栗原明と篠木正元の顔やFacebook・インスタ「ヤンチャな細眉」勤務先は?福島さんかく広場暴行死

福島市の繁華街にある「さんかく広場」で20代の男性に暴行を加えたとして、栗原明容疑者(25)と篠木正元容疑者(25)が逮捕されました。

殴られた男性はその後、亡くなっています。

容疑者らについて調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

12月31日、福島県福島市の繁華街で20代の男性の顔などを殴り、けがをさせた疑いで、1月1日、25歳の会社員の男2人が逮捕されました。 殴られた20代の男性は、その後死亡が確認されました。 【写真を見る】年末の繁華街でケンカか 殴られた20代男性死亡 25歳の会社員の男2人を傷害容疑で逮捕 傷害の疑いで1日に逮捕されたのは、福島市大波の会社員・栗原明容疑者(25)と福島市飯坂町の会社員・篠木正元容疑者(25)です。 2人は31日午前4時ごろ、福島市の繁華街にある「さんかく広場」で20代の男性の顔などを殴り、頭部に皮下出血などの傷を負わせた疑いが持たれています。 警察によりますと、殴られた20代の男性は意識がない状態で市内の病院に搬送され、31日午後10時すぎに死亡が確認されました。 警察によりますと、2人は容疑を認めているということです。また、栗原容疑者と篠木容疑者は友人である一方、亡くなった20代の男性について2人は「まったく面識はない」と話しているということです。 当時現場近くでは「大勢でケンカをしていた」という情報もあり、警察は飲酒によるトラブルがあったとみて、当時現場に居合わせた人など複数の関係者から話を聞くなどして事件の詳しい状況を調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

福島県福島市の繁華街にある

「さんかく広場」で20代男性が殴られ、

その後なくなる事件がありました。

 

この事件で逮捕されたのは、

栗原明容疑者(25)と篠木正元容疑者(25)です。

 

この容疑者2人は友人関係で

両者とも被害者の男性とは

面識がないとのことです。

 

警察は飲酒していてのトラブルとみているようです。

 

では、容疑者らのプロフィールから見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

栗原明のプロフィール!顔画像

 

 

  • 名前:栗原明
  • 年齢:25歳
  • 住所:福島市大波
  • 職業:会社員
  • 容疑:傷害の疑い

 

顔画像は公開されていません。

顔がわかり次第、こちらにも記載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

篠木正元のプロフィール!顔画像

 

 

  • 名前:篠木正元
  • 年齢:25歳
  • 住所:福島市飯坂町
  • 職業:会社員
  • 容疑:傷害の疑い

 

篠木容疑者についても顔画像は公開されていません。

顔がわかり次第、こちらにも記載いたします。

 

ネット上で「篠木正元」と調べると、

高校野球の情報が出てきます。

年齢が一致することもあり、

本人の可能性もありますが、

特定まではできていません。

 

判明すれば、学歴までもが判明となります。

 

SNSを調査しましたところ、

容疑者らしきアカウントが見つかっていますので

次の章でまとめていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

SNS(Facebook・Twitter・インスタグラム)は?

 

 

 

容疑者らのSNSについて調べてみました。

 

 栗原明

 

Facebook・Twitter・インスタグラムともに

同姓同名のアカウントが多く

容疑者らしきアカウントには

たどり着いていません。

 

こちらは引き続き調査を行っていきます。

 

 

 篠木正元

 

Facebookでは同姓同名のアカウントはありませんでした。

 

インスタとTwitterには疑惑のあるアカウントが

1つずつ見つかっています。

 

インスタグラムに関しては

「名前」「年齢」「福島」という点が一致しており、

Twitterはこのインスタグラムの人物と

同一人物のアカウントとみられます。

 

細眉でヤンチャな見た目でした。

 

容疑者の顔画像が報道で出れば

本人のアカウントかどうか

判別できるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

勤務先の会社はどこ?

 

 

 

容疑者らは会社員と判明しています。

 

人が亡くなるような事件を起こしていますし、

働き続けるのは難しいのでは?

 

詳しい勤務先がわかりましたら追記いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

世間の声

 

詳しいことは分かりませんが、亡くなったという重大な結果発生より、犯人側の飲酒酩酊による責任能力の有無、違法性の認識の有無、おまけに亡くなった方の喧嘩の原因など、被疑者側の供述のみを検事さんの多くが採用するケースがあり、被害者側に寄り添う現場の警察側は悩ましい問題だと聞いたことがあります。 犯罪被害者遺族の方々は、苦しい思いをされているでしょう。御悔やみ申し上げます。 亡くなられたという重大な結果発生による厳罰を犯人には科してくださるようお願いいたします。

 

タバコもマナーを守り、嗜む分には問題が無いと思う。健康被害、嫌煙など 問題もありますが、税金を上げ、締め出すような法律が整備される中、お酒 は余りにも緩いかと思います。コンビニでも簡単に手に入れられ、路上で飲む 公共交通機関でも大量に飲む方々も居ます。煙草もお酒もほどほどが良いの ですが、酩酊して、人を殺めてしまう事が起きるようなら、厳罰化も必要かと 思います。お酒で人生を狂わせた方は多数いますが、煙草で人生が狂う事は 少ないと、嫁に言いながら細々と喫煙していますが、煙草も段々吸えなくなる でしょうね。お酒は末永く、楽しく飲めるような付き合いをしたいものです。 未来ある若者が、こういった事件を起こしてしまう。周りの大人達が何とか 出来なかったものなのか、悲しい出来事です。

 

こういう輩については、刑事罰とは別に飲酒を禁止したらいい。完全に守らせるのは難しいけど、違反をすればそれも犯罪になる扱いとかにすれば一定の抑止は出来るはず。人権や個人の自由の侵害なんていう問題はあるかもしれないけど、飲酒はもとより娯楽ですからね。禁止にしても本人にとって別に致命的なものなんかではありません。

 

同年代の子供を持つ身なので親の気持ちになってしまいます。 亡くなった方はほんとに気の毒だし、親御さんの気持ちを考えると言葉もない。ご冥福をお祈りします。 加害者2人だって、大学出だと仮定して、働き出して3年経ち、ようやくこれからという時にこんな事件を起こしてしまって。こちらの親御さんもきっと今頃パニックでしょう。 その場では1対1だとしても、人は1人で生きてる訳ではありません。相手にも自分にも、たくさんの日常の縁があるはずです。 暴力や暴言(ネット含む)で相手を傷つけようとする時に、もう一度それを思い出して欲しいです。 それに、お酒は飲んでも飲まれない程度が、1番楽しく幸せだということも。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)