近藤雛瀬の顔やFacebook・インスタ「ハロウィン帰りのコスプレ女子か」アルバイト先は?丸亀市飯山町事故

車ではねた女性をボンネットに乗せて約100メートル走り、そのまま逃げたとして、近藤雛瀬容疑者(22)が逮捕されました。

容疑者について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

31日朝、丸亀市の道路で、

自転車に乗っていた女性を車ではねた後、

そのまま逃げたとして、

近藤雛瀬容疑者(22)が逮捕されました。

 

容疑者は自転車に乗っていた66歳女性をはね、

ボンネットに乗せたまま100メートル走行したようです。

 

 

66歳の女性は骨盤骨折や

外傷性くも膜下出血などの重傷を負っています。

無事に回復すると良いのですが、

年齢的にもリハビリなどとても大変ですよね。

 

事故からおよそ20分後に

親族に連れられ、事故現場に戻ってきたそうです。

 

「人とぶつかったと思っていなかった」と供述している容疑者ですが、

事故車の写真を見ると、それは嘘では?と思ってしまいます。

 

出典:https://newsdig.tbs.co.jp/

 

これだけ派手に車が損傷しているのに、止まらず、

確認をしなかった容疑者は何を考えていたんでしょうか?

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 近藤雛瀬のプロフィール!顔画像

 

名前:近藤雛瀬

年齢:22歳

住所:香川県丸亀市郡家町

職業:アルバイト

容疑:過失運転致傷とひき逃げの疑い

 

 

容疑者の顔画像は報じられていません。

顔が報じられましたら、こちらにも記載いたします。

 

 

容疑者は事故を起こした当時、

ハロウィンのため高松市に出かけており、

その帰りに事故を起こしたそうです。

 

ハロウィンのイベントなどがあったのでしょうか?

わざわざ住まいの市を越えて、

ハロウィンを楽しみに行くくらいですから

パリピな女性なのではないでしょうか?

もしかしたらコスプレなんかもしていたかもしれませんね。

 

 

顔画像の公開が待たれます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 近藤雛瀬のSNS(Facebook・Twitter・インスタグラム)

 

 

容疑者のSNSについて調査してみました。

 

Facebookでは同姓同名アカウントが1件

見つかったものの、

プロフィールなど基本情報の入力がなく、

個人を特定できるようなアカウントではありませんでした。

 

 

Twitterやインスタグラムでは「近藤雛瀬」では

アカウントは見つかりませんでした。

 

22歳ですし、SNS利用の可能性は高いと思います。

おそらく本名以外の名前で利用しているのではないでしょうか?

 

 

何か情報をつかめましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 アルバイト先はどこ?

 

 

容疑者はアルバイト勤務をしているようです。

 

しかし、職種など明かされていないため

現時点での特定は難しい状況となっています。

新しい容疑者の情報などでましたら

再度調査を行っていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ひき逃げの動機は?

 

 

容疑者はなぜ事故を起こして逃げてしまったのでしょうか?

 

 

驚きなのが、女性をはねて車のボンネットに乗せたまま

100メートルも走行したという点です。

 

「人とぶつかったとは思っていなかった」と

話しているようですが、

ボンネットに人が乗っていて気づかないなんて

ありえないと思います。

 

否認すれば罪が軽くなると思っているのでしょうか?

 

正常な判断ができていないので

飲酒運転の可能性は?と思いましたが

特に飲酒運転だったというような報道はありませんでした。

 

 

今後の供述に注目です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

もうこういう言い訳するやつは、強制的に免許剥奪で今後絶対取得できなくすればいい。 もしそれで無免許でまた捕まったら、厳しく裁いたらいい。 運転中は小石が当たっただけで、かなり大きな音で違和感を感じるのに、人轢いて気づかないなんて言い訳が通じるはずがない。 本当に車にかかる法改正はすぐにでも実施するべきだと思う。

 

ボンネットに人が乗っていたことに気付かないのであれば、状況認知、判断能力の欠格で、免許取得資格は無いと判断するべき。 ドライバーとしての資質に問題があり、一生免許は与えられない。 高齢者やあおり運転も社会問題となり、犠牲者を減らすためにも、運転者資質管理を厳しく免許制度も見直し、免許剥奪も考えるべき。

 

前提として、性善説は現実的には不合理であり通用しないと考えている。 人撥ねといてシラを切るとか最低だが、正直者が損をするルールなんだから仕方ない。 ワンチャン罪が軽くなるなら、ダメ元で吹くのは合理的ですらある。 気付かなかった場合は罪が軽くなるのは事実だからな。 だからこそ、嘘だと認められた場合は後悔するくらい徹底的に罪を加算すればいい。

 

被害者の女性はくも膜下出血を起こしているので、その後認知症を発症したら因果関係が難しくなるのでは。 加害者も保身ばかり考えないで、被害者の事の重大性を考えて欲しい。

 

殺人未遂事件として処理して貰いたい、と思うのは私だけでしょうか。人とは思わずとも、何かにあたれば直ちに停止し確認するのが運連している者として当然の行為じゃあないのか。況してや、相手が人なら相当の衝撃で分るのが当然の軽四じゃあないか。人をはねて逃げた行為で殺人未遂として、刑務所で徹底的に頭を冷やせ。やり直せる人生は未だ十分有る。

 

自分も車を運転しますが、人にぶつけてしかもボンネットに乗せて気付かないなんて事はないと思います。徐行運転で車の角っこを柱や路側帯なんかににぶつけただけでも、ものすごい音と衝撃があります。なので、「人とぶつかったと思わず」なんて、そんな事あるの!?って感じです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)