丸山希美さん顔画像やFacebook「笑亀酒造と政治家の夫を支えた良妻」塩尻市長野県議の妻殺人事件

2021年9月に起きた丸山大輔長野県議の妻・希美さんの殺人事件の犯人として、夫の丸山大輔容疑者が逮捕されました。

1年越しに逮捕された容疑者が夫だなんて、衝撃的すぎますね。

この記事では亡くなられた希美さんについて触れていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

去年9月、長野県議会の丸山大輔議員の妻が殺害された事件で、警察は28日、丸山県議本人を殺人の疑いで逮捕しました。 去年9月、丸山県議の妻・希美さん(当時47歳)が塩尻市の自宅兼店舗の1階で首を絞められ殺害され、警察は捜査本部を立ち上げ調べていました。 逮捕された丸山県議は塩尻市選出の48歳。事件当時は県議会の会期中のため、長野市の議員会館に宿泊していたと話していました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

2021年9月に起きた長野県議・丸山大輔の

妻・希美さんの殺人事件に進展がありました。

 

夫の丸山大輔容疑者が逮捕されたようです。

 

事件か1年が経ち、未解決事件として

有力な手掛かりもないままでしたが

やっと犯人の逮捕に至ったようです。

 

事件解決に近付きほっとしたような、

まさか夫が犯人だなんて…と驚きもあり、

複雑な心境になりますよね。

 

改めて、亡くなられた丸山希美さんの

プロフィールについてまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

丸山希美さんのプロフィール!顔画像

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

  • 前:丸山希美
  • 年齢:事件当時47歳
  • 住所:長野県塩尻市塩尻町
  • 職業:会社役員
  • 死因:首を絞められたことによる窒息死

 

 

丸山希美さんについて、

希美さんを知る方々が

人柄などについて話していたことを

以下まとめていきます。

 

政治家の妻で家業と育児も大変だったと思う。3足のわらじを履いてがんばってきた人が、なぜこんな目に遭わなければいけないのか

気さくな人で共通の知人の話などで盛り上がったばかりだったのに

(塩尻市の中華料理店で働く40歳代男性)

 

希美さんは亡くなる3日前に

この男性が働く中華料理店で子供の好きな料理を

テイクアウトしていたそうです。

 

きっと以前から懇意にしていた

お店だったのでしょう。

 

 

また、別の居酒屋の男性は

丸山夫妻が来店した際に

夫婦で談笑している姿が

目に焼き付いていると話していました。

 

「常に旦那さんを応援して支えていた。温かく優しい人だった」

(居酒屋を営む知人男性65歳)

 

 

近所の方にも評判がよく、

亡くなったことが悔やまれていました。

 

奥さんはいつも注文の電話に丁寧に応対してくれる穏やかな人だった。

(近所に住む商店の60歳代女性)

 

 

希美さんの評判を調べてみると

良いことばかりです。

 

酒造の社長妻・政治家の妻・母親として

とても頑張っておられたと思います。

 

なぜ容疑者は希美さんを殺害したのか…。

希美さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

丸山希美さんのFacebook

 

丸山希美さんのFacebookを調査してみました。

 

しかし、同姓同名が多く

希美さんのアカウントは見つかりませんでした。

 

事件当時のニュース映像で

Facebookからの画像引用がありましたので

アカウント自体はあったのだと思います。

 

 

1年前に亡くなっていますし、

アカウントが削除された可能性も

考えられると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

事件現場は笑亀酒造の金庫部屋

 

事件は自宅兼笑亀酒造店舗の

金庫がある部屋で起きました。

 

 

金庫の前で殺害とは

強盗にでも見せかけたかったのでしょうか。

 

逮捕された夫についてはこちらの記事でまとめています。

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

完全犯罪ならず… 本人は上手くやったつもりかもしれないけど、初めからみんなに疑われてたよね…

 

信頼できる周りの大人、お子さんをケアしてほしい。

 

48歳で県議ならば人生まだ半分くらい。これからもっと大きな仕事も豊かな生活も、新たなチャレンジもできたはず。どんなに憎くても自分の子供を産んでもらい、子育てや仕事などいろいろ助けてくれたはず。奥さんが可哀想とも思うがこれからは子供が一番辛い。 ある程度時が過ぎれば、あの時離婚しなくて良かったと思うようにあの時手にかけなくて良かったと思える日がきたはず。しかし、二度とやり直しがきかない事をした。 被害者も加害者も生まれた時はそんな事はしない・されない、将来幸せになってほしいと育てられただろうに、本当に愚かだと思う。 嫌なら離婚も選択できたはず。

 

地方議員の奥さん(家族)って、結構大変で、夫婦二人三脚でやってるイメージがあるけど。 知り合いの議員さんも奥さんに感謝してるし、逆に旦那さんが議員という友人も、「私も大変だけど、旦那はもっと頑張ってるから。苦労承知で結婚したから。」って。 夫婦で苦楽を共にするって、素晴らしいな、って思ってたけど。 でも、当たり前だけど、地方議員全員がおしどり夫婦ではないのだろうな…。

 

議員本人は事件当時長野市内の宿舎にいたって話だったはず。逮捕に踏み切ったという事は、長い時間を掛けて隠蔽工作を暴くことに成功したんだろう。 ただあれだけアリバイ主張と、母親を亡くした子供を守ろうという強い父親を演技でしていたとするならば、相当ひっくり返したり落とすのも苦慮すると予想されるし、裁判での立証も一筋縄ではいかない予感がする。

 

長野県、中信地方在住です。 事件直後、旦那さんあやしいと、あちこちで言われていましたが、いつの間にかそんな声も静かになっていました。 水面下では捜査していたのですね。 信頼のある人柄だったから、議員にも選ばれたはず、何があったかわかりませんが、全ての人生を終わりにしてしまう理由にはならないと思うのですが。

 

一番、傷付けることがお互いに出来る間柄なのかもしれません。 夢の職業につかれていたのに殺人をすれば、どうなるかぐらい判られていたはず。 だけど避けられないほどの感情なり事情が出来てしまったのかな。 どのような事情があったにせよ、殺人は絶対に許されない罪ですから、人生を棒に振ってしまわれましたね。 奥様は恐らく我慢の連続だったのかなと想像します。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)