【20代男性教諭の担任名前】児童のプリント破り授業で孤立させた神戸市立小学校はどこ?


神戸市立小学校で20代男性教諭が児童に対して不適切な指導をしたとして口頭訓戒の処分を受けました。

どこの小学校でどのような内容だったのかくわしく見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要


出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

神戸市立小学校で男子児童が男性教諭の指導により、

通常の投稿ができなくなっていることがわかりました。

 

問題とされている男性教諭の指導内容ですが、

男子児童から提出された課題プリントが白紙だったことを叱り、

同日の英語の授業で実施したゲームに参加させず、

意図的に孤立させたというものです。

 

また、児童の前でプリントを破り捨てたとも。

 

別の日には児童が図工の課題を完成させなかったとして、

その後のパソコンの授業で機器を使わせないといったことも確認されています。

 

教諭は「やりすぎだった」とはんせいしているようです。

 

男子児童はショックで授業に出ることが難しくなってしまったようです。

 

問題のあった小学校はどこなのか調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 神戸市立の小学校はどこ?

 

報道では神戸市立小学校とあり、

詳しい小学校名までは公開されていません。

 

Googleマップで神戸市立小学校を調べると

以下のようにたくさんあるので特定のしようがありませんでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 20代男性教諭で担任は誰?名前や顔は?

 

 

この件の男性教諭の氏名・顔画像は公開されていません。

 

口頭訓戒の処分ということですから

現在もそのまま担任をしているのではないでしょうか?

 

世間にもこうして公表され、

今後この男性教諭の指導方法が改まることを願っています。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

うちの子の去年の担任の先生は怖いと評判の先生だったけど、宿題も厳しく生徒を怒鳴るなどもあった反面、クラスでのお楽しみ会も生徒主体でイベントを考える機会をたくさん設けてくれ、すごくまとまったクラスだった。優しく叱らない先生だと授業中にお友達と連れ立ってトイレに行くなど、学級崩壊手前になることも。思うのは「怖い」と「厳しい」は全然違うものだし、生徒との相性もある。学年が上がるたびに良い先生にあたりますようにと思うし、良い先生だったら年度末を寂しく思う。

 

4月から小一になった息子。
担任の先生が先生歴3年目で一年生を受け持つのは今回が初めてという(男性教諭)
学校に通う前はあんなに「楽しみ!」と言っていたのに、最近は「先生が怖いから行きたくない」というようになった。
息子からの話や同じクラスのお友達の話を聞いていると、注意の仕方や叱り方が物凄く怖いのと言葉遣いが酷いよう。
先週まで集団下校があり、担任が引率してるルートで帰宅するママ友が、生徒を叱る先生を見ていたらしく「この間まで保育園、幼稚園に行っていた子どもに対する指導の仕方ではない。あれでは萎縮して子どもはなにも言えなくなる」という話をしていた。
上から押さえつけるような物言いをする担任のようで、先生を怖がって子どもが登校拒否にならないか心配。

 

ここに登場する児童がなぜ皆と違う事をしたのか?どの学校にも精神疾患を抱える子供でグレーゾーンの子供はたくさんいますよね。先生は冷静になぜなぜを繰り返して結果を保護者に連絡し対応しなければ根本的な解決にはいたらない。学年主任を軸として対策を考えるのも学校の役割ではないだろうか?児童の肩を持つわけでもないし、先生も一人で解決しようと思ってはいけない。拓かれた教育現場を。

 

なぜ白紙だったのか。なぜ課題ができなかったのか。もしかしたら家庭の事情があるのかもしれないし、ただのサボりなのかもしれない。怒るのも罰を与えるのも簡単だけど、それぞれの子どもに合った指導をするってのもきっと大変で難しいと思う。先生はただでさえ仕事量が多いと聞くし。でも、少なくともこういう見せしめのようなことはしてはいけないことだと思う。

 

これまでの経緯が分からないです。生徒が何度も同じ事をしていたのかどうか。それで堪忍袋の緒が切れたのでしょうか。そうでなくて白紙提出が初めてのことなら、先生のやり方はヒドイなと思いますし。
時には強く叱ることも必要だと思うけれど、罰の内容が陰湿だなあと思います。その場だけぴしっと言葉で叱ってそれで終わらせるならともかく、紙を破り捨てる激しさ、その後の授業でハブる嫌らしさは、生徒には教育として伝わるのでしょうか。アンガーマネジメントが出来ていないのなら、生徒の前にまず、この先生がもう一度、教育を受け直すのもひとつの方法だと思えました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)