【JR神戸線元町駅】電車に飛び込んだ男性の名前と顔!自殺か!?事故か!?


 

今朝、人身事故のため、運転を見合わせていたJR神戸線ですが、どうやら男性が電車に向かって飛び込んだということでした。

飛び込んだ男性は死亡し、乗客も怪我をしています。

 

この事故についてみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

事故概要

 

 

2月26日、兵庫県神戸市中央区のJR元町駅で男性が電車に飛び込み、死亡しました。

この事故で、先頭車両の窓ガラスが割れ、乗客2人が重軽傷を負いました。 26日午前8時25分ごろ、神戸市中央区のJR神戸線・元町駅で男性がホームから通過中の新快速電車に飛び込み、先頭車両のフロントガラスを突き破って車内に入り込みました。

男性は病院に運ばれましたが、まもなく死亡し、窓ガラスが割れるなどして乗客2人が重軽傷を負いました。 この事故で京都駅から姫路駅の上下線がおよそ2時間半にわたって運転を見合わましたが、現在は運転を再開しています。

警察の調べによりますと駅のホームに設置している防犯カメラには、男性が電車に飛び込む様子が映っていて警察は自殺とみて詳しい事故の原因を調べています。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

飛び込んだのは42歳の男性ということでした。

ニュース映像を見ると、電車のフロントガラスが大破しています。

自殺とみられていますが、誤って転落したという可能性はないのでしょうか?

 

この事故で乗客5人がけがを負い、骨折などの重傷者もいるとのことです。

電車が止まった現場はパニック状態で、泣き叫ぶ声も聞こえていたようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 


事故現場

 

 

 

事故に遭ったのは、ここを通過する快速電車ということで、そうとうなスピードだったと思われます。

周りで目撃した人も、さぞかし怖かったでしょう…。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


死亡した男性の名前と顔画像

 

 

現在のところ、死亡した男性の名前や顔画像はまだメディアで報道されていないようでした。

しかし、42歳の男性と、年齢がはっきりわかっているということは、もう身元は分かっているのでしょう。

公表されるのは時間の問題かと思われます。

 

また情報が入りましたら、miko newsのほうで掲載させて頂きます。

 

 

スポンサーリンク

 

 


世間の反応

 

 

 

 

 

飛び降り、飛び込み。自殺しようとするからには相当な状況なんでしょうが、他人を巻き込むのは止めてもらいたい。
飛び込み後の損害賠償は事業者によって対応は違うみたいだけど、残された方のことも考えてもらわないと。

 

運転席にいた乗務員トラウマになると思う。
もし飛び込んでいたのが運転席側ガラスだったら死んでいたと思う。
ヘップの飛び降りを思い出しました。
これは完全にテロです。
加害者と思う。
京都から姫路までが止まってしまうなんて影響が甚大すぎる。朝の元町、新快速なんて線路も車内も満員状態だろうし、怪我人まで出てるとなると、飛び込んだ人を許せない気持ちになってしまいます。
最近JR西や阪急の人身事故が多すぎて、いつ遅延に巻き込まれるかとハラハラしています。
その影響で阪急も混雑してると思う。

 

亡くなった方も悩んだ末の飛込みだろうしご冥福をお祈りしたいが、電車への飛込みは迷惑でしかない。
半年前に自分も体験したが、通勤客は電車に閉じ込められて仕事にも支障が出るが保証は無く、家族にも多額の損害料金が請求される。

 

ん~。。。
自殺に至るまで、いろいろあったんでしょうけど、冷たく厳しい言い方ですが、死ぬ場所をここにしたために巻き添えになった人が出てしまいました。
どうしても死を選ぶなら人様に迷惑のかからない方法で、しかし、その前にもう一度生きる道を探してほしい。

 

飛び込んでしまう心理状況について読んだことがあるけど、物理的に防がない限りどうしようもないよなぁ・・・
飛び込んでしまうときは思い悩むとかそういった思考や感情すらなくなって、家族どころか自分のことすら考えられなくなって、
ここを一歩踏み出せば楽になれる(会社に行かなくて良くなる、理不尽な扱いされなくなるetc)と考えて実行してしまう。
物理的に防ぐか、そういった社会をどうにかするかしか無い気がする。

 

私自身、飛び降りを目撃し、第一発見者として取調べにも協力したことがあります。直後にPTSDにかかり、先生の話を聞き、それでも7、8年はトラウマに。当時はドラマやコナンで同じようなシーンが出ると怖くなり、11年経った今も命日は思い出します。
運転手含め、被害者のケアをお願いします。

 

飛び込んだ人が鬱病がわからないけど、鬱病が進行すると、自殺するつもりがなくても、飛び込んだら明日は会社行かなくてもいいかな位の感覚でやりそうになって、我に返って冷や汗をかくということがある。
鬱病の人は体調が高熱で苦しんでいる状態がずっと継続しているような感覚と思ったらよい。

鬱病は自殺の危険性がグンと高い。だから鬱病患者は保険に入れない。それだけ鬱病は怖い病気である。

 

長子と同じ世代だ。他人事とすれば、「生きようとしない者が生きていく必要はないし、死ぬ時まで人に迷惑を掛けるな」と冷ややかだが、我が子だったらと考えるととても切ない。飛び込みは平日のラッシュ時が多いという。世間に対する恨みや、最後の自己顕示の意味もあるのだろうか。もし来世があるなら、幸せな人生を送ってほしい。

 

今朝のJR神戸線の乱れの状況と、Twitterの声をまとめた記事もご覧ください。


 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)