小関彩乃の顔やfacebook・インスタ!知られたくない妊娠だった…JR千歳駅コインロッカー赤ちゃん放置事件

小関彩乃

千歳市のJR千歳駅のコインロッカーの中に、生後間もない赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いで、

無職の小関彩乃容疑者(22)が逮捕されました。

 

小関容疑者は「コインロッカーに入れたのは私です」と容疑を認めています。

 

 

小関彩乃容疑者や事件について、まとめました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

北海道千歳市のJR千歳駅のコインロッカーで生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察は6月10日、死体遺棄の疑いで22歳の女を逮捕しました。

 逮捕されたのは、住所不定の無職、小関彩乃容疑者(22)です。

 警察によりますと、小関容疑者は5月31日ごろ、JR千歳駅のコインロッカーに赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いです。

 6月9日、警察が札幌市内で小関容疑者を発見し、10日早朝に逮捕したということです。

 この事件は6月7日午前、JR千歳駅のコインロッカーからクーラーボックスの中に入った生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかったものです。

  調べに対し、小関容疑者は容疑を認めているということです。

 司法解剖の結果、赤ちゃんは男の子でへその緒がついていて、死後1週間以上1ヶ月以内とみられる事が分かっています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

5月7日、JR千歳駅のコインロッカーで赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、

住所不定・無職の小関彩乃(こせき・あやの)容疑者22歳が逮捕されました。

 

小関容疑者は5月31日ごろ、JR千歳駅のコインロッカーに、

クーラーボックスに入れた赤ちゃんの遺体を放置しました。

 

 

司法解剖の結果、へその緒がついたままの男の子で、

胎内に9か月から10か月ほどいたとみられているようです。

発見時、死後1週間から1か月ほど経っており、死因は判別できていません。

 

警察によると赤ちゃんは死産か、赤ちゃんが産まれてすぐ死亡した可能性もあるということです。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

防犯カメラの映像や聞き込みなどから小関容疑者を割り出し、

逮捕に至りました。

 

小関容疑者は「コインロッカーに入れたのは私です」と容疑を認めています。

 

生後間もない赤ちゃんを放置、遺棄したというニュースが絶えませんね…

なぜこんなことになってしまったのでしょうか。

 

小関容疑者についてみてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 小関彩乃のプロフィール・顔画像

  • 名前:小関彩乃(こせき あやの)
  • 年齢:22歳
  • 住所:不明
  • 職業:不明

 

 

小関彩乃容疑者の顔画像は、現時点で報道されていません。

また、小関容疑者は「今年に入ってから、北海道に来た」と話していますが、

住所不詳ということで、知り合いの家を転々をしていたというのでしょうか。

 

22歳で仕事も住所も不明…

小関容疑者の背景が気になりますね。

 

小関彩乃容疑者の顔が分かり次第、こちらにも掲載致します。

 

 

【追記】

小関彩乃容疑者の顔画像が公開されました。

小関彩乃

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

5月にはホテルのトイレに赤ちゃんを遺棄した事件がありました。

こちらからお読みいただけます。


 

こちらはマンションのゴミ置き場から赤ちゃんが見つかった事件です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 小関彩乃のfacebook・インスタ

 

小関彩乃容疑者のfacebookやインスタグラムを調べてみました。

 

 

 

名前で検索したところ、同姓同名の方が多く、

現在の情報だけでは、小関容疑者のアカウントを特定するのは難しそうです。

 

住所や職業も不明ということで、どこに住んでいるのかさえも分かっていません。

 

 

引き続き調べ、特定されましたら追記していこうと思います。

 

小関彩乃の交際相手出身地については、

こちらの記事でまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 赤ちゃんを放置した動機は?

 

 

 

小関彩乃容疑者は、なぜ赤ちゃんをコインロッカーに放置したのでしょうか。

 

速報とあってか、詳細な情報は報じられていませんでしたが、

「望まない妊娠だった」

「知られたくない妊娠だった」

という可能性は高いでしょう。

 

小関容疑者は今年に入ってから、北海道に来たということですが、

北海道に来る前にはすでに妊娠していた可能性があります。

つい先日も、自宅の一室でスーツケースに赤ちゃんの遺体を遺棄した女が逮捕されたニュースがありました。

 

小さな命が犠牲になるのは、本当に胸が痛みますね。

 

【追記】

新たな報道にて、赤ちゃんはへその緒がついたままの男の子で、DNA鑑定の結果、

小関容疑者が母親であることが判明しました。

司法解剖の結果、赤ちゃんは死後1週間から1か月ほど経っていて、遺体の腐敗が激しく、死因は判別できなかったということです。

 

 

赤ちゃんの死亡の経緯や、動機については分かっていません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 出会い系アプリを利用していた

 

 

 

どのような出会いを求めていたのかは分かりませんが、

東北地方から北海道に来て、ネットカフェやホテルを転々とする日々を過ごしていた小関容疑者。

 

誰か頼れる人を探していたのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

いつも思うのですが、遺棄するのは母親で逮捕されるのも母親。

その子供の父親が一切出てきませんよね。

どのような境遇でも子供を棄てたり遺棄したりなんて許したくありませんし、子供のいない私からすれば喉から手が出そうなくらい譲って欲しいとも思えてしまいます。

しかし、もしその方々と同じ境遇になれば私も棄てる事があるのかもしれないですし、誰のサポートもなければ自信がありません。

賛否両論はありますが❬赤ちゃんポスト❭の全都道府県への設置を今回の参議院選挙で訴える候補者が出てくる事を願います。

親がいるのが一番良いことではありますが、親と離れたからこそ幸せになる人もいます。

一人でも産まれてきた子供が助かりますように!

 

誰にも相談できずにこの状況にまで追い詰められたのだとしても。
この結果は悲しすぎる。
産んでから自分で殺したのか、記事で推察されてる通り死産であったのかでまた話は変わってこよう。
それでもこんなケースを出さないための法整備をするのは最早急務です。
くだらない不信任案に時間を、議員に余計なお金をそれぞれ割いている場合ではありません。
少子化問題に真剣に取り組みあらゆる悲劇を回避するために。多くのリソースを割くべきではないでしょうか。

 

 

22才で住所不定とは、何だか背景が浮かんできて悲しい。
妊娠は一人ではできない、相手あってこそなんだけど、どうしても産む側だけが非難されてしまう。
赤ちゃんを捨てる選択をする前に、相談できる場所があることをもっと認知させなくては。それすら思い浮かばない環境や状況があるにしても。

 

 

結果論だけど、これだったら最初からしかるべきとこに相談しておけばよかったのにね。育てたくなかったら赤ちゃんポストなどもあるわけだし…ちゃんと出産すればなんとかなったと思う。赤ちゃんも死なずに本人も死体遺棄で逮捕されることもなかったでしょうに…

 

 

6日、新千歳空港に向かうために千歳駅を通った。
きっと、このロッカーの前も通った。
まさか赤ちゃんがいるなんて、ととてもショックだった。

私は保育園で働いていて、日常的に赤ちゃんと関わる。
個人的にも子どもが欲しいけど、持病の治療で妊活はストップがかかっている。
周りは、妊娠ラッシュ。私だけが置いてきぼり。

そんな複雑な気持ちの中、こんなニュース、言葉は悪いけど胸糞悪い。

子どもは自然にはできない。
作るもの。大人のエゴ。
ロッカーになんて入れるくらいなら、私が欲しかった。
最低なニュース。

 

 

日本中に受け入れ態勢を強化、構築して全ての子供たちを救済すべき
母親のせいにしてても、罪を重くして抑止力を上げてもこの問題は解決しない
優先順位は子供の命だ

 

 

哀しい人生やな。こうならない様に、家庭が大事。

 

 

全国に赤ちゃんボックスを設置するべきだと思う。
そうすれば赤ちゃんの遺棄や無駄な死、母親が犯罪者になることも防げるでしょう。
もちろんそれが最適とは言いませんし、本来なら予期せぬ妊娠を防ぐことが必要でしょう。

しかも、男が何の罪も負わないのも変です。

 

 

赤ちゃん…虐待されている子供…
毎回、生きてるうちに助けてあげたいですね

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)