黒田正太さんの顔写真やfacebook特定!訓練中に倒れ死亡!死因は不明?

3月10日に体育訓練中、腕立て伏せをしている最中に倒れたということです。

 

その後、入院し治療をしていましたが、本日3月28日に亡くなったということです。

 

まだ、40歳ということで非常に若く、これから若い世代を引っ張っていくような立場になっていったことでしょう。

 

事故概要や、黒田さんについて調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

報道内容

 

陸上自衛隊・駒門駐屯地は、3月の訓練中に倒れ、病院で治療を受けていた男性隊員が3月28日、死亡したと発表しました。

 死亡したのは、御殿場市の陸上自衛隊・駒門駐屯地国際活動教育隊の2等陸曹の男性隊員(40)です。

駒門駐屯地によりますと、男性隊員は3月10日、体育訓練の腕立て伏せの最中に意識を失って前のめりに倒れ、救急車で病院に搬送されました。

その後、病院で治療を受けていましたが、28日午前5時半ごろに死亡が確認されました。国際活動教育隊の横山裕之隊長は「痛恨の極みであり大変重く受け止めています。

今後は、再発防止のため原因を究明するとともに所属する隊員の健康管理に万全を期していく」とコメントしています。

Yahoo!ニュースより引用

これは、非常にショックな出来事ですね。

 

黒田さんが倒れたのは、3月10日ということですが、それから2週間以上が経って死亡したということは、意識が戻らなかったのでしょうか?

 

何か既に疾患を抱えていた可能性は十分にあるとも考えられますね。

 

しかし、横山裕之隊長の発表では、再発防止のために死因を究明するということですので原因不明なのは間違いなさそうです。

 

再発防止といっても、このように原因が現時点でもわかっていないということであれば、これは防ぎようがないですし、横山裕之隊長には全く落ち度はありません。

 

突然前のめりに倒れたとのことですが、まさかこんな結末になるとはその場にいた隊員たちも考えてはいなかったことでしょう。

 

人間はいつか死ぬとは言え、このような形で突然死が訪れるのはあまりにも酷なことです。

 

本当にお若いのに、本当にこの死は悔やまれますね。

 

黒田正太さんに、謹んで哀悼の意を表したいと存します。

スポンサーリンク

 

黒田正太さんのプロフィール

名前:黒田正太

年齢:40歳

職業:駒門駐屯地国際活動教育隊2等陸曹

死因:不明

スポンサーリンク

 

所属していた駒門駐屯地の場所

こちらが黒田さんが所属していた、駒門駐屯地です。

 

ちなみに、黒田さんは国際活動教育隊という部隊に所属していたとのことです。

 

この、国際活動教育隊についても調べてみましたので、以下を参照してください。

概要

陸上自衛隊の国際平和協力活動等に関する教育・訓練・研究を行う部隊であり、陸上自衛隊の隊員に対して海外での活動に必要な知識や技能を教育することを任務とする。隊長はその任務の特性上普通科連隊長もしくはこれに準じた勤務経験を有する1等陸佐が充てられる。

陸上総隊の新編に伴い、統合幕僚学校国際平和協力センターに吸収統合される形で廃止となる予定とされていたが、陸上総隊直属部隊として編合された[1][2]

31中期防期間中において、中央即応連隊との統合による改編が予定されている[3]

沿革

  • 2007年(平成19年)3月28日:中央即応集団直轄部隊として編制完結。駒門駐屯地司令職務担任部隊に指定。
  • 2018年(平成30年)3月27日:中央即応集団廃止に伴い、陸上総隊直轄に編成替え。
  • 2019年(平成31年)3月26日:駒門駐屯地司令職務を機甲教導連隊に移管[4]

部隊編成

  • 国際活動教育隊本部
  • 共通教育科・・・国際任務要員に対してPKO任務・ROE(部隊行動基準)や語学・法規を教育。
  • 評価支援科・・・国際緊急援助隊待機部隊や国際活動指定部隊に対して、巡回訓練支援・評価支援を行う。
  • 研究科・・・PKOに関する訓練課程や装備を研究。
  • 教育支援小隊

すべての車両が「国際教」の部隊表示。

Wikipediaより引用

2007年創設ということで、まだまだ歴史が新しく、名前の通り海外での活動を視野に入れた部隊のようです。

スポンサーリンク

 

黒田さんのfacebook特定!

今回、黒田さんのfacebookを特定するにあたり、リサーチを行いました。

 

その結果、同姓同名で、更には自衛隊の後輩とのやり取りと思われる内容が含まれるアカウントを見つけましたので、その一部を掲載します。

 

相手の名前とそれぞれのアイコンは消去しております。

 

 

やりとりは5年前なので少し前ですが、静岡、駒門というキーワードも出てきているので、恐らくこちらはご本人のアカウントで間違いなさそうです。

 

 

ちなみに、facebookアカウントのプロフィール写真には3人のお子さんらしき写真が掲載されておりました。

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

死因は何?
例えば訓練とは無関係な基礎疾患を患っていたとかの可能性は無いの?
死因を書いてくれないと訓練に問題があったのか単なる病死なのか分からない。

 

ヤフーニュースのよくある下手くそな記事。
結末が消化不良。自衛隊に問題があるような書き方に見えるけど、読んでみると中身はそうでもない。
結局死んだのは分かったが何が原因なんだい!!
この記事書いた記者は新卒の新米くんかな?

 

訓練は訓練でも体力検定だろう
回数や時間で点数が決まっている
各種目限界に挑戦する
2分間で出来る回数で配点がある
死因は書いてないが
過去もくも膜下出血で亡くなった隊員はいたが
防げない事故もある

 

もう何年も前の話だが、中隊対抗レースで隊員がゴールしたあとその場で倒れ、意識不明となり、その数日後に亡くなったという事があった。痛ましいことである。健康管理はもとより、本人も気がつかない運命というものが…、あるのかもしれない。

 

10日に倒れ28日にお亡くなりに。28日まで意識が戻らなかったのかな?心臓発作なら30分以内に救急救命されれば動くし意識も戻る筈(但し、元々の心臓疾患ですと回復しても再発の可能性あり。職員で心臓発作で1カ月入院し退院の日に亡くなられた事例もあります)。3月上旬辺りから急に温かくなり過酷な訓練で「熱中症」も考えられますし「意識を失って前のめりに」では脳疾患も?ご冥福をお祈りいたします。

 

死亡の原因は何だろうか?
基礎疾患はなかったのだろうか?
訓練前のバイタルサインは、正常値だったのだろうか?

 

死因は何だったのかな?確かに自身の健康管理も大切だけど何か持病があったのかな?
それでも痛恨の極みって言うのは言い過ぎだよね?

 

奥様も お子さんもいるだろうに、無念だったでしょう。
ご冥福お祈りいたします。

自衛隊の中の体力錬成って、何かって言えば腕立て伏せやらせたり、前近代的なところも残ってます。

身体に合理的な識者やトレーナーの意見も交えながら体力錬成計画を建てる必要もあるのではないでしょうか?

屈み跳躍なんて、うさぎ跳と変わらない気がする。
あれをガンガンやらされる空挺なんて歳取ったら皆腰やられるという話。
戦車も乱視、胃下垂になりますが。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)