楠本大樹の顔やFacebook「唐田健也さんと支配関係か」自宅はエステートビル6と特定,大阪堺

去年11月、大阪府堺市中区で唐田健也さん(当時63)が死亡する事件がありました。

この事件に関与しているとみられているのが楠本大樹容疑者(32)です。

容疑者について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

去年11月、大阪府堺市中区の集合住宅の一室で、

住人の唐田健也さん(当時63)が

死亡しているのが見つかった事件がありました。

 

その唐田さんに暴行をしたとして

楠本大樹容疑者(32)が逮捕されました。

 

容疑は否認しているようです。

 

まずはプロフィールから見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

楠本大樹のプロフィール!顔画像

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

  • 名前:楠本大樹
  • 年齢:32歳
  • 住所:大阪府堺市中区
  • 職業:無職
  • 容疑:暴行の疑い

 

楠本容疑者は元々トラブルメーカーなところがあったようです。

 

 (楠本容疑者の知人)  「結構、周りからはあいつやばいぞみたいな。怒り声とかものすごく聞こえるらしいんですよ。怒鳴り声が。元々住んでいる人が引っ越ししたりとか、住民トラブルみたいなのが結構あったみたいなんですよ」

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

楠本大樹のSNS(Facebook・インスタ)

 

 

容疑者のSNSについて調査してみました。

 

 

Facebookとインスタで調査してみましたが

同姓同名のアカウントが多く、

現在容疑者のアカウントを調査中です。

 

報道にSNSからの写真が使われていることから

アカウントの特定は時間の問題と思います。

 

発見次第、こちらに記載いたします。

 

 

※追記

Facebookアカウントが特定できました。

報道で使われていた写真もあることから

こちらで間違いないでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

楠本大樹の自宅住所判明!

 

容疑者は被害者である唐田さんの隣の部屋に住んでいたそうです。

 

唐田さんの事件が報道された当時、

マンション外観が報じられていました。

 

そこから容疑者の自宅マンションも特定となっています。

 

 

 

事件当時の記事と被害者唐田さんについてはこちらです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2人の関係は?

 

 

 

気になるのは2人の関係性です。

 

唐田さんの第一発見者はケースワーカーでした。

 

警察などが来る前に

本容疑者が「これまでに預かっていたものや」といって

財布やキャッシュカード、運転免許証を

ケースワーカーに渡したそうです。

 

容疑者は「俺はこいつの金の管理をまかされているんや。

身寄りがないから俺が管理したってるんや」と

供述しているようですが

到底信用できませんね。

 

2人の関係性は隣人同士としか

明かされていませんが

深い闇がありそうです。

 

詳しいことが報じられましたら追記を行っていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

唐田さんの親族に恐喝で逮捕されていた

 

 警察によりますと、楠本容疑者が堺市の中区役所で生活保護の相談をする唐田さんを暴行した際、区役所の職員なども目撃していたということです。楠本容疑者は、唐田さんが亡くなった直後に、親族に対して「貸した金を保険で返済しろ」などと区役所で恐喝した疑いでもすでに逮捕されています。  (唐田さんの親族)  「(楠本容疑者が)『兄貴に金を貸してる』と言うんですよ。俺は格闘家やとか言って、シャドーボクシングで殴る真似するんですよ。役所の職員2人がいるのにやで。(職員は)何も言わないんです。(返済の)誓約書を楠本が書き始めたんですよ。役所がもうサインせぇみたいな言い方するんです」

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

楠本容疑者は唐田さんが亡くなったあと、

親族に対して恐喝も行っていたようです。

 

唐田さんに対して金を貸していたから

保険金で返済しろとせまったようですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

 

ケースワーカーが入っている。63は若いが自分では資金管理ができない状況の人なんだね。 どういう経緯で犯人が被害者の生活に介入していたのか分からないけど日頃から身近にいた人物であるのは間違いない。 こんな危険人物を頼るしかないなんて、相手を選ぶことができない生活状況だったんだね。 もし一人で生きていくことになったら・・・誰でも生涯健康ではいられないから、こういう事件は自分たちにもあり得る話なんだと思った。

 

被害者は、この容疑者に財布、キャッシュカード、免許証と引き換えに多額な借金でもしてたのかな??毎月必ず生活保護費が振り込まれるわけだから、容疑者がキャッシュカード持ってれば必ずお金が懐へ入ってくるわけだし、必要最低限のお金だけ渡しといて被害者が逃げないように管理してたたのか??

 

レンタカー店内や区役所など、人目のある場所でも平気で暴力を振るうような相手だと、警察に訴えたくらいでは抑止にならないし、打つ手もなかっただろうなと思う。

 

支配する側と支配される側の間で起こった事件のようだ。犯人は気の弱い隣人を支配して金銭を着服していたのだろう。こういうケースはけっこう世の中にはあって悲惨な結果となる事は少なくない。警察組織が事件処理屋である限りこういう事件は無くならない。

 

おかしな人に生活に立ち入られると命まで奪われる事になる… うっかり自分の事細かな個人情報の類いをさして長い付き合いでもない人に話すと危ないなと感じる。 今回の事件って被害者に付け入って身ぐるみ剥がされたような形跡があるよね…怖すぎる。

 

人を見かけで判断するな、とは言いますが20年以上社会人経験を積むと、8割から9割の方は見かけ通り(服装、態度、雰囲気通り)の方でしたよ。 少なくとも、記事の写真を見ただけでも信用ならない人物だとは容易に判断つきます。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)