眞子様のPTSDは嘘だった?「国民のせいにするな」と非難殺到!twitterまとめ


10月1日、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚を正式に発表しました。

また、眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されたことも明かされましたが、

世間からは「病気のせいにするな」「国民のせいにするな」という非難の声が殺到。

今回の件をまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)が小室圭さん(29)と今月26日に結婚すると発表するとともに、眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態になっていることを明らかにした。

 会見には秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長が同席。秋山室長は眞子さまについて「自分自身と家族、結婚相手と家族に対する、誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事が長期的に反復され、逃れることができないという体験をされた」と説明した。

 秋山室長によると、眞子さまは2018~19年ごろから中傷を正すことが難しく、人間としての尊厳が踏みにじられていると感じるようになったという。これまで恐怖感を再体験(フラッシュバック)することもあり、「幸福感を感じるのが難しい状態にある」とした。現在の公務や、結婚の準備に支障はないものの、秋山室長は「周囲の方々の温かい見守りがあれば、健康の回復は速やかに進むと考えられる」と強調した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

宮内庁は、秋篠宮家の長女・眞子さまが、10月26日に結婚し、記者会見をされると正式に発表しました。

眞子さまは、10月26日に婚姻届を提出したあと、小室圭さんとともに記者会見をされる予定です。

この記者会見は、眞子さまが小室さんと2人ですることを望まれているそうです。

さらに眞子さまは一時金を受け取ることで、結婚後も批判や中傷が続くことへの精神的な負担があ

り、一時金の支給も辞退されました。

これは戦後の皇室では初めてのことです。

また、眞子さまは結婚をめぐり、誹謗中傷と感じられる出来事が続いたため、

「複雑性PTSDの状態」と診断されたことも明らかにされました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 PTSDとは?どんな症状?

 

PTSDに関する情報が、厚生労働省のHPに掲載されていましたので引用いたします。

引用:厚生労働省

 

死の危険に直面した後、その体験の記憶が自分の意志とは関係なくフラッシュバックのように思い出されたり、悪夢に見たりすることが続き、不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。

PTSDは決して珍しいものではなく、精神医療においては「ありふれた」病気のひとつであると言えます。

生死に関わる体験をすると、多くの人には不安、不眠、動悸などの症状が生じますが、多くの場合は一過性です。

またフラッシュバックのような症状が生じたとしても、数ヶ月のうちに落ち着く人が少なくありません。

しかし時間が経っても楽にならなかったり、かえってますます辛くなることもあります。

また、数ヶ月から数年間経ってから、PTSD症状がはっきりとしてくる場合もあります。つらい症状が続いているときは、専門機関に相談しましょう。

 

嫌な記憶や体験が自分の意思とは無関係に思い出され、

その時と同じ感情や身体の感覚を感じたりするそうです。

また、命の危険を感じたり、圧倒的な強い力に直面した場面で起きやすいとのことです。

 

複雑性PTSDは思っている以上につらい症状が出るようです。

このような状態で記者会見に臨まれる眞子さま。

症状が悪化してしまうことはないのでしょうか。

 

 

複雑性PTSDの当事者です。正直、この診断には首を傾げざるを得ませんでした。複雑性PTSDは、人格が変わってしまうほどの重い病気です。仕事や公務なんかできるはずがありません。治療には長い長い時間がかかります。国民の批判を抑えるために「複雑性PTSD」という診断をしたようにしか、私には思えません。

 

 

複雑性PTSDと聞いて調べると、人に会うことの恐怖もあるそうだ。
そんな人を会見させるのか?
それを見た人が、本当に複雑性PTSDで苦しんで生活もままならない人を、大袈裟だと言ったりしないだろうか。

 

本当に複雑性PTSDを病んでる人に罪深い。本質的な問題解決をせず、場当たりな対応が問題を益々悪化させている。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 眞子さまのPTSDは嘘?

 

 

twitter上では、眞子さまのPTSDが嘘なのでは?といった声が多く上がっていました。

 

 

 

PTSDに詳しい精神科医の和田秀樹氏が、

「複雑性PTSD診断は“勇み足“では?」とコメントされています。

 

――眞子さまも複雑性PTSDということだが、どう捉えたか。

 実際に診ていないのでわからないですが、直前まで公務をされていたことを踏まえると、「適応障害」のほうが近いと思います。

 先ほど述べましたが、複雑性PTSDは虐待を受けてきたような人が、仕事も就けず、性格も安定しないなどの症状が出るほど深刻なものです。

 

――そうなると、宮内庁が「複雑性PTSD」を発表した意図はどこにあると思いますか。  

複雑性PTSDは同じトラウマを何度も受けることで症状がどんどん悪くなりますので、これ以上小室さんのネガティブなことを書くと眞子さまの症状が重くなる、ということを警告しているのだと思います。

複雑性PTSDは虐待レベルのひどいときに起こるものです。診断基準を見てもらえればわかりますが、悪口を言われた程度でそう診断されるのには疑問です。診断した医師の“勇み足”のようにも見えます。

――宮内庁の発表では「誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、複雑性PTSDの改善が進むと考えられます」とありました。  

それで症状が良くなるのであれば、やはり適応障害というのがより適切な診断と思います。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 「国民のせいにするな」と非難殺到

 

眞子さまがPTSDと発表され、さらに10月26日にはお2人で記者会見が行われますが、

先ほどの厚生労働省のHPにも記載があったように、PTSDは

不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態

になるそうです。

記者会見は国民から大注目されると思いますが、無事に終わるのでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)