コブクロ黒田俊介の不倫相手の名前や顔!妻は知っていた?バレた途端彼女をストーカー扱い!


コブクロの黒田俊介さんが、2019年秋から不倫していたことが明らかになりました。

しかし、二人の関係が悪化したことで不倫相手の女性は自殺未遂を図ったようです。

不倫していたことも驚きましたが、女性をそこまで追い込んでしまうなんて

一体何があったのでしょうか。

そして黒田さんの不倫相手の女性は誰なんでしょうか。

2人の関係を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

報道概要

 

 

 音楽デュオ・コブクロの黒田俊介(44)が5月10日、5月12日発売の「週刊文春」の出版差し止めを請求する「仮処分命令申立書」を東京地方裁判所民事部に提出した。

 

「週刊文春」では、黒田と不倫関係にあった30代独身女性・A子さんが自殺未遂していたトラブルを取材していた。

「週刊文春」編集部の取材では、妻子のある黒田はA子さんと2019年秋から不倫関係に陥っていた。黒田が出張の際はA子さんを出張先に呼び、A子さんの家族にもブランド品をプレゼントするなど、親密な関係が続いた。

しかし翌年、関係が悪化。精神的に不安定となったA子さんは、それまでのLINEのやり取りなどを黒田の自宅ポストに投函するなどした。

女性の言動を「ストーカー」だとみなした黒田の代理人弁護士は、その旨を女性に警告。今年3月には大阪府警豊中警察署にも相談に赴いていた。  

1月にうつ病と診断されていた女性は、「黒田さんは、私のことはもうどうでもいいと思っている」と感じ、4月13日未明、70錠以上の抗うつ薬と睡眠薬を服用し、自殺を図るに至った。

「週刊文春」が黒田に取材を申し入れると、代理人弁護士から、A子さんは黒田のストーカーであること、自殺未遂もその一環であり、「回答人(黒田)を苦しめるために行っているストーカー行為である」と認識している旨の回答があった。

また、黒田とA子さんとの不倫関係については回答しなかった。  ただ、「週刊文春」の取材によれば、A子さんが70錠以上の抗うつ薬、睡眠薬などを服用していたとする診断は確かに存在していた。

 黒田は、「週刊文春」の報道はストーカーを助長する行為にあたるとして、5月10日に出版差し止めの仮処分を請求。だが5月11日、東京地裁は仮処分申請を「差し止めの要件を充足しない」として却下、A子さんの自殺未遂についても、虚偽であるとまで認めることはできないとした。  

出版物の事前差し止め請求という、異例の行為を行ってまで、黒田が報道を差し止めたかったA子さんとのトラブルとは一体、何だったのか。 

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

コブクロの黒田俊介さんが不倫していたことが報道されたとともに、

相手の女性が自殺未遂をしていたことも判明しました。

週刊誌が黒田さんへ「取材したい」と申し入れたところ、

黒田さんの代理人弁護士から、

「A子さんは黒田のストーカーであること、自殺未遂もその一環であり、「回答人(黒田)を苦しめるために行っているストーカー行為である」

という回答があったようです。

さらに黒田さんは、

「週刊文春」の報道はストーカーを助長する行為にあたる

として、5月10日に出版差し止めの仮処分を請求しました。

しかし、東京地裁は仮処分申請を「差し止めの要件を充足しない」として却下したようです。

 

黒田さんと不倫相手の女性A子さんとの不倫関係についての

回答はなかったことから、不倫は事実だったのだろうと思われます。

 

 

スポンサーリンク

 

 


黒田俊介さんの不倫相手は誰?

 

黒田さんと2019年の秋から不倫関係にあったA子さん。

黒田さんが出張の時には、A子さんを出張先に呼び、

A子さんの家族にもブランド品をプレゼントするなど、かなり親密な関係にあったことが分かります。

現時点で、不倫相手のA子さんの名前や年齢は一切公開されていませんでした。

不倫関係、しかも相手は有名なアーティストですから、

簡単に名前を公開することは、ないかもしれませんね。

何か新たな情報が入り次第、更新致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 不倫相手A子さんの顔画像

 

コブクロの黒田俊介さんと不倫関係にあったA子さん。

どんな女性なのか気になりますよね。

名前や年齢は公開されていませんでしたが、顔画像も同様

一切公開されていませんでした。

A子さんは黒田さんが結婚しているのを知って、交際していたと思いますので、

これは駄目ですね。

しかし、一方的にストーカー扱いするのはどうなのでしょうか?

黒田さん側の意見だけでは、判断できないと思いますし

A子さんを傷つけるような言動があったのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


黒田俊介さんの妻は知っていた?

 

黒田さんの奥さんは一般人女性です。

2人は、2005年1月に結婚。

コブクロが大ブレイク中の結婚でした。

しかも二人の間には子供が3人います。

長男:2007年9月8日誕生

次男:2011年4月18日誕生

三男:2016年4月28日誕生

 

一番上のお子さんは中学生という多感な年齢ですね。

今回の件は、奥さんも知っていたのでしょうか?

 

不倫相手の女性は、黒田さんとのLINEのやり取りなどを

黒田さんの自宅ポストに投函していました。

もし奥さんが見つけていたら・・・と想像するだけゾッとしますね。

 

ここまで騒ぎになっていますので、知らないわけはないでしょう。

 

今後、どのような対応をしていくのか。

新たな情報が入り次第、mikoニュースでお伝え致します

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

思うのは自由ですが、LINEで逢瀬を打ち合わせておきながらストーカー扱いは普通に通用しないと思う方に一票。これが事実なら普通にアカンやつや思う。報道差し止めは不誠実では?歌っている名曲とのコントラストがデカ過ぎて目眩がするレベル。これ以上名曲に泥を塗る前に誠意を持って対処した方が良いと思うが?

 

報道の差し止め請求するところが何ともイタい・・・・・しかも不倫の認否はスルー。都合の悪いことには答えず、真実に蓋をしようとしているようにしか見えない。やばいことをやったというのを問わず語りに語っているようなものだと思う。イメージの暗転は不可避だと思いますね。

 

コブクロもケチがついたなー。

キレイな歌でも説得力に欠けるわ。

ストーカーなのかもだけどやる事やったんならちゃんとせんかい!

 

真実はわかりませんが不倫していたというのは本当なんでしょうか?
だとすれば女性にそうさせたのは黒田さんにも責任があるのかなと・・・。

 

他人がどうこう言う問題ではないし、そもそも、事実関係を知る由もないが、文春ならそれなりの裏は取っているはずだから、「差し止め請求」は、墓穴を掘ったとしか見えない。

仮に「ストーカー」だったとしても、対応を誤ったことは明らか。

 

結局、別れ方が下手なのよ。
扱い方が悪いのよ。全部それに尽きる。
勿論不倫はダメなの当たり前。
でも手を出したならきちんとケツ拭かないから、こうなる。
遊びだよって最初から伝えずに本気にさせるから悪い。
用済みになったら雑に邪険に扱うから悪い。

終わる時はきちんと感謝を伝えてお金をたんまり積む事。(金持ちは)
会って話す事。
タレントはそれやんなきゃこれからは致命傷よ。

 

この記事がどこまで本当かは分かりませんが、連絡を取り合って二人で会っていたのが事実だとしたら、恋愛がらみでストーカーのようになったと考えます。
女心を弄んだとしたら、黒田さんにも大きな責任があります。
純粋な恋心を歌ってきたコブクロなのに、もし本当だったら
歌っていることとやっていることのギャップが大き過ぎます。
彼女をストーカーというなら、恋愛関係が無かったことを証明しないとですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)