ならばどうか。上長(上司に当たる医師)から許可は得ている」とさらに求めた。病院への帰路から数百メートルしか離れていないこともあり、救急隊は渋々送り届けたという。

 病院側の聞き取りに研修医は、プライベートで友人と食事に行く予定で「救急隊には快諾してもらった」と話しているという。上司に当たる医師は事前に研修医に対し、勤務時間外だったことも考慮し、途中下車について「可能な範囲で途中下車できるかどうか救急隊に聞いてみては」と話したという。

 市消防本部は「私用での途中下車は想定していない」としている。病院の担当者は取材に「問題かどうかは、病院ではなく消防側が判断すること」とした上で「市との見解に食い違いもあり、対応は今後検討したい」と話している。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

江南厚生病院の20代の女性研修医が、プライベートな用事のため救急車を“途中下車”し、

帰路を外れて駅に送ってもらっていたことが判明しました。

 

16日午後5時20分ごろ、同病院から患者の病院間搬送の要請が入り、救急隊計3人が出動しました。

患者と女性研修医を救急車に乗せ、愛知医科大病院(長久手市)へ搬送。  

搬送後の帰路途中だった午後6時40分ごろ、女性研修医から、

「名古屋市内の名古屋駅や伏見駅で降ろしてほしい」

という打診が救急隊にあったそうです。

 

救急隊は「困難です」と拒否しましたが、

研修医は「(帰路近くの)藤が丘駅ならばどうか。上長(上司に当たる医師)から許可は得ている」

とさらに求めたのだとか。

 

病院への帰路から数百メートルしか離れていないこともあり、救急隊は渋々送り届けたそうです。

 

病院側の聞き取りに研修医は、

プライベートで友人と食事に行く予定で「救急隊には快諾してもらった」と話しているといいます。

 

上司に当たる医師は事前に研修医に対し、勤務時間外だったことも考慮し、途中下車について

「可能な範囲で途中下車できるかどうか救急隊に聞いてみては」

と話したそうです。

 

市消防本部は「私用での途中下車は想定していない」としています。

 

これには様々な意見が飛び交っていますので後半でまとめています。

 

※追記

江南厚生病院が今回の件に関してコメントを出しています。

 

当院研修医の救急搬送帰路上の途中降車について

このたびは、当院の救急車利用に関する対応が報道各社にて報道されたことにより、地
域住民の皆様はじめ関係各所の皆さまには多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを
深くお詫び申し上げます。

報道された内容につきまして、院内にて事実確認を行ったところ、12 月 16 日 18 時 40
分ごろ、当院研修医が愛知医科大学病院への患者の救急搬送に同乗し、搬送終了後、救急
車で帰還途中に搬送先病院の最寄り駅である地下鉄藤が丘駅で下車した事実が確認されま
した。

当人としては、あくまで帰還の経路上での降車であり、私的な救急車利用といった認識
は持っておりませんでした。

報道では、降車場所として名古屋駅や伏見駅を指定し打診したとありますが、当人とし
ては当初から帰路上の地下鉄東山線沿線の駅での降車を打診したものであり、帰路車中の
救急隊員との会話の中で、今からの行き先を尋ねられたことに対し「伏見」と答えたもの
です。救急隊に要求したという認識はなく、救急活動に支障のない範囲での対応を打診し、
救急隊と合意のうえでの行動であったとの認識です。

しかしながら、搬送帰路途上の最寄り駅で途中下車したことは事実であり、当院として
は、私的な目的での利用にあたる行動であったと認識しており、このことは深く反省すべ
きと思っております。

今回の件につきましては、救急隊の好意に甘えた不適切な行動であり、病院として深く
お詫びするとともに、今後このようなことが起きないよう職員教育を徹底してまいります。
どうぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

令和 4 年 12 月 22 日

江南厚生病院 病院長 河野 彰夫

引用:https://konankosei.jp/wp/wp-content/uploads/2022/12/20221222.pdf

 

病院内で事実確認を行ったところ、

女性研修医が救急車で帰還途中に搬送先病院の最寄り駅である地下鉄藤が丘駅で下車した事実が確認されたといいます。

 

しかし、あくまで帰還の経路上での降車であり、私的な救急車利用といった認識
は持っていなかったとのことです。

 

報道では、降車場所として名古屋駅や伏見駅を指定し打診した

とありましたが、当初から帰路上の地下鉄東山線沿線の駅での降車を打診していたそうです。

救急隊に要求したという認識はなく、救急活動に支障のない範囲での対応を打診し、

救急隊と合意のうえでの行動であったそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 20代女性研修医の名前や顔

 

 

 

救急車を私的利用したのは、愛知県江南市の『江南厚生病院』に勤務する20代の女性研修医です。

 

江南厚生病院(こうなんこうせいびょういん)

愛知県江南市高屋町大松原137

 

 

報道では実名や顔画像は報道されていません。

 

女性研修医は、プライベートで友人と食事に行く予定だったそうですが、

仕事も大切にしつつプライベートも充実させたい『ゆふるわ女医』だったのでしょうか。

 

ヤフコメにも以下のような書き込みがありました。

「ゆるふわ女医」という単語を聞いたことがあるでしょうか?

夜勤もしないし、大変な仕事はしたくない。 そしてこのツケは全て男性医師がカバーしているのが現状。

半日勤務で月収80万円ほど稼げるので、別に無理する必要は無し。 女医が多数派になった時、日本の医療は崩壊する可能性が高い。

 

 

女性研修医に関して何か情報が入りましたら、追記していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

救急車の利用がこの場合良かったのか悪かったのかは自分としては判断できないが、「医師」という職業は高いモラルが求められてはいると思う。 なんだか一般的なOLかサラリーマンの様な感覚で仕事してるように思える。

 

褒められた行動ではないとは思うけど救急隊も一度断って別の駅に降ろしてるからその駅は帰りのルートの近くにあったんじゃないかと思います。 こんなことせいぜい厳重注意で済ませたら良いのにわざわざ全国ニュースにして部外者がけしからん!医師免許停止にしろ!とか言うようなことじゃないでしょ。

 

 

江南厚生病院はこの研修医になぜ帰りのタクシーチケットを渡さなかったのか。 そういう制度まで把握した上で、研修医を救急車に同乗させるべきだったと思う。

 

 

断固として断らなかった現場の救急隊員も悪いが、それ以上に、救急車を私的に利用する発想を持つ研修医は、もっと非難されるべきだ。

 

 

研修医は患者の搬送に同乗して搬送完了で仕事あがりってことなら、帰り道に駅で降ろしてやるってそんなに悪質なことかねぇ?まぁ救急車は任務完了後、最短ルートで戻り、次の出動に備えるって言われれば、そうかもしれないけど。

 

 

こんな些細な事で批判しなくて良いかと思います。ほんの少しの寄り道が批判の対象になり全く関係の無い人がとやかく言う今の日本はクレイマーばかりです。記事にするような案件では無いかと思います

 

本来は、同乗医師は自力で病院へ戻る。救急車は搬送先から帰署する。 医師を駅まで送るなんて有り得ません。 帰署途中でも要請かかれば救急車は現場に向かわなければならないはずのです。 つまり医師を乗せてる間、救急車1台が潰れてる状況です。

 

大きい病院ならタクシーチケットか領収書で清算できるでしょ。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)