ロクシタンが破綻!閉店!日本の店舗はどうなるの?ネット販売が主流に?


フランスの大人気化粧品ブランド「ロクシタン」が経営破綻したという衝撃的なニュースが入ってきました。

この破綻に伴って実店舗の約1割強にあたる23店舗のリース解約を行う予定とのこと。

日本の店舗に影響はあるのでしょうか?

もし日本の店舗も減ってしまうのならば、急いで買いに行かないと!ですよね。

ロクシタンの破綻を詳しく調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 ロクシタン破綻の概要

 

フランスの化粧品メーカー「ロクシタン」グループのアメリカ法人が経営破綻しました。 ロイター通信などによりますと、「ロクシタン」のアメリカ法人は26日、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請、経営破綻しました。ロクシタン側は「実店舗での売り上げが伸び悩む中、新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかける形になった」と説明しています。 「ロクシタン」のアメリカ法人はアメリカ国内などに166店舗を構えていて、その内の23店舗が今回の申請で閉店するということです。

引用:yahooニュース

今回破綻したと報じられたのは、アメリカのロクシタンのようですね。

ということは、アメリカからロクシタンが消えるの!と衝撃を受けましたが、そうでもなく、166店舗あるうちの23店舗を閉める、といったことだったよう。

このパンデミック中に、従業員1051人のうち325人を一時解雇し、その中でも165人が復職、40人がリストラされたとのことです。

 

日本事業はロクシタンジャポンが引き続き事業を継続する。同社広報は「ロクシタンU.S.とロクシタンジャポンは直接的な資本関係がなく、日本の事業に影響はない」とコメント。

引用:yahooニュース

そして日本のロクシタンには影響はないようで一安心です。

 

世界のあちこちで新型コロナウイルスの影響が出ていますが、まさかこんな大人気ブランドにも大きく被害が出ていたとは思ってもみませんでした。

本当に早く収束してほしいと願うばかりです。

 

 

 

スポンサーリンク

 


連邦破産法11条ってどんなもの?

「連邦破産法11条」

聞きなれない言葉で、それが一体どんなものなのかいまいちよくわかりません。

 

この「連邦破産法11条」を簡単に説明すると、このようなものです。

アメリカにおける代表的な再建型の倒産法制です。

申請後に裁判所の命令で債権の取り立てが停止され、経営陣は債権者と負債の整理や契約の見直しを協議しながら、経営の立て直しを目指します。

事業継続が前提となっており、債権者の合意によって短期間での再建が可能です。

事業を続けることを前提として、裁判所の許可のもと再建をはかる、といったことみたいです。

つまりは日本で言うところの「民事再生法」になるのですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


 コロナが追い打ち?

どうやらロクシタンはもともと実店舗での売り上げが伸び悩んでいたようなのですが、このコロナによるパンデミックで拍車がかかり、今回の破綻に繋がったようなのです。

たしかに、気軽に買い物に行けなくなった状況で化粧品を買いに店舗に出向くか、と言われたら難しいですよね。

もっと生活に欠かせない日用品を優先してしまうとおもいます。

今後は売上が好調なネット販売に力を入れて再建を図るとのことです。

 

 

 

スポンサーリンク

 


 ネットでの声

 

ショック!という声と、日本のロクシタンを心配するツイートが多くみられました。

これからはロクシタンだけでなく、多くのブランドがネット主流になっていくのかもしれませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)