京都伏見区少年(16)の顔!Facebook!窃盗及び無免許運転でパトカーに衝突!

なんとも呆れた事件が発生しました。

京都市伏見区に住む少年(16)が乗っていた

窃盗車両を警察が発見、追跡していた所

先回りしていた別のパトカーに衝突る事故が発生しました。

事件に関して詳しく調べてきました。

 

 

スポンサーリンク

事件の概要

運転していた盗難車をパトカーに衝突させたとして、京都府警向日町署は4日、公務執行妨害の疑いで、京都市伏見区の高校生の少年(16)を逮捕した。 同署によると、同日午後4時20分ごろ、京都府向日市内で盗難の申告を受けて乗用車を探していた同署のパトカーが被害車両を発見。制止を求めたが、逃走した。約10分後、少年は京都市伏見区で先回りしていた別のパトカーに車を衝突させたという。  同署によると、少年や警察官にけがはなかった。少年は無免許だったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a141c391314b39003ef9fba64dd3e1a3252096f

少年がどのような手口で車を窃盗または譲り受けたのか

不明ですが窃盗者と知りながら無免許で運転

パトカーに衝突と危険極まりない事件ですね。

逮捕される恐れがあるならなぜこのような行動

を犯すのか…。

バカとしか言いようがありませんね。

幸いにもけが人がいなかったのが

不幸中の幸いですが

春休みの期間なので羽目を外して

行き過ぎた行動だったと思われます。

また公道を走ってる辺り

過去にも運転していた可能性がありますね。

知人に車の乗り方を教えてもらったのかもしれませんが

教わる人、場所を間違えています。

一歩間違えれば人や自身の命にもかかわり

その後の人生を台無しにしてしまう可能性を

犯してしまった少年に反省して貰いたいものです。

 

 

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名:不明

年齢:16歳

高校名:不明

罪名:公務執行妨害等

氏名、高校に関しては公表されておらず

未成年との事もあるのでこれからも

公表はなさそうです。

最新の情報が入り次第、更新します。

スポンサーリンク

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

近くに高校等の学校もあることから

夕方の犯行だったこともあり

人通りは多かったと思われます。

被害者が出なくてよかったです。

 

 

スポンサーリンク

未成年による無免許運転での刑罰

未成年は少年法で処罰をされるため、死亡事故のような重罪とみなされて事件送検をされる状況を除けば、基本的には罰金の支払いは命じられません。

 

初犯で無免許運転以外の違反をしていない状況であれば、不処分か保護観察処分になる可能性が高いかと思われます。

 

未成年に対する処分

不処分

処罰を与えなくても更正が期待できると判断された場合、審判をせず調査のみで手続きを終える処分

保護観察処分

保護観察官の指導・監督があれば更正できると判断された場合、保護観察官から日常の指導を受ける処分

少年院送検

再犯の可能性が高く社会内での公正が難しいと判断された場合、少年院で矯正教育が行われる処分

事件送検

未成年が罪を犯したとき保護処分より刑事罰を科すべきと判断される場合、事件を検察官に送検される処分(16歳以上の故意の殺人は必ずこの処罰を受ける)

https://jico-pro.com/magazine/96/#toc_anchor-1-3

未成年だからかもしれませんがあまりにも刑が軽い気がしますね。

危険運転を犯したのであればせめて実名を報道することも

時には必要かと思われます。

 

 

スポンサーリンク

SNS上での声

運転しちゃいけないのをわかってて運転した。
一生運転免許取得できないようにすべき。

これでも少年法で守られるのか。
成人犯顔負けの悪質さでしょう。
成人と同じ扱いにして、増長する前に悪い芽を摘み取ることも考えなくてはと思うが。

少年法で本人が責任取れないなら保護管理責任がある親の名前を公表してはが責任を問われても仕方がない。賠償金は、成人になってから確実に払わせる仕組みを作るべき。
全てに対して甘い。

とんでもない少年ですが、「子は親の鏡」ですから、両親も
碌でもない人間なのでしょう

そんな親が 盗難やパトカーとの衝突の賠償を素直にするとは
とても思えません

少年法は近く改正されますが、それでもやっと18歳以上の重犯罪が
少し厳しくなる程度で、今回のような16歳なら手厚く守られ
ほとんど刑罰らしい刑罰は科せられないでしょう

少なくとも 15歳以上の悪質な犯罪に関しては、成人同様の
刑罰 そして賠償に対しての親の責任も問い、親が拒否すれば
本人の労務作業で償わせるようなシステムが必要でしょ

確信犯です。人の物を盗み、事故を起こしても、たいした罪にもならず、未成年という事で賠償もせずに済そうとするだろう。何もなく日常生活に戻ろうとする。親に責任を全てとらせて、親を刑務所に入れればいい。

少年法の甘さや少年の親に対しての批判の声が

多数寄せられています。

当然の結果と思われます。

子の躾は親の役目なので

しっかり躾が出来ていなかったこともありますが

一番の原因は少年本人です。

今回の事件をきっかけに反省し更生してもらいたいものです。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)