横浜市戸塚区戸塚町,自称会社員の男(44)の名前,顔特定!救急車の搬送妨害!


横浜市戸塚区戸塚町に住む男性が救急の搬送作業に当たっていた男性救急隊員に対し妨害をしたとして、逮捕されました。

人の命がかかっている現場でそんなことをするなんてひどいですね。

そんな男の顔や名前を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

神奈川県警戸塚署は11日、横浜市戸塚区戸塚町、自称会社員の男(44)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。発表では11日夕、自宅近くの路上で、患者を乗せた救急車を誘導していた男性救急隊員(40)に「邪魔だ」と帽子を投げつけ、搬送活動を妨害した疑い。

 隊員の通報で駆けつけた戸塚署員が男を取り押さえた。救急車が事件の影響で動かせなくなり、患者を別の車両に乗せ替えたため、病院到着が30分ほど遅くなったが、患者の命に別条はないという。

 調べに対し、男は「覚えていない」と供述しているという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

とんでもないことをしますね。

 

一分一秒を争う現場で搬送活動を妨害するなんて何を考えているのでしょうか、

 

幸いなことに、患者の命に別条がなかったので、まだよかったですが、もし心肺停止状態だったとしたら、間接的に殺人をしていることにもつながりかねません。

 

緊急車両は交差点を赤信号でも通行できるくらい優先されているので、よっぽどのことがない限りは邪魔と言えないはずですが、、、

 

 

スポンサーリンク

 


 犯人プロフィール

 

名前:不明

 

年齢:44歳

 

住所:横浜市戸塚区戸塚町

 

職業:自称会社員

 

逮捕容疑:公務執行妨害

 

犯人がすんでいるのはこのあたりと思われます。

 

事件が起きたのもこのあたりと考えられます。

 

救急車は搬送作業が終われば退きますし、急いでいるので、長くても数分の滞在だと思われますが、何がそんなに邪魔だったのでしょう。

 

人命よりも優先されることがあるでしょうか、

 

仮に身内や家族の人が倒れて、その救急活動が妨害されたらどう思うでしょうか

 

そこらへんを想像して行動して欲しかったですね。

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

患者の命に別条はないという。

とりあえず良かった。
人の命に関わること、この行為は許しがたいです。
それにしても患者とこの男、近所なんでしょうね。今後逆恨みが心配です…

 

先日、車がすれ違えない細い道にサイレンを鳴らした緊急車両が入ってきた。反対側から入ってきたベンツが「ここ通りたいんだけど!下がれよ!早くどけよ!」と怒鳴っていて、緊急車両が下がり道を譲っていた光景を目の当たりにしました。。自己中な運転しかできない人は免許持つべきではありませんね。

 

殴られ、妨害されならわかるが、帽子程度なら、強制的に排除できる法律作ってください、お国の方!自分の立場で身内が運ばれる時にこんな男でてきたら、悪いけど殴り倒して排除しますよ?そのあとはもちろん謝るつもりも、罪を受けるつもりもない、なぜならこいつが悪いのだから。その30分で生死にかかわったらどうする?子供が患者ならどうする?日本はこうゆうの甘すぎるよ!

 

19番にはコイツの固定電話と携帯電話の着信拒否をしていただきたい
コイツに何かあって呼ばれた時に行かなくてもいいように。
生死に関わる患者で、それが原因で万が一亡くなってしまっていたらどんな重罪になるのだろう

 

最近、緊急自動車(特に救急車)が来ても譲らない人多すぎ。
一方通行の細い道の真ん中を堂々と歩いてるおじいさん、横断歩道で「恐れ入りますおまちください」って、マイクで叫んでるのに平気で横断歩道に進入して接触寸前だった自転車乗った高校生。
緊急自動車を呼んだ事ないんだろうな。
一度でも、呼んだ事あれば、避けるし待つだろうし。
そういう光景を見るとモヤモヤする。

 

患者を乗せた救急車を誘導していた救急隊員に「邪魔だ」と帽子を投げつければ、患者の搬送が遅れて場合によってはそれが原因で手遅れになったり亡くなる可能性があることぐらい、44歳になって常識で分かるだろうし、故意にやっている確信犯なのは明らか。
こういう方に対しては実名報道し、警察の出動費用や別の救急車を出動するのにかかった費用を加害者に実費で請求すべき。
故意にこういう行為をした方は救急車の搬送は永久に禁止にしたりのペナルティーを科すべき。
百害あって一利なしの行為です。

 

交差点で緊急車両が近づいても、車は止まるけど横断中の歩行者や自転車は道を譲らないのをよく見る。
実際自分もどうしていいのかわからず、とりあえず渡っちゃえと思っちゃう。
昔は、サイレンとクラクションを鳴らしていたが、マスコミが上から目線でクラクションを鳴らしながら我が物顔で通るのはけしからんと取り上げてからクラクションを鳴らさなくなった。
一刻を競うのだからサイレンだけで道を譲らない場合は積極的にクラクションも鳴らしていいと思う。
アメリカの消防車なんてド派手に鳴らして行くが、いかにも急いでるぞって感じだ。
それでいいと思うな。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)