小山幸祐の顔,Facebook特定!アダ●トサイトにアスリート写真無断掲載!オリンピック開催に向けた見せしめ逮捕?


何とも気持ち悪い事件が発生しました。

アスリートのみを狙った盗撮魔が撮影したデータをアダルトサイトに掲載し

生活費を稼いでいたとの事です。

逮捕されたのは自称ウェブデザイナーの小山幸祐容疑者(37)です。

事件の詳細を調べてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

事件の概要

 

女性アスリートの画像データを無断でアダルトサイトに掲載したとして、京都府に住む男が5月9日に逮捕されました。警視庁は、東京オリンピックを目前に控える中、アスリート画像の性的悪用を重く見たということです。  著作権法違反の疑いで逮捕されたのは、京都府精華町の自称ウェブデザイナー・小山幸祐容疑者(37)です。小山容疑者は、2019年5月にテレビ番組で放送された女性アスリートの画像39枚をアダルトサイトに無断でアップロードした疑いがもたれています。小山容疑者は、10年間で1億2000万円以上稼いでいたとみられ、ここ数年は月収が100万円を超えていたということです。アップロードされた画像には『エロハプニングシーン』といった卑猥な言葉が添えられていたということです。  アスリート画像を性的な目的で悪用し続ける一方で、今年3月まで町内会の班長を務めていたという小山容疑者。近所に住む住民に聞きました。  (近所の住民)  「普通に愛想のいい人当たりのよさそうな人だったと思うんですけれども、何の仕事をしているのかなというような感じではあった。平日に家にいたりするので」  小山容疑者は取り調べに対して「悪いこととわかっていたが捕まるとは思っていなかった」などと話しているということです。  東京オリンピックを目前に控え、JOCの山下泰祐会長は「抑止力を高める第一歩として歓迎したい」とコメントしました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

小山幸祐容疑者は画像データの無断掲載で逮捕されたとの事ですが

競技を真剣にやられている方の気持ちを考えると何とも気持ちの悪い事件ですよね。

 

 

しかもこの無断でアップしていた金額で生活していたとの事ですがその金額が

約100万円とかなり稼いでいますよね。

標的にされたアスリートたちはたまったもんじゃありませんよ。

海外と比べ日本のアスリートでお金持ちになれるジャンル、人数が少ない環境で

必死に活動しているアスリートの気持ちを考えると怒りがこみあがりますね。

 

 

容疑者は10年間で約1億2000万円以上を稼いおりかなりの閲覧者がいた知っている人は

知っている有名なサイトだったのではないでしょうか?

 

 

この様なストリートを性的な目的で写真を撮る人やサイトに無断アップする人がいるから

実際の競技シーンでの撮影が制御されるのではないでしょうか?

記録として記憶させるためには今のスマホやPCはかなり便利なものとなっているので

そのようなものを用意て純粋な応援で撮影できる環境になってもらいたいものですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


小山幸祐のプロフィール

 

 

名前:小山幸祐

年齢:37

職業:自称ウェブデザイナー

住所:京都府精華町

罪名:著作権法違反の疑い

 

容疑者は自称ウェブデザインのと事なので職場でのPC経験を生かして

副業としてサイトに無断掲載していたのか本業が無断掲載なのか不明ですが

真剣に頑張っているアスリートを性的な目で見るとは歪んだ性癖かと思いますが

他者に迷惑かけだしたら終わりですよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


小山幸祐のFacebook特定

 

 

こちらの方で独自に調査しましたがSNS自体をやっていないのかもしれませんね。

しかしこのように画像を無断掲載し収入を得ていたことからSNSも運用はしていたと思います。

別名で運用している可能性もありますがまだ調査中なので最新の情報が入り次第、更新します。

 

 

スポンサーリンク

 

 


小山幸祐の顔写真

 

引用:https://www.google.com/

 

俯いている写真しかなく顔が判明されていません。

恐らく身バレ防止のために俯いているのかと思いますが自身は悪いと思いながら行っていた為に

因果応報ですよね。

この様な方が一人でも減ることで健全で純粋にスポーツを記録として

記憶させれる撮影等も可能な環境に近づくと思います。

 

 

SNSもやっていないのか別名で使用しているのか不明なので現時点では

顔が分かる写真はありませんが最新の情報や写真が入り次第、更新します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

小山幸祐の自宅

 

引用:https://www.youtube.com/

 

容疑者の自宅は一軒家で一人暮らしだったのかもしれませんね。

稼いでいた金額も金額なので個人で自宅を購入しそこで画像を無断掲載し

生活費を稼いでいたのでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

著作権法違反による刑罰

 

著作権侵害は犯罪であり、被害者である著作権者が告訴することで侵害者を処罰することができます(親告罪。一部を除く)。著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

また、法人などが著作権等(著作者人格権を除く)を侵害した場合は、3億円以下の罰金となります。

さらに、私的使用目的であっても、無断でアップロードされていることを知っていて、かつダウンロードする著作物等が有償で提供・提示されていることを知っていた場合、そのサイトから自動公衆送信でデジタル録音・録画を行うと、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金が科せられます。

なお、「懲役刑」と「罰金刑」は併科されることがあります。

引用:https://www.cric.or.jp/

 

この著作権法違反には刑罰があるのに盗撮には刑罰がないんですよ。

ビックリしますよね…。

 

 

盗撮も刑罰化にしないと一生盗撮による被害はなくならないかと思われます。

私もこの様な法律は知らなかったので勉強になりましたが

盗撮したしていないの線引きが難しい為、この法律ができるまではまだまだ

時間が掛かる案件かと思いますが撮影機器が最小化や無音化と進化している中なので

盗撮もされやすい環境なのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

SNS上の声

 

 

大事なことは被疑者が撮影したモノではなく、報道された画像を切り取りしたモノで収益化してた容疑であること。つまり実態は著作権侵害なわけです。

 

フェイクポルノや転用ポルノなど挙げたらキリがないでしょうがどれも止め時を知らない人が捕まるのでしょうね。法を犯している以上褒められたものではありませんが、AV業界もそうですが、法整備が整うまでに謙虚されるのはやり過ぎた一部の方たちだけです。それまでに泣寝入りせざるしかできなかった人達はそのままです。本当に罰せなくてはいけない根本はいつも藪の中だと思います。

 

盗撮を掲載するサイト自体を取り締まるのが本筋ではないか?それで儲けているのだから。更に言えばネットプロバイダーも監督する義務をつけるべき。SNSもそうでしょう、やりっぱなしで自動的に利益が出れば良かった時代は終わっている。

 

今は著作権法でしか逮捕できないけども、
恐らく数年後くらいに盗撮罪みたいなのが
作られるんじゃないの?
撮影時に局部のアップとか、または本人や主催者団体の許可なく公開すると逮捕とかさ。
スポーツイベントを開催する主催者は、
開催時にこのイベントで撮影した写真映像の公開を許可するか許可しないかを宣言して、
公開する場合はイベント番号を画像と一緒に表記する義務があるとかさ。
それが無い場合は逮捕とか。

将来の写真って風景とか動物ばっかりになりそう。人間の撮影は全て許可とお金の支払いによる契約下で行われるんだろうな

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)